医学部岡田教授がAcademia Ophthalmologica Internationalisの正会員に選出

 本学医学部眼科学教室(杏林アイセンター) 岡田アナベルあやめ教授がAcademia Ophthalmologica Internationalis(略称:AOI、日本語名称:国際眼科アカデミア会議)の正会員に選ばれました。
 AOIは世界の眼科学のアカデミアをリードする100人に限定された会員の組織で、1976年に最初の会議がベルギーで開かれて以降、現在、世界33ヶ国の各国を代表する教授陣を中心に構成されています。会員になるためにはこれまでの科学論文や学会報告や書籍などの業績、国際的な貢献が評価されます。現在、日本からの会員は8名で、杏林大学からは初めての選出です。毎年開催されるAOIの会議では、世界的な失明予防のための国際眼科戦略計画が検討されます。世界保健機関(WHO)や国際失明予防機関が講演するプログラムとも密接に関連している組織です。岡田先生をはじめとする本学医学部付属病院 杏林アイセンターにとって大変に光栄なことであるとともに、失明克服に向けて国際的な活躍の場が益々広がる機会に繋がることとなり、皆さまに報告いたします。
 岡田先生は「世界における日本のプレゼンスを強めることで、国際的な眼科学教育や研究の連携に貢献したい」と抱負を述べています。

2022.10.31
杏林大学医学部眼科学教室(杏林アイセンター)