1. 杏林大学トップ
  2. 研究・社会活動
  3. 講演会・イベント案内
  4. 公開講演会・公開講座
  5. 地域で支える認知症

公開講演会・公開講座

地域で支える認知症


杏林大学医学部高齢医学教室准教授(高齢診療科/もの忘れセンター)
長谷川 浩
(専門:老年医学、認知症、高齢者救急、老年循環器学)


日  時:平成29年7月8日(土)13:30−15:00
開  場:13:00
会  場:杏林大学井の頭キャンパス F棟 309教室
定  員: 240名
入場無料・申し込み不要
交通アクセス:こちらから
直接会場へお越しください
※駐車場はありません。



    ○講演概要

     2025年には認知症が700万人、その一歩手前の軽度認知機能障害が700万人を超えると言われており、65歳以上の高齢者のうち、5人に2人が認知症か軽度認知障害になると考えられています。
     このため、認知症はどのような病気があるのか、どのような症状が出るのか、困ったときにどこに相談すればよいのかなどを知ることが重要です。
     また、われわれが行っている地域連携も含め、地域でどのように認知症に対応していけばよいのかを皆さんと一緒に考えたいと思います。    



    ○講師略歴
    1989年  千葉大学医学部卒業
    1991年  慶應義塾大学医学部助手(老年科学教室)
    1992年  北里研究所病院内科医員
    2000年  米国Wake Forest University section of Cardiology Research Fellow などを経て
    2003年  杏林大学医学部高齢医学教室着任 助手
    2013年  同 准教授

    >>医学部教員紹介ページ
    >>杏林大学病院ドクター紹介ページ



    問い合わせ先: 杏林大学 広報・企画調査室 tel.0422-44-0611




杏林大学について

入試ガイド

就職・キャリア

留学・国際交流

キャンパスライフ・施設

キャンパス案内

各センター・施設

研究・社会活動

PAGE TOP