苦手克服、フルマラソンに挑戦

外国語学部英語学科4 年 上野まりえ

逃げる気持ち変えたい

3 年生の秋、友人の紹介で大手スポーツメーカーの学生アンバサダーの活動を始めました。
大学生にスポーツに親しんでもらうイベントを企画したりするのが主な活動です。
この仲間と昨年12 月、第14 回湘南国際マラソンに挑戦しました。運動は好きでしたが、走るのは苦手でした。小さなことですが、苦手なことを避ける自分を変えるきっかけになればと思ったのです。
大会8 ヶ月前から、週2、3 回10 ~15km を走ったり、普段から歩くことや、バランスのよい食事を意識しました。

フルマラソン完走

大会当時は、天気に恵まれました。
約25,000 人の参加者に圧倒されながらも、スタートしてからは自分の走りに集中できました。
湘南の海を見ながらのコースはとても気持ちがよかったです。30km あたりから足の痛みや腰が重く感じるようになりましたが、沿道の声援に励まされ、また一緒に走る仲間と励まし合ってゴールしました。
途中一度も歩いたり休んだりしなかったのはちょっと自慢です。

今しかできないなら、やる!

挑戦することでその先になにか違う景色があるはずです。
私は、大切な仲間との出会いや大きな自信を得ることができました。
4 月からは、アパレル業界で頑張っていきます。

※記事および各人の所属等は取材当時のものです

ピックアップ

子どもの命と権利を守るため

2007 年外国語学部卒業。米国でMBA(経営学修士)取得。日本の民間企業やNGO で働いたのち、南スーダンなどで人道支援活動を行う。外務省国際機関人事センター派遣候補者選考試験合格、2017年からユニセフ本部で働く