海外への渡航について(4/27付情報)

 新型コロナウイルス感染症の感染者数とこれによる死亡者数については、世界的に急激な増加が見られ、4月24日現在,185か国・地域で265万人以上の感染が確認され,全世界の死亡者数は約18万人となっています。感染の拡大は、依然として続いており、地域的にもますます広がっています。
 このような状況を受け、外務省は、1万人あたりの感染者数等を含む様々な状況を総合的に勘案し、14か国に対して発出している感染症危険情報レベルをレベル3(渡航は止めてください(渡航中止勧告))に引き上げました(下記およびhttps://www.anzen.mofa.go.jp/covid19/info0424.html参照)。

 本学の学生の皆さんは、引続き海外への渡航を禁止します。教職員の皆様におかれても、不要不急の渡航は控え、やむを得ず渡航しなければならない場合は、感染の地理的拡大の可能性に注意し,現地の状況が悪化する可能性も念頭に、各国の出入国規制や検疫措置の強化に関する最新情報を確認するとともに,感染予防に万全を期してください。


(1)レベル3:渡航は止めてください。(渡航中止勧告)(レベル引き上げ)
 (中南米)アンティグア・バーブーダ,セントクリストファー・ネービス,ドミニカ共和国,バルバドス,ペルー
 (欧州)ウクライナ,ベラルーシ,ロシア
 (中東)アラブ首長国連邦,オマーン,カタール,クウェート,サウジアラビア
 (アフリカ)ジブチ

(2)レベル3:渡航は止めてください。(渡航中止勧告)(継続) 
 (アジア)インドネシア,韓国,シンガポール,タイ,台湾,中国,フィリピン,ブルネイ,ベトナム,マレーシア
 (大洋州)オーストラリア,ニュージーランド
 (北米)カナダ,米国
 (中南米)エクアドル,ドミニカ国,チリ,パナマ,ブラジル,ボリビア
 (欧州)アイスランド,アイルランド,アルバニア,アルメニア,アンドラ,イタリア,英国,エストニア,オーストリア,オランダ,北マケドニア,キプロス,ギリシャ,クロアチア,コソボ,サンマリノ,スイス,スウェーデン,スペイン,スロバキア,スロベニア,セルビア,チェコ,デンマーク,ドイツ,ノルウェー,バチカン,ハンガリー,フィンランド,フランス,ブルガリア,ベルギー,ポーランド,ボスニア・ヘルツェゴビナ,ポルトガル,マルタ,モナコ,モルドバ,モンテネグロ,ラトビア,リトアニア,リヒテンシュタイン,ルクセンブルク, ルーマニア
 (中東)イスラエル,イラン,エジプト,トルコ,バーレーン
 (アフリカ)コートジボワール,コンゴ民主共和国,モーリシャス,モロッコ

(3)上記(1)(2)に含まれる国・地域を除く現在感染症危険情報レベル2の全ての国・地域
 レベル2:不要不急の渡航は止めてください。(継続)


2020.4.27国際交流課