• 杏林大学トップ
  • KYORIN VOICE
  • 知識だけでは最適な看護はできないと学んだ初実習。患者さんの隠れたサインを見逃さない力を養いたい

知識だけでは最適な看護はできないと学んだ初実習。患者さんの隠れたサインを見逃さない力を養いたい

保健学部看護学科看護学専攻
3年 麻生 真衣
(2018年取材)

私立日本大学第二高等学校出身

私立日本大学第二高等学校出身

知識だけでなくコミュニケーション能力やケアの手技の正確さが不可欠

入学当初は知識修得を第一の目標としていましたが、初めての実習を通して、患者さんから信頼を得るには、知識だけでなくコミュニケーション能力やケアの手技の正確さが不可欠なのだと学びました。

新しい視点を得られる「小児看護学概論」

吉野純先生の「小児看護学概論」では、「母子分離」という言葉を初めて知り、看護対象は入院する子どもだけでなく母親や家族も含まれること、母親と離れる子どもの発達の問題、長期入院を余儀なくされる子どもへの接し方など、新しい視点を得ることができました。

※記事および各人の所属等は取材当時のものです

ピックアップ

仲間とつかんだ学会表彰

保健学部臨床検査技術学科
4年 篠﨑 海都
(2021年9月取材)

公認心理師をめざし大学院へ

保健学部臨床心理学科
4年 安藤 紅音
(2021年9月取材)

医学部心臓血管外科との
産学協同開発に参加

保健学部臨床工学科 
4年 新井純奈、堀池奈生
(2020年11月取材)

作業療法士をめざして

保健学部作業療法学科
4年 久田 美晴
(2020年取材)