1. 杏林大学トップ
  2. 学部・大学院
  3. 保健学研究科(博士後期課程)の3つのポリシー

保健学研究科(博士後期課程)の3つのポリシー


卒業認定・学位授与の方針 (ディプロマ・ポリシー)

教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)

入学生受入れの方針 (アドミッション・ポリシー) 2018年度入学者

卒業認定・学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)

保健学研究科(博士後期課程) 保健学研究科博士後期課程では、教育目標を達成するために、卒業時点までに獲得すべき能力を以下のように定め、修了の要件を満たし、これらをすべて修得したと認められる学生に、博士(保健学/看護学)の学位を授与する。

(1)専攻する保健、医療、看護、福祉の専門分野の最新知識
・専門分野の近年の研究動向や最新の知見、理論、技術や治療法などの知識を活用できる。
(2)高度専門職業人としての臨床判断力やマネジメント力
臨床的判断力を修得し、チーム医療のメンバーとして重要な役割を果たすことができる。また、組織的マネジメントの在り方を理解し、高度専門職業人に求められる高いマネジメント力を発揮できる。
(3)先行研究を批判的に吟味できる能力
・欧米の学術論文を、仮説の設定、研究デザイン、データ分析と解釈および考察について、批判的に吟味することができる。
(4)専門分野における課題発見能力
・学際的・国際的な視野での科学的思考と問題の本質を見抜く論理的思考、柔軟な視点を持ち、課題を発見できる。
(5)研究遂行能力
・自ら発見した課題を解決するために、仮説の設定、研究デザイン、データの収集・分析、考察に至るプロセスを自立して行い、論文を執筆することができる。また、高度なプレゼンテーション能力、他人を納得させることができる高いコミュニケーション能力を身につけ、研究内容を説得力を持って発表することができる。
(6)高い倫理観
・生命の尊厳と人権の尊重を基盤とした倫理観を持ち、他者を尊重し、自己を律して、研究を遂行できる。

教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)

保健学研究科(博士後期課程) 保健学研究科博士後期課程は、卒業認定・学位授与の方針に掲げる能力の修得のために、保健、医療、看護、福祉領域の2専攻6専門分野を設け、以下に示した教育課程編成・実施の方針に基づき、コースワークとリサーチワークをバランスよく配置する。コースワークは講義と演習を適切に組み合わせ、専門知識の効果的な修得につながる授業を行う。これらの科目は体系的に理解できるよう、カリキュラムマップにより可視化する。
教育内容、教育方法、評価については以下のように定める。

(1)教育内容
(1-1)専攻する保健、医療、看護、福祉の専門分野の最新知識を修得するために
・専攻する専門分野の近年の研究動向や最新の知見、理論、技術や治療法などの最新専門知識を修得するための科目を配置する。
(1-2)高度専門職業人としての臨床判断力やマネジメント力を修得するために
・専攻する分野における臨床の現場で求められる判断力や、組織を動かすマネジメント力を修得するための科目を配置する。
(1-3)先行研究を批判的に吟味できる能力を培うために 
・欧米の学術論文を、仮説の設定、研究デザイン、データ分析と解釈および考察について、批判的に吟味できる能力を修得するための科目を配置する。
(1-4)専攻する専門分野における研究課題発見能力を培うために
・研究課題発見能力として求められる、学際的・国際的な視野での科学的思考力と問題の本質を見抜く論理的思考、柔軟な視点を培うための科目を配置する。
(1-5)研究遂行能力や高い倫理観、国際的視野を培うために
・自ら発見した課題の解決に向け、自立して行える研究遂行能力、論文執筆力、論文発表の際に必要な能力を修得し、研究者としての高い倫理観と国際性を培うために、リサーチワークを配置する。
(2)教育方法
(2-1)専攻する専門分野における研究課題発見能力を培うために
・学術論文の抄読、プレゼンテーション、クリティカルな討論を積極的に取り入れる。
・問題発見能力を修得できる能動的学修(アクティブ・ラーニング)を取り入れた科目を積極的に導入する。
(2-2)研究遂行や、論文発表の際のプレゼンテーション能力やコミュニケーション能力を修得するために
・指導教員が、きめ細やかに研究指導や論文執筆・発表の指導を行う。
・保健学専攻と看護学専攻合同の研究報告会で多様な専門分野の教員が指導することで、研究科横断的に研究遂行能力を高める。
(3)成果の測定
以下の方法で、研究遂行能力や論文発表の際のプレゼンテーション能力、コミュニケーション能力が、博士の学位に相応しいレベルに達しているかを評価し、課程として目的に沿った成果が上がっているかを測定する。
(3-1)履修科目の総合判定は、各学年終了時に国際的成績評価であるGPA (Grade Point Average)で評価する。
(3-2)専攻する専門分野における研究課題発見能力の評価
・集団討論、口頭試問への解答、筆記試験、レポートなど複数の方法で、課題発見能力の測定を行う。
(3-3)博士論文発表会および博士論文審査において、研究遂行能力や倫理観、国際性、論文執筆力、論文発表の際のプレゼンテーション能力やコミュニケーション能力が身についているかを測定する。

