1. 杏林大学トップ
  2. 学生のみなさんへ 後期授業にむけて 学長

学生のみなさんへ 後期授業にむけて 学長

学生の皆さんへ


後期授業にむけて


学長 大瀧 純一


 本学における授業形態は、新型コロナウイルス感染症に関する緊急事態宣言解除後、今日に至るまで、必修科目や実習等については対面による授業を行い、それ以外の授業については課題型自宅学習や遠隔授業を併用しながら進めております。また夏季休業期間において、一部の科目で補講等を実施するなど、学生の皆さんの学習意欲に応えるべく誠意努力しております。

 9月からの後期授業につきましては、新型コロナウイルス感染症の動向及び文部科学省からの通知等を考慮しながら、3つの「密」を避けることを原則として、対面による面接授業を設定し、遠隔授業も使いながら進めていく予定です。特に面接授業では国家試験に必要な科目や実習、ゼミやプレゼミ及び語学などの科目を中心とすることにしております。

 皆さんの中には、登下校時や面接授業時に感染したらどうしようと心配される方もいるかと思いますが、本学では、既にホームページに掲載してありますように、独自の感染症防止のガイドラインを策定し、それを遵守しながら、学生の皆さんの感染予防に努めています。

 さらには、医学部付属病院を併設する大学として、万が一にも備え、万全な医療体制を整えていますし、今後も本学にできる最大限の努力は続けていきます。

 本学ではすでにネットワーク環境の整備、貸し出し用のパソコンの充実、教室内空調環境の整備及び食堂の感染防止対策を終え、三鷹・井の頭両キャンパスとも皆さんを受け入れる準備が整っています。9月16日からの後期授業で、皆さんに会えることを楽しみしております。

 最後に、新型コロナウイルス感染症に関して、再度、自分自身が「感染しない」、家族や友人等に「感染させない」を念頭に、一人ひとりが責任を持った行動をとることをお願い致します。

杏林大学について

入試ガイド

就職・キャリア

留学・国際交流

キャンパスライフ・施設

キャンパス案内

各センター・施設

研究・社会活動

PAGE TOP