患者さんのために働く。そのために基礎から積み重ねることが大事

保健学部診療放射線技術学科
3年 井上 椋太朗
(2018年取材)

神奈川県立鎌倉高等学校出身

神奈川県立鎌倉高等学校出身

杏林大学医学部付属病院に近い井の頭キャンパスで学ぶ

本学を選んだ理由は、杏林大学医学部付属病院に近い井の頭キャンパスで学ぶことができるからです。1年次は数学や物理・化学・生物の基礎科目が中心ですが、生命倫理の授業を通して基礎科目が医療分野につながっていることが分かるようになりました。

人体模型でも撮影が難しいX線撮影

「システム工学実験」では、人体模型を使ったX線撮影を行います。人体模型でも撮影は難しいため、患者さんの場合にはさらに難しいと感じました。患者さんのために、しっかりと学ばないといけないと真剣に取り組んでいます。

※記事および各人の所属等は取材当時のものです

ピックアップ

仲間とつかんだ学会表彰

保健学部臨床検査技術学科
4年 篠﨑 海都
(2021年9月取材)

公認心理師をめざし大学院へ

保健学部臨床心理学科
4年 安藤 紅音
(2021年9月取材)

医学部心臓血管外科との
産学協同開発に参加

保健学部臨床工学科 
4年 新井純奈、堀池奈生
(2020年11月取材)

作業療法士をめざして

保健学部作業療法学科
4年 久田 美晴
(2020年取材)