Regional cooperation地域総合研究所とは

※杏林CCRC研究所は、令和3年7月に「地域総合研究所」に名称変更しました。

地域総合研究所とは

 地域総合研究所は、包括的な地域連携を推進する拠点となる場として、これまで「包括連携協定」を締結している三鷹市・八王子市・羽村市と連携し研究を行ってきました。 平成28年に保健学部・総合政策学部・外国語学部の3学部のキャンパスを八王子から井の頭キャンパスに移行し、教育・研究機能集約のおかげで、さらなる発展が期待されています。
 平成25年から平成29年までは、CCRC (Center for Comprehensive Regional Collaborationの略)について集約的に研究を行い、また、地域との協働による課題解決を通して地域志向かつ問題解決力を持つ学生を育成しながら、新しい都市型高齢社会の姿を模索してまいりました。『都市型高齢社会の健康と安心』を主題に、学生と地域関係者が共に学ぶ「生きがい創出」、退職団塊世代の「健康寿命延伸」、大規模自然災害に備える「災害に備えるまちづくり」に、まずは本学の教育・研究機能が集中する三鷹市を中心に取り組みを進め、次に八王子市・羽村市、令和元年度に締結した武蔵野市にもその成果を反映していきます。
 本学は良医を育成する医学部、健康づくりをはじめとして助産から高齢者のリハビリ・生活支援までを扱う保健学部、社会問題を俯瞰的視野で扱う総合政策学部、創造的なコミュニケーションとホスピタリティのプロを育成する外国語学部からなり、都市型高齢社会が抱えるさまざまな課題を解決する教育・研究資源を有しています。
 本事業を実現することにより、本学と地域社会の知の統合を目指す「Center for Comprehensive Regional Collaboration:杏林CCRC」が形成されていきます。

メンバー

所長
長島 文夫(兼任・医学部腫瘍内科学教室 教授)

兼任研究員
小堀 貴亮 (兼任・外国語学部 教授)
三浦 秀之 (兼任・総合政策学部 准教授)
石井 博之 (兼任・保健学部 教授)
大森 拓哉 (兼任・保健学部 教授)
加藤 雅江 (兼任・保健学部 教授)
坪下 幸寛 (兼任・保健学部 教授)
橋本 晃生 (兼任・保健学部 助教)
水谷 友紀 (兼任・医学部総合医療学 講師)

客員研究員
北出 恭子 (スプリングラボ合同会社CEO)

所在地

〒181-8611
東京都三鷹市新川6-20-2
杏林大学三鷹キャンパス
看護・医学教育研究棟 1階 116号室
e-mail : area@ks.kyorin-u.ac.jp

2021年度の取り組み

今年度は@杏林CCRC指定研究 A地域活動助成研究 に取り組んでいきます。

@杏林CCRC指定研究

指定テーマ:「健康寿命延伸」「災害に備えるまちづくり」「持続的発展可能な少子高齢社会像の構築」「ウェルネスツーリズム」

「健康寿命延伸」

医学部腫瘍内科学 教授 長島文夫
「杏林大学のシーズを地域の街づくりへ展開する総合的研究」
(1)杏林地域総合研究所から地域へ展開するための情報共有等の活動
(2)これまでに検討してきたプロジェクトを地域へ展開・ロボット介護機器導入の促進
(3)患者見守りのためのアプリケーション開発・がん教育

医学部総合医療学 講師 水谷友紀
難聴を伴う高齢がん患者への意志決定支援サポートに関する研究
難聴を伴う高齢がん患者に病状説明する際に、最適な説明方法を提案し、世の中に普及させる。

「災害に備える街づくり」

総合政策学部 准教授 三浦秀之
東日本大震災からの教訓と首都直下型地震への備え:米国ポートランドとの協業
2017年度よりポートランド州立大学と行ってきた東日本大震災の教訓を学ぶプログラムを、今年度も引き続き行い、災害に備える街づくりに関する知見を深めていく。
また、日本に住む外国人のために作成した「そなえるドリル」の英語版を用いた企画及び検証会を実施する。

「持続的発展可能な少子高齢社会像の構築」 

保健学部 教授 加藤雅江
子育てにおける地域内での「つながり」構築に向けた実践的研究
社会が危機的状況に陥った際に必要となる子育て支援の在り方を、地域内でのつながり(ネットワーク)構築の場づくりという視点から、実践を通じて明らかにする。

  • コロナ禍での各家庭・地域における子育ての現状・課題を明確化する調査の実施
  • 子育て家庭の孤立を防ぐためのワークショップ実施

「ウェルネスツーリズム」

保健学部 教授 石井博之
「杏林型ウェルネスツーリズム」の構想立案と実施およびその妥当性検証の研究

  • 「ウェルネスツーリズム」について、温泉効能、運動、リクリエーション、栄養、観光学の観点からその意義と効能について検証する。
  • 「ウェルネスツーリズム」だけでなく、「リハビリツーリズム」、「フードツーリズム」、「アグリツーリズム」などの要素も検討すること。
  • 観光と運動などアクティビティの多様性を、ウォーキング・サイクリング・スイミングなどそれぞれの有効性について検証する。
  • 地域の食文化を活かし、栄養学と楽しみの両面から検証する。

効果が感覚的になりがちなこれまでのウェルネスツーリズムについて、新しく健康寿命延伸の視点から科学的な検証を取り入れ、「杏林型ウェルネスツーリズム」という学問的な確率を目指す。

地域活動助成研究

地域活動助成研究は、地域課題解決や地域活性、産学公連携など(地域福祉、産業振興、賑わい創出、健康問題など)に寄与する研究や社会貢献活動(学生教育を伴った活動)に加え、杏林CCRC事業の目標に該当する研究を助成し、研究成果を地域還元することを目的とし募集しております。 今年度は、以下の研究が採択されました。

医学部耳鼻咽喉科学 教授 齋藤康一郎
日本人に理想的な気管カニューレ開発を目指した産学連携シーズ創出事業
−超高精細CTによる生体内に留置されたカニューレの可視化と適正の検証−

これまでの研究実績

 杏林CCRC 研究所では、平成28年の三鷹市への教育・研究機能集約を機に、少子高齢化に伴って生じる問題について平成25 年度から集中的に研究を行い、教育・研究・社会貢献の体制を強化してまいりました。また、地域と協同し、課題解決を通して地域志向かつ問題解決力を持つ学生を育成し、なおかつ新しい都市型高齢社会の姿を模索してきました。
 『都市型高齢社会の健康と安心』を主題に、学生と地域関係者が共に学ぶ「生きがい創出」、退職団塊世代の「健康寿命延伸」、大規模自然災害に備える「災害に備えるまちづくり」に、まずは本学の教育・研究機能が集中した三鷹市を中心に取り組みを進め、次に八王子市・羽村市にもその成果を反映しています。