search

Menu

大学ホーム国際協力研究科 教員紹介

教員紹介(専攻別)

項目名 内容
教員名 長谷川 弘子
教員名フリガナ ハセガワ ヒロコ
職名 教授
所属 外国語学部英語学科
専門分野(学部) 18世紀後半のドイツ文学、児童文学
担当科目(学部) ドイツ語、地域圏研究V(欧州)、ゼミナール・卒業論文指導、キャリアデザインI,II
担当科目(大学院) 日欧文化交流史A, B
研究テーマ ドイツ文学
略歴 (学歴)
1995年3月 中央大学大学院文学研究科独文学専攻単位取得退学
(職歴)
1994年4月 杏林大学社会科学部助手として入職
2009年4月 杏林大学外国語学部教授 現在に至る
主要研究業績 (著書)
1996年4月(共著):現代ヨーロッパ文学の動向‐中心と周縁:中央大学出版部
2001年6月(共著):Undine geht nach Japan:trafo verlag
2001年6月(共著):ドイツ女性の歩み:三修社
2002年4月(共著):聖書を彩る女性たち‐その文化への反映:毎日出版社
2016年2月:<本の町>ライプツィヒとゲーテ:晃洋書房

(翻訳)
2006年3月(共訳):ベルリン・サロン‐ヘンリエッテ・ヘルツ回想録:中央大学出版部
2006年5月(全訳):メドレヴィング‐地底からの小さな訪問者:三修社
2007年7月(編訳):ゲーテのことば:晃洋書房
所属学会 日本独文学会
関連サイト 教員が語る研究することの面白さ
ひとことメッセージ 2016年春に杏林大学は井の頭キャンパスに移転しました。美しい校舎、広々とした気持ちのよい広場、周囲の環境に溶け込んだすばらしいキャンパスです。井の頭公園からも近く緑の多い住宅街にあります。オープンキャンパスにぜひ足を運んでください。
このページのトップへ

PAGE TOP