• 杏林大学トップ
  • KYORIN VOICE
  • 学びへの意識を変えてくれた先生の言葉。病院・学校・地域など多様な場所で、資格を生かし、人の役に立ちたい

学びへの意識を変えてくれた先生の言葉。病院・学校・地域など多様な場所で、資格を生かし、人の役に立ちたい

保健学部看護学科看護養護教育学専攻
4年 亀山 朱音
(2018年取材)

東京都立南平高等学校出身

東京都立南平高等学校出身

仕事の中でも学び続けることができる道を選択していきたい

私の目標は看護師として経験を積んだのち、養護教諭になることです。
看護技術の基礎を学ぶ実習や演習では、うまくできず落ち込むこともありましたが、先生方の「患者さんの一番近くにいるのは看護師だからね」という言葉で、「これができるようになれば患者さんの変化に気づくことができる」「少しでも不安や苦痛の軽減につながるかもしれない」と、肯定的な振り返りができるようになりました。仕事の中でも学び続けることができる道を選択していきたいです。

※記事および各人の所属等は取材当時のものです

ピックアップ

仲間とつかんだ学会表彰

保健学部臨床検査技術学科
4年 篠﨑 海都
(2021年9月取材)

公認心理師をめざし大学院へ

保健学部臨床心理学科
4年 安藤 紅音
(2021年9月取材)

医学部心臓血管外科との
産学協同開発に参加

保健学部臨床工学科 
4年 新井純奈、堀池奈生
(2020年11月取材)

作業療法士をめざして

保健学部作業療法学科
4年 久田 美晴
(2020年取材)