search

Menu

大学ホーム国際協力研究科 教員紹介

教員紹介(専攻別)

項目名 内容
教員名 北田 真理
教員名フリガナ キタダ マリ
職名 准教授
所属 総合政策学部
専門分野(大学院) ハーグ子奪取条約
担当科目(学部) ベーシック法律、民法総論、物権法、不動産取引と法(担保物権)、家族法、プレゼミ、学際演習(子育て支援を考える)
担当科目(大学院) 家族法特論、比較法特論
研究テーマ 民法(家族法)、国際私法(国際家族法)
略歴 【学歴】
早稲田大学第一文学部卒業
早稲田大学大学院法学研究科修士課程修了
早稲田大学大学院法学研究科博士後期課程修了

【職歴】
立正大学心理・文学部講師(非常勤)
東京女子大学現代教養学部講師(非常勤・現職)
国士舘大学政経学部講師(非常勤・現職)
税務大学校講師(非常勤・現職)
主要研究業績 【論文 単著】
「ハーグ子の奪取条約に基づく返還命令における『重大な危険』の評価と子の最善の利益−欧州人権裁判所ノイリンガー事件大法廷判決の意義とその後の動向−」早稲田大学大学院法研論集144号(2012年12月)27-54頁
「ハーグ子の奪取条約13条1項b号『重大な危険』の新たなアプローチ−英国E事件最高裁判決による提言を中心として−」早稲田大学大学院法研論集147号(2013年9月)91-117頁
「ハーグ子の奪取条約『重大な危険』に基づく返還の例外と子の最善の利益−欧州人権裁判所による13条1項b号の制限的アプローチに関する新たな示唆−」民事研修684号(2014年4月)2-13頁
「ハーグ子の奪取条約が英国の国内手続に与えた影響−J事件貴族院判決による提言を中心として−」民事研修689号(2014年9月)2-14頁
「ハーグ子の奪取条約『重大な危険』に基づく返還の例外と子の最善の利益ーノイリンガー論争の行方ー」家族<社会と法>31号(2015年7月)116-128頁
「ハーグ子奪取条約『重大な危険』の制限的解釈に関する一考察―その限界と新たな可能性−」国際私法年報19号(2018年3月25日)134-159頁
「ハーグ子奪取条約13条2項 英国における『子の拒絶』に基づく返還拒否」杏林社会科学研究34巻1号(2018年12月)91-115頁
「親による国際的な子の連れ去りの刑事罰化に関する一考察」早稲田大学社会安全政策研究所紀要10号(2019年1月)3-24頁
「ハーグ子奪取条約13条の制限的解釈の再考-英国における『重大な危険』『子の拒絶」』の解釈の変遷を題材に」家族と法の裁判20号(2019年6月)17-24頁

【論文 共著】
苅田香苗・北田真理「諸外国における少子化対策―スウェーデン・フランス等の制度と好事例から学ぶ」日本衛生学雑誌73巻3号(2018年9月)322-329頁

【翻訳】
「子どもの権利の実現ー成果と課題ー(国連児童の権利委員会元委員長リー・ヤンヒー教授基調講演)」家庭の法と裁判創刊号(2015年4月)145-150頁
所属学会 日本家族<社会と法>学会、国際私法学会、国際人権法学会、日本私法学会、INTERNATIONAL SOCIETY OF FAMILY LAW
ひとことメッセージ 夢をゆっくり温めていきましょう!
このページのトップへ

PAGE TOP