search

Menu

大学ホーム国際協力研究科在学生の方へカリキュラム・シラバスグローバル・コミュニケーション専攻 専攻の方針および内容

カリキュラム・シラバス

グローバル・コミュニケーション専攻

 21世紀の日本社会は、これまでにも増して、さまざまな分野でのグローバル化が進むと考えられるが、そうした国際社会において有効な国際協力を実践するためには、各分野に関する専門知識を涵養するとともに、そうした専門知識を活用するための言語情報を正確に理解し伝達することが必要不可欠である。なかでも、中国語および英語を使用するコミュニケーションの比重は世界的に見てきわめて高く、通訳や翻訳をはじめ、高度の実践的な言語コミュニケーション能力を有する人材の養成は急務である。

日中通訳翻訳研究

“わが国で唯一の日中同時通訳マスタープログラム"

 国内外の関連機関からの要請を受けて、わが国ではじめて設置された日中同時通訳者養成の大学院プログラムである。

 本研究には、海外の協定校をはじめ各大学や公的機関も注目しており、派遣留学の依頼も多数ある。このことからも時代のニーズに真に応えることのできる専攻であるといえる。

 本研究は、日本語と中国語の通訳翻訳研究の実践的研究の場を提供するものであり、現役の通訳者、翻訳者は、理論研究と技能の練磨によってより高いレベルの仕事を社会に還元できるようになる。また後進の指導にあたる教師陣を育成することも肝要であると考えている。

 将来の通訳者、翻訳者を目指す学生諸君でも相当な基礎力がないと消化できないハイレベルな講義・演習となっている。

英語研究

“生きた英語の翻訳力・通訳力を高めるプログラム"

 翻訳・通訳は単なる単語の置き換えではない。話し手、書き手の社会、文化的背景を深く理解した上で,その思いを正しく伝えることが使命なのである。本研究では英語コミュニケーションを、単なる技法にとどまらず、さまざまな関連要素への理解を伴った「生きた英語」として活用できるよう、教育プログラムを組み上げている。

日本語研究

日本学および日本語教育研究者、内外の現場で教壇に立つ日本語教師のほか、日本に定住する外国をルーツとする家族を、主として日本語教育の面から支援し、教育機関や地方自治体、国際交流団体等々でコーディネーターやファシリテーターとして活躍できる人材、さらに日本と他国の文化や歴史に対する深い理解や広範な知見をもとに観光ビジネス、地域の振興において創造的、先導的な役割を発揮できる人材の養成をめざす。

このページのトップへ

PAGE TOP