search

Menu

大学ホーム国際協力研究科 教員紹介

教員紹介(専攻別)

項目名 内容
教員名 島村 直幸
教員名フリガナ シマムラ ナオユキ
職名 准教授
所属 総合政策学部
専門分野(大学院) アメリカ政治外交、国際関係論
担当科目(学部) 外交政策論、アメリカ政治外交論、ヨーロッパ政治外交論など
担当科目(大学院) アメリカ政治外交、国際関係論
研究テーマ <抑制と均衡>のアメリカ政治外交―国内政治・同盟内政治・帝国の論理、国際政治の<変化>を見る眼―理論・歴史・現状、リベラルな国際秩序ははたして維持されるのか
略歴 2020年4月1日〜 杏林大学 総合政策学部 准教授
(担当科目:外交政策論、アメリカ政治外交論など)
2011年4月1日〜 杏林大学 総合政策学部 専任講師
2009年4月1日〜 中央大学 法学部 兼任講師
(担当科目:「国際政治学」担当、2011年3月まで)
2008年4月1日〜 中央大学 法学部および文学部、兼任講師
(担当科目:「国際学」@法学部、「国際政治学」@文学部、2011年3月まで)
2007年4月1日〜 聖心女子大学 歴史社会学科国際交流、非常勤講師
(担当科目:「政治学」、2007年度のみ)
2007年4月1日〜 聖学院大学 政治経済学科、非常勤講師
(担当科目:「地域圏(アメリカ)研究」、2011年3月まで)
2006年3月末 一橋大学大学院 法学研究科(国際関係) 博士後期課程 満期退学
2005年10月1日〜 青山学院大学 青山スタンダードおよび国際政治経済学部、非常勤講師
(担当科目:「国際関係論の基礎」「米州圏(アメリカ)概論」、2011年3月まで)
2004年4月1日〜 フェリス女学院大学 国際交流学部、非常勤講師
(担当科目:「国際関係史」「アメリカの政治と社会」、2011年3月まで)
2002年4月1日〜 中央大学 経済学部、兼任講師
(担当科目:「国際関係論」担当、2011年3月まで)
2001年4月1日〜 一橋大学大学院 法学研究科 (国際関係)博士後期課程 復学
1998年4月1日〜 社団法人アジアフォーラム・ジャパン(AFJ) 研究部研究員(2000年7月まで)
1998年4月1日〜 関東学院大学 法学部、非常勤講師
(担当科目:「国際関係史」、2011年3月まで)
1998年4月1日 一橋大学大学院 法学研究科(国際関係) 博士後期課程 休学
1995年4月1日 一橋大学大学院 法学研究科(国際関係) 博士後期課程 進学
1995年3月末 一橋大学大学院 法学研究科(国際関係) 博士前期課程 修了
1993年4月1日 一橋大学大学院 法学研究科(国際関係) 博士前期課程 進学
1993年3月末 獨協大学外国語学部英語学科(国際関係) 卒業
主要研究業績 【書籍】
1、島村直幸『<教養>としての国際問題入門』一藝社、2021年
2,増田正、丹羽文生、半田英俊、島村直幸、吉田龍太郎、加藤秀治郎『政治学入門』一藝社、2020年
3,島村直幸『国際政治の<変化>を見る眼―理論・歴史・現状』晃洋書房、2019年
4、島村直幸『<抑制と均衡>のアメリカ政治外交―歴史・構造・プロセス』ミネルヴァ書房、2018年
5、島村直幸「『帝国』としてのアメリカ―その擁護論と批判者たちについて」納家政嗣、永野隆行編『帝国の遺産と現代国際関係』勁草書房、2017年
6、島村直幸「地政学の復活か―21世紀の国際秩序」滝田賢治編著『21世紀国際政治の展望―現状分析と予測』中央大学出版部、2017年
7、島村直幸「米中間で『新型の大国関係』は可能か?」馬田啓一、小野田欣也、西孝編著『グローバル・エコノミーの論点―世界経済の変化を読む』文眞堂、2017年。
8、島村直幸「21世紀の日米同盟と中国の台頭―対立と協調」馬田啓一、大川昌利編著『現代日本経済の論点―岐路に立つニッポン』文眞堂、2016年
9、島村直幸「大国間戦争後の国際秩序―ソフト・ピースかハード・ピースか」杉田米行編『第二次世界大戦の遺産―アメリカ合衆国』大学教育出版、2015年
10、島村直幸「国際システムそのものを俯瞰する」馬田啓一、小野田欣也、西孝編著『国際関係の論点―グローバル・ガバナンスの視点から』文眞堂、2015年
11、島村直幸「現代アメリカ合衆国政治外交と国際秩序の変容―『オバマ後』の世界をいかに描くか?」杉田米行編『アメリカ観の変遷 下巻』大学教育出版、2015年
12、島村直幸「アメリカ外交―理念外交と権力外交の間」杉田米行編『アメリカを知るための18章』大学教育出版、2013年
13、石井修・滝田賢治編『現代アメリカ外交キーワード ―国際政治を理解するために』有斐閣、2003年、第1章の10−14節を執筆担当
14、吉原欽一編著『現代アメリカの政治権力構造 ―岐路に立つ共和党とアメリカ政治のダイナミズム』日本評論社、2000年、第5章

