1. 杏林大学トップ
  2. 学部・大学院
  3. 医学部 医学科の3つのポリシー

医学部 医学科の3つのポリシー


卒業認定・学位授与の方針 (ディプロマ・ポリシー)

教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)

入学生受入れの方針 (アドミッション・ポリシー) 2018年度入学者

卒業認定・学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)

医学部 医学科 医学部医学科では、教育目標を達成するため、卒業時点までに獲得すべき能力を以下のように定め、卒業の要件を満たし、これらをすべて修得したと認められる学生に学士(医学)を授与する。

(1)医師の社会的責任
医師の職責の重大性を理解し、高い倫理観と豊かな人間性に基づき、医師として責任のある行動ができる。
(2)医学知識と技能
医師に求められる基本的な医学的知識および技能を修得し、また必要に応じてこれを実践できる。
(3)問題解決能力
どのような状況においても事態を冷静に把握し、解決すべき問題点を明らかにしたうえで的確な判断を行うことができる。
(4)コミュニケーション能力
患者・家族との信頼関係を構築するとともに、医療・介護・保健従事者と良好な関係を維持し、医療チームの一員としての役割を果たすために必要なコミュニケーションを図ることができる。
(5)医学・医療と地域・社会との関わり
公衆衛生や医療・保健制度など社会と医師との関わりを理解し、必要に応じてそこで医師が果たすべき役割を担うことができる。
(6)英語運用能力
グローバルに活躍しうる英語運用能力を有する。

教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)

医学部 医学科 医学部医学科では、卒業認定・学位授与の方針に掲げる能力などの修得のために、医学準備教育、外国語、基礎医学、社会医学、臨床医学の5つの科目区分からなる授業科目を体系的、順次的に編成し、講義、演習、実習を適切に組み合わせた授業を実施する。科目間の関連や科目内容の順次性を表現する番号を各科目に付し、これを以てカリキュラムマップを作成することで、カリキュラムの体系をわかりやすく示す。また、学生が学修に専念し安定した学生生活を送ることができるよう、担任制度を通して学生支援を行う。 教育内容、教育方法、評価については以下のように定める。

(1)教育内容
(1-1)医師の社会的責任を修得するために
医師に求められる倫理観や基本的姿勢の涵養とともに、医師に求められる基本的な教養を修得するため、「医療科学」において、「医療と文化」「医療と社会」などの授業を配置する。
(1-2)医師のキャリア教育のために
医師としての多様な働き方を学び、将来設計に資するように、「医療科学」において「キャリアデザイン、ワークライフバランス」に関する授業を配置する。
(1-3)グローバルに活躍し得る医師の育成のために
卒業後、グローバルに活躍し得る医師を育成するべく、6年間の医学教育を、国際基準に準拠した医学教育カリキュラムに則って実施する。 (1-4)高校から大学への円滑な移行を図るために
・高校から医学教育への円滑な移行を図るため、医学部の教育目標を踏まえ「化学」、「生物学」、「物理学」を医学準備教育科目として配置する。
・各学生が入試で選択しなかった科目への対応として、初年次の医学準備教育において、「入門化学」、「入門生物学」、「入門物理学」を開講する。
(1-5)基礎医学を修得するために
人体の構造と機能、さらに人体における異常の発生とその制御を学ぶために、「解剖学」「生理学」「生化学」「病理学」「薬理学」などの基礎医学科目を体系的、順次的に配置する。
(1-6)臨床医学の知識と技能を修得するために
医師に必要とされる臨床医学の知識および技能を修得するために、臨床医学科目および臨床実習科目を体系的に配置する。
(1-7)問題解決能力の涵養のために
医師に求められる課題発見・問題解決能力の涵養のため、「プレチュートリアル」「チュートリアル」科目を配置する。
(1-8)コミュニケーション能力の涵養のために
医師に求められるコミュニケーション能力の涵養のため、「医療科学」においてコミュニケーションについての実践的授業を配置する。
(1-9)医学・医療と地域・社会との関わりを修得するために
・医学・医療と社会との関わりを学ぶために「衛生学」「公衆衛生学」「法医学」などの社会医学科目を体系的に配置する。
・地域の保健、医療、福祉の実情を知るとともに、医学・医療と地域社会との関わりを学ぶために、「地域と大学」を開講する。
(1-10)グローバルに活躍する医師に必要な英語運用能力を修得するために
グローバルに活躍し得る医師に求められる英語運用能力を修得するための英語学習プログラムを実施する。
(2)教育方法
(2-1)医師に求められる倫理観や姿勢、コミュニケーション能力の修得のために
医師に求められる倫理観や基本的な姿勢、コミュニケーション能力の修得を目的として、「医療科学」では、講義に加えて演習形式の授業を適宜配置する。
(2-2)基礎医学を修得するために
医学準備教育科目、基礎医学科目、社会医学科目については、学習内容の確実な理解を目的として、講義および実習を効率的に組み合わせて実施する。
(2-3)臨床医学の知識と技能を修得するために
臨床医学科目については、基本的な知識を確実に修得したうえで、実際の臨床の場での応用力を涵養するとともに、基本的な臨床技能を修得する目的で、講義や見学型の臨床実習に加えて、臨床参加型の臨床実習を積極的に配置する。
(2-4)医師としてのグローバルな適応能力を涵養するために
活動体験・現場体験を通して、コミュニケーション能力を含む医師としてのグローバルな適応能力を涵養するために、海外の医療施設でのクリニカルクラークシップの機会を提供する。
(2-5)問題解決能力の涵養のために
医師に求められる高い課題発見能力と問題解決能力の涵養を目的として、少人数グループワークによる能動的学習(アクティブラーニング)を複数学年にわたって実施する。
(2-6)医学・医療と地域社会との関わりを修得するために
地域の保健、医療、福祉の実情を知るとともに、医学・医療と地域社会との関わりを学ぶために、地域の現場体験を含む少人数グループワークによる能動的学習(アクティブラーニング)を実施する。
(2-7)グローバルに活躍する医師に必要な英語運用能力を修得するために
グローバルに活躍する医師に求められる卓越した英語運用能力を効率的に修得するため、能力別の少人数クラスによる授業を実施するとともに、各学生の将来の進路に応じた目的別の少人数クラスによる授業も行う。
(3)成果の測定
(3-1)各学年終了時に、国際的な成績評価指標であるGPA(Grade Point Average)で評価する。
(3-2)臨床医学実習開始前には、コンピューターを用いたCBT(Computer Based Testing)により臨床医学の知識を、実技試験であるOSCE(Objective Structured Clinical Examination)により臨床技能および態度を評価し、これに合格し「student doctor」の称号を得た者が、臨床実習への参加を許される。
(3-3)臨床医学実習については評価表に基づく指導医の評価やポートフォリオの評価など、多様な方法で成果の測定を行い、その詳細は履修案内・授業内容(シラバス)に記載する。
(3-4)大学IRコンソーシアム「学生共通調査」を実施し、学士課程の成果を把握する。