入学者受入れの方針(アドミッション・ポリシー)2018年度入学者

保健学研究科(博士後期課程) 保健学研究科博士後期課程は、本研究科の理念・目的を理解し、その達成に真摯に取り組む意欲のある人材を求めている。具体的には、次のような資質を持つ学生を求めている。

(1)求める学生像、資質
(1-1)保健、医療、看護、福祉領域の高度専門職業人に相応しい倫理観を有し、最新専門知識や高度技術を修得するとともに、学際的な識見を深めて、その実践力や指導力をさらにレベルアップしたいという意欲を持っている人
(1-2)保健・医療・看護・福祉行政における問題・課題発見能力と解決能力を高め、その成果を保健・医療・福祉行政に反映させたいという熱意を持っている行政職の人
(1-3)保健、医療、看護、福祉領域の教育・研究者としての学問的基盤を確立し、グローバルに活躍したいという意欲を持っている人
(2)求める学習成果
「卒業認定・学位授与の方針」(ディプロマ・ポリシー)および「教育課程編成・実施の方針」(カリキュラム・ポリシー)に定める教育を受けるために必要な、次に掲げる知識・技能や能力を備えた人を求める。
(2-1)保健、医療、看護、福祉とその関連領域の修士課程修了者としての、高度かつ専門的な知識や技術を有している。(専門的知識・専門的技能)
(2-2)専攻する保健、医療、看護、福祉の専門分野の英文学術論文を読みこなせる英語力を有する。(専門的知識・専門的技能・国際性)
(2-3)専攻する保健、医療、看護、福祉の専門分野の課題解決のための研究遂行能力、論文執筆力や論文発表におけるプレゼンテーション力を有する。(研究遂行能力)
(2-4)主体性と協調性、積極性を持って教職員や他学生と交わり、相互理解を深めることができる。(コミュニケーション能力)
(2-5)研究倫理を熟知し、重要性を十分認識している。(倫理観)
(2-6)安易に妥協することなく、忍耐強く研究に取り組むことができる。(研究遂行能力)
(3)入学者選抜の基本方針
本研究科の教育理念・目標に合致した学生を選抜するために、以下の通り入学者選抜を実施する。
(3-1)一般選抜
・志願する専門分野に関する専門問題、英語問題、面接から求める学生像、資質および学修成果を評価する。
(3-2)社会人特別選抜
・志願する専門分野の課題に対する小論文、英語問題、面接から、求める社会人学生像、資質および学修成果を評価する。

杏林大学について

入試ガイド

就職・キャリア

留学・国際交流

キャンパスライフ・施設

キャンパス案内

各センター・施設

研究・社会活動

PAGE TOP