三鷹キャンパスで総合防災訓練を実施

 8月30日(火)から9月5日(月)まで防災週間が実施されています。三鷹キャンパスでは9月1日(木)、杏林大学病院、杏林大学(医学部・保健学科)、看護専門学校、杏林学園合同の総合防災訓練を実施ました。

 今回は、本年3月11日に発生しました「東日本大震災」の教訓を生かし、初期対応、自衛消防隊の編成から実活動の確認、危機管理の観点から新たに理事長鵜をトップとした「危機管理本部」を設置し、危機対応運用訓練も実戦さながら実施、大きな訓練成果を発揮する事ができました。