入学者受入れの方針(アドミッション・ポリシー)2018年度入学者

医学部 医学科 医学部医学科は、本学科の理念・目的を理解し、その達成に真摯に取り組む意欲ある人材を求めている。具体的には、次のような資質をもつ学生を求めている。

(1)求める学生像、資質
(1-1)生涯を通じて医師として他人のため、社会のために奉仕する強い意欲をもつ人
(1-2)生命の尊厳を尊ぶ心をもつとともに、高い倫理観と豊かな人間性を備えた人
(1-3)協調性と高いコミュニケーション能力をもち、周囲の人と良好な関係を築ける人
(1-4)柔軟な思考力と知的探究心をもち、生涯を通じて医学の修得・研鑽に熱意をもって取り組める人
(2)求める学習成果
「卒業認定・学位授与の方針」(ディプロマ・ポリシー)および「教育課程編成・実施の方針」(カリキュラム・ポリシー)に定める教育を受けるために必要な、次に揚げる知識・技能や能力を備えた人を求める。
(2-1)入学後の修学に必要な基礎学力としての知識や実技能力を有している。(知識・理解・実技能力)
・高等学校で履修する数学、理科、英語などについて、内容を理解し、高等学校卒業相当の知識を有している。
・基本的な英語力および日本語運用力と表現力を身につけている。
(2-2)知識・技能を活用して、自ら課題を発見し、その解決に向けて物事を多面的かつ論理的に考察することができる。(思考力・判断力)
(2-3)自分の考えを的確に表現し、伝えることができる。(表現力)
(2-4)教育、人間、自然、文化などにかかわる諸問題に深い関心を持ち、社会に積極的に貢献する意欲がある。(関心・意欲)
(2-5)積極的に他者とのかかわり、多様な人々との対話を通して相互理解に努めようとする態度を有している。(態度・主体性・多様性・協働性)
(3)入学者選抜の基本方針
本学科の教育理念・目標に合致した学生を選抜するために、以下のとおり入学者選抜を実施する。
(3-1)一般入試
一般入試試験(数学、理科、英語)の成績、小論文、面接、調査書の内容を総合して評価する。
(3-2)センター試験利用入試
センター試験(数学、理科、英語)の成績、小論文、面接、調査書の内容を総合して評価する。
(3-3)外国人留学生入試
一般入試と同一の選抜方法、選抜基準により評価する。

杏林大学について

入試ガイド

就職・キャリア

留学・国際交流

キャンパスライフ・施設

キャンパス案内

各センター・施設

研究・社会活動

PAGE TOP