Faculty of Social Sciences教員詳細

項目名 内容
教員名 進邦 徹夫
教員名フリガナ シンポウ テツオ
職位 教授
役職・委員(大学) 教務委員 虐待防止委員
研究テーマ・分野 日本行政史、行政学、行政の総合調整、地方自治論、市民参加論
専門分野(大学院) 市民参加論、地方自治論
担当科目(学部) 行政学、ローカルガバメント論、 基礎演習、 演習
担当科目(大学院) 比較行政特論、論文指導、政治学演習
略歴 1969年 神奈川県鎌倉市生 東京都中野区に育つ
1999 慶應義塾大学大学院法学研究科博士課程単位取得退学
1996年 杏林大学社会科学部助手
1999年 杏林大学社会科学部講師
2002年 社会科学部・総合政策学部講師
2003年社会科学部・総合政策学部助教授
2007年 総合政策学部准教授
2012年 総合政策学部教授
所有する学位 学士(法学)、修士(法学)
論文・著書等を含む
主要研究業績
・魚谷増男編『現代地方自治の基礎知識』(共著)ぎょうせい 1994
・魚谷増男編『現代行政学の基礎知識』(共著)ぎょうせい 1994
・堀江湛・笠原英彦編『国会改革の政治学』(共著)PHP研究所 1995
・佐々木信夫編『図説行政のしくみ』(共著)PHP研究所1996
・堀江湛編『日本の公共政策と中央地方関係』(共著)北樹出版  1999
・笠原英彦・桑原英明編『日本行政の歴史と理論』芦書房2004
所属学会 日本政治学会 日本行政学会
公的な委員会等の
役員・委員歴
三鷹市生涯学習センター利用者懇談会座長
メールアドレス shimpou□ks.kyorin-u.ac.jp(□はアットマーク)
ひとことメッセージ 学生時代の4年間は、長いようで短く、短いようで長い期間です。

常に自分の行動を振り返って、「なぜ」行動するのか考える癖をつけてみましょう。有効に時間を使えるようになりますよ。