1. 杏林大学トップ
  2. 学部・大学院
  3. 保健学研究科(博士前期課程)看護学専攻の3つのポリシー

保健学研究科(博士前期課程)看護学専攻の3つのポリシー


卒業認定・学位授与の方針 (ディプロマ・ポリシー)

教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)

入学生受入れの方針 (アドミッション・ポリシー) 2018年度入学者

卒業認定・学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)

保健学研究科
(博士前期課程)
看護学専攻
保健学研究科看護学専攻博士前期課程では、教育目標を達成するために、修了時点までに獲得すべき能力を以下のように定め、修了の要件を満たし、これらの能力をすべて修得したと認められた学生に、修士(看護学)を授与する。

(1)看護・保健領域の高度専門職業人としての能力
看護ケアの質の向上を目指し、国際性を視野に入れ、高度専門職業人として判断し、実践し、指導することができる。
(2)看護・保健領域の高度な知識・技術
高度実践看護師(専門看護師)として、必要な知識やスキルを修得し、実践に生かすことができる。
(3)高い倫理観と研究遂行能力
看護領域における課題について、高い倫理観を有し、研究計画を立案・遂行し、論文を作成することができる。

教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)

保健学研究科
(博士前期課程)
看護学専攻
保健学研究科看護学専攻博士前期課程は、卒業認定・学位授与の方針に掲げる能力の修得のために、基礎看護科学、実践看護科学、専攻共通科目、研究共通科目の専門分野を設け、以下に示した教育課程編成・実施の方針に基づき、コースワークとリサーチワークをバランスよく配置し、講義・演習・実験・実習などを適切に組み合わせた授業を行う。これらの科目は、体系的に理解できるようカリキュラムマップにより可視化する。
教育内容、教育方法、評価については以下のように定める。

(1)教育内容
(1-1)看護・保健領域の高度専門職業人としての能力を修得するために
・看護・保健領域における専門性の強化、国際的視野も含めた広い視野とマネジメント能力養成を目指し、専門的知識を修得し判断力・実践力・指導力を獲得するために、基礎看護領域および医療安全領域の基礎看護科学分野・各看護実践領域・高度実践看護師教育課程の実践看護科学分野を配置する。
(1-2)看護実践者および高度実践看護師(専門看護師)としての知識、技術を修得するために
・看護学専攻共通科目における看護研究や看護実践に必要な知識の修得を目的に、主科目に各専門領域の講義・演習科目、副科目に関連する他領域の科目を配置する。また、専門看護師に必要な専門知識を修得するために高度実践看護師教育課程を配置する。
・高度実践看護師教育課程(専門看護師教育課程)においては、高い実践能力修得の質を確保するため、日本看護系大学協議会から認定された「がん看護専門看護師課程」「クリティカルケア看護専門看護師課程」「精神看護専門看護師課程」を配置する。この教育課程で定められた講義・演習科目に従って教育指導する。
(1-3)高い倫理観と研究遂行能力を修得するために
・看護領域における課題解決に必要な研究遂行能力や倫理観を培うために、リサーチワークとして「看護研究方法論」「特別研究」を配置する。
(2)教育方法
(2-1)看護領域の高度専門職業人としての知識と技術、臨床判断能力やマネジメント能力を獲得するために
・学生の実務経験、研究経験に応じて、看護領域における諸課題を解決するための知識の幅が広がることが期待される科目、修士論文作成に必要な科目、基礎的な素養の涵養に役立つ共通科目について分野を超えて自由に選択できるように設定し、小人数できめ細やかに指導する。
(2-2)研究遂行能力を修得するために
・指導教員が研究指導計画及び学生の作成する履修計画に基づき、きめ細やかに論文執筆や論文発表の指導を行う。また、論文発表に必要な能力を修得するために研究報告会を実施する。
・保健学専攻と看護学専攻合同の研究報告会で多様な専門分野の教員が指導することで、研究科横断的に研究遂行能力やプレゼンテーション能力やコミュニケーション能力を高める。
(3)教育成果の測定
以下の方法で、研究遂行能力や論文執筆力、論文発表の際のプレゼンテーション能力、コミュニケーション能力が、修士の学位に相応しいレベルに達しているかを評価し、課程として目的に沿った成果が上がっているかを測定する。
(3-1)履修科目の総合判定は、各学年終了時に国際的成績評価であるGPA (Grade Point Average)で評価する。
(3-2)学期ごとの学生自己評価により、高度専門職業人としての知識と技術や能力の修得状況を測定する。
(3-3)修士論文発表会および修士論文審査において、研究遂行能力や倫理観、国際性、論文執筆力、論文発表の際のプレゼンテーション能力やコミュニケーション能力が身についているかを測定する。


入学者受入れの方針(アドミッション・ポリシー)2018年度入学者

保健学研究科
(博士前期課程)
看護学専攻
保健学研究科看護学専攻博士前期課程では、本研究科の理念・目的を理解し、その達成に真摯に取り組む意欲のある人材を求めている。具体的には以下のような資質を求めている。

(1)求める学生像
(1-1)研究者として、看護学の研究課題を探求する明確な目的意識を持つ人
(1-2)看護ケアの質向上を目指し、高度実践看護師として、看護の課題を探求するための基礎的な知識と高度な実践能力を持つ人
(1-3)看護実践の質の向上に貢献する意志と熱意を持つ人
(2)求める学習成果
「卒業認定・学位授与の方針」(ディプロマ・ポリシー)及び「教育課程編成・実施の方針」(カリキュラム・ポリシー)に定める教育を受けるために必要な、次に掲げる知識・技能や能力を備えた人を求める。
(2-1)看護学専攻博士前期課程の教育を受けるための基礎的学力を持ち、課題を研究的視点からとらえることができる。(知識・技能)
(2-2)看護学における課題を解決するための知識・思考力・判断力・表現力を有し、実践力を有する。(知識・思考力・判断力・表現力)
(2-3)幅広い視野を得るために他分野の領域の学生とも積極的にディスカッションし、理解を深めながら学ぶ能力を有する。(態度)
(3)入学者選抜の基本方針
本研究科の教育理念・目標に合致した学生を選抜するために、以下の通り入学者選抜を実施する。
(3-1)一般選抜
・英語問題、専門科目および面接から、欧米の学術論文の読解能力、研究計画を実施するための専門基礎知識を有しているか、高度実践看護師としての基礎的知識と実践力を有しているか、博士前期課程の2年間で修士論文が作成できるか、研究テーマとして適切であるかを総合的に評価する。
(3-2)社会人特別選抜
・英語および一般選抜の専門問題に当たる小論文および面接から、英語科学論文の読解能力、研究計画を実施するための専門知識を有しているか、博士前期課程の2年間で修士論文が作成できるか、高度実践看護師としての基礎的知識と実践力を有しているか、研究テーマとして適切であるかを総合的に評価する。

杏林大学について

入試ガイド

就職・キャリア

留学・国際交流

キャンパスライフ・施設

キャンパス案内

各センター・施設

研究・社会活動

PAGE TOP