search

Menu

大学ホーム国際協力研究科在学生の方へカリキュラム・シラバス博士後期(博士)課程 履修計画

カリキュラム・シラバス

博士後期(博士)課程

履修計画

単位履修の意義

 専門科目は、各セメスター毎に設置され、1科目2単位として単位計算される。また、研究指導科目は、2セメスター制により1科目4単位となる。

 学生は、研究および論文作成の進捗状況を在学期間中少なくとも2回、研究科の教員および学生の前で、学会発表と同様の方式によって発表を行わなければならない。

履修計画

 学生は、学習の進捗状況に応じて速やかな博士論文の作成に着手できるよう、第1セメスター開始時から研究指導教員(以下、指導教授と呼ぶ)の指導により、履修計画を策定し、提出しなければならない。さらに必要に応じて、3年以上の在学期間を前提とした確実な履修計画の作成も考えるべきである。

このページのトップへ

PAGE TOP