【論文】
1、島村直幸「脱植民地化と冷戦(下)」『杏林社会科学研究』第35巻第4号、2020年
2、島村直幸「脱植民地化と冷戦(上)」『杏林社会科学研究』第35巻第3号、2020年
3、島村直幸「トランプ政権の対中政策の転換と日本の政策対応(下)」『杏林社会科学研究』第35巻第2号、2019年
4、島村直幸「トランプ政権の対中政策の転換と日本の政策対応(上)」『杏林社会科学研究』第35巻第1号、2019年
5、島村直幸「動くリアリズム―ネオクラシカル・リアリズムの発見(下)」『杏林社会科学研究』第34巻、第4号、2019年
6、島村直幸「動くリアリズム―ネオクラシカル・リアリズムの発見(下)」『杏林社会科学研究』第34巻、第3号、2019年
7、島村直幸「アメリカ外交の変化と知識人」『杏林社会科学研究』第34巻、第2号、2019年
8、島村直幸「米中ソ関係の変化とアジアの戦争」『杏林社会科学研究』第34巻、第1号、2018年
9、島村直幸「国際政治の変化を見る眼(下)」『杏林社会科学研究』第33巻、第4号、2018年
10、島村直幸「国際政治の変化を見る眼(上)」『杏林社会科学研究』第33巻、第3号、2018年
11、島村直幸「英米間の『特別な関係』の形成―1939-1945年<下>」『杏林社会科学研究』第33巻、第2号、2017年
12、島村直幸「英米間の『特別な関係』の形成―1939-1945年<上>」『杏林社会科学研究』第33巻、第1号、2017年
13、島村直幸「アメリカと帝国、『帝国』としてのアメリカ」『杏林社会科学研究』第32巻3・4号
14、島村直幸「帝国の興亡」―古代から現代まで」」『法学新報』(滝田賢治先生古希記念論文集)、第123巻7号、2017年
15、島村直幸「『ポスト・オバマ』の時代背景―世界で『連動する』病理とリスク」『杏林社会科学研究』第32巻、2号
16、島村直幸「アメリカ外交と現実主義の伝統」『杏林社会科学研究』第29巻第1号
17、島村直幸「アメリカ外交に見る『権力の分立』」『杏林社会科学研究』第27巻第3号
18、島村直幸「『民主主義のジレンマ』とアメリカ政治外交」『杏林社会科学研究』第27巻第1号
19、島村直幸「現代アメリカの政党の変容―1970年代以降を中心に」『法学新報』第117巻・第11・12号(臼井久和先生古希記念論文集)、2011年
20、島村直幸「アメリカ議会と対外政策プロセス ―タイポロジー分析を中心に」『国際政治』133号(特集『多国間主義の検証』、日本国際政治学会編)2003年
21、島村直幸「ニクソン政権のベルリン政策に見るリンケージ ―ネガティブ・リンケージからポジティブ・リンケージへ」『一橋研究』第22巻3号1997年
22、島村直幸「『差別的デタント』の脅威 ―ブラントの東方外交に対するニクソン政権の反応」『一橋研究』第22巻3号1997年

【翻訳】
1、杉田米行編『アメリカ外交の分析』大学教育出版会、2008年、第7章
2、ヘンリー・R・ナウ(村田晃嗣、石川卓、島村 直幸、高橋杉雄訳)『アメリカの対外関与―アイデンティティーとパワー』有斐閣、2005年、序文、第4章と第5章の翻訳を担当
3、杉田米行編『アメリカ社会への多面的アプローチ』大学教育出版会、2005年、第8章
所属学会 日本国際政治学会、アメリカ学会
電子メールアドレス naoyuki_shimamura@hotmail.com
ひとことメッセージ 研究と教育、学務に対して、自分らしく、また真摯に向き合っていきたいと思います。
このページのトップへ

PAGE TOP