• 杏林大学トップ
  • KYORIN VOICE
  • 伸び伸び学べる環境で、消防出身の先生方から直接学ぶ事ができ、目標までの道筋がより明確になる

伸び伸び学べる環境で、消防出身の先生方から直接学ぶ事ができ、目標までの道筋がより明確になる

保健学部救急救命学科
4年 宮尾 倖之介
(2018年取材)

東京都立国分寺高等学校出身

東京都立国分寺高等学校出身

同じ目標をもつ仲間と切磋琢磨しながら学ぶ

厳しく統制するのではなく、学生自身の力を伸ばしていく授業方針に惹かれて入学しました。
消防出身の先生方が多く、また同じ目標をもつ仲間と切磋琢磨しながら学ぶ日々を通して、目標へと近づいていることを実感しています。

やりがいを直接うかがった「救急車同乗実習」

「救急車同乗実習」では、現場の消防職員の方から救急救命士にしか味わえないやりがいを直接うかがうこともできました。2020年に開催される東京オリンピック・パラリンピックの救急の最前線で任務に就くことを目標にしています。

※記事および各人の所属等は取材当時のものです

ピックアップ

仲間とつかんだ学会表彰

保健学部臨床検査技術学科
4年 篠﨑 海都
(2021年9月取材)

公認心理師をめざし大学院へ

保健学部臨床心理学科
4年 安藤 紅音
(2021年9月取材)

医学部心臓血管外科との
産学協同開発に参加

保健学部臨床工学科 
4年 新井純奈、堀池奈生
(2020年11月取材)

作業療法士をめざして

保健学部作業療法学科
4年 久田 美晴
(2020年取材)