1. 杏林大学トップ
  2. 学部・大学院
  3. 保健学部 健康福祉学科 の3つのポリシー

保健学部 健康福祉学科 の3つのポリシー


卒業認定・学位授与の方針 (ディプロマ・ポリシー)

教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)

入学生受入れの方針 (アドミッション・ポリシー) 2018年度入学者

卒業認定・学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)

保健学部
健康福祉学科
保健学部健康福祉学科では、教育目標を達成するため、卒業時点までに獲得すべき能力を以下のように定め、これらをすべて修得したと認められる学生に、学士(保健衛生学)の学位を授与する。

(1)確かな知識と技術を研鑽する生涯学習力
健康と福祉の専門家として生涯にわたり専門的知識と技術を研鑽し、自律して学習できる。
(2)コミュニケーション能力
発育発達やライフステージに対応した適切な人間理解とコミュニケーションスキルを身につけ、健康と福祉の専門職として良好な対人関係を築くことができる。
(3)問題解決能力
地域社会や学校における健康と福祉の課題について関心を持ち問題を発見し、解決に必要な情報を統合し、問題解決できる。
(4)高い倫理観と地域との関わり
国際的視野を持ち多様性を理解し健康と福祉の専門職として高い倫理観を持って地域社会に貢献できる。

教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)

保健学部
 健康福祉学科
保健学部健康福祉学科では、卒業認定・学位授与の方針に掲げる能力などの修得のために、人間科学系、自然科学系、語学系からなる基礎分野、および基礎医学系からなる専門基礎分野、保健学系、社会福祉系、学校保健系、環境食品系などからなる専門分野の3つの科目区分に授業科目を体系的かつ順次的に編成し、講義、演習、実習を適切に組み合わせた授業を実施する。カリキュラムの体系を示すために、科目間の関連や科目内容の順次性を番号で表現する科目のナンバリングを行い、カリキュラムマップを作成することで、カリキュラムの構造をわかりやすく明示する。さらに、単位制度の実質化を図るため、履修可能上限単位を適切に設定する(CAP制)。
教育内容、教育方法、評価については以下のように定める。

(1)教育内容
(1-1)高校から大学への円滑な移行を図るために
学士課程へのスムースな移行を図り、1年次の早い時期に健康・福祉の専門職の役割について理解を促し、学業への意欲を高めるために、「健康福祉学」において学科教員全員が関わる初年次教育を実施する。
(1-2)幅広い教養と高い倫理観を修得するために
幅広い教養を身につけるとともに生命の尊厳と人権の尊重を基盤とする医療職者としての倫理観を修得するために、「哲学」「芸術」「生命倫理学」「基礎生物学」「自然科学実験」などの多様な科目を配置する。
(1-3)国際的視野でのコミュニケーション能力を開発するために
グローバル社会において必要なコミュニケーション能力の修得のために、「英会話」「医学英語」などの語学系科目を配置し国際的視野でのコミュニケーション能力の開発を図る。
(1-4)地域社会へ貢献する能力を習得するために
地域社会へ貢献し、複雑化した現代社会の健康像を的確に把握し対応する能力を習得するために「地域と大学」「フィールドスタディ」「ボランティア活動」の科目を配置する。
(1-5)健康福祉分野のキャリアデザインを指向するために
医療および健康と福祉領域を中心に据えたキャリアデザインを指向するために「職業適性論」や「ボランティア活動」などの科目を配置する。
(1-6)健康と福祉の専門家としての基礎を修得するために
健康を生物医学的な領域からミクロな理解を深めるとともに公衆衛生学領域からマクロな課題にも対応する健康と福祉の専門家としての基礎を修得するために「解剖学」「生理学」「生化学」「病理学」「公衆衛生学」「医学基礎実習」などの科目を配置する。
(1-7)健康と福祉の専門家としての実践力を修得するために
健康福祉分野の学校保健領域と社会福祉領域において多角的な視野を持ち、高い倫理観と情熱を持って活躍できる専門的な実践力を修得するために、「健康福祉学実習」「小児保健学」「社会福祉学」「健康教育学」「カウンセリング」などの科目を配置する。
(2)教育方法
(2-1)主体的な問題解決能力を修得するために
チーム医療へ貢献する人材としてのコミュニケーション能力や自己表現力、主体的な問題解決能力を修得するために、能動的学修(アクティブラーニング)を積極的に多くの授業に導入する。
(2-2)早期のキャリアデザインを指向するために 学校ボランティアやその他のボランティア活動を推奨し、健康と福祉の現場への早期体験を促進する。
(2-3)健康と福祉の現代的課題を学ぶために
健康と福祉の現代的課題を学ぶために、「社会福祉援助技術実習」や「養護実習」「看護学実習」「フィールドスタディ」などの専門分野の科目においてソーシャルラーニング(社会学修)を積極的に導入する。
(2-4)生涯学習力を修得するために
自ら意欲と問題意識を持って自分で計画を立てて取り組むような、課題学習を積極的に導入する。「フィールドスタディ」に関しては、ゼミ形式で学生が主体的に学びを進められるようにし、更には研究成果の発表を行う。
(3)成果の測定
(3-1)各学期において、各科目の成績評価を国際的な成績評価指標であるGPA(Grade Point Average)で評価する。
(3-2)入学時より「望ましい行動特性と知識」に関するガイドや「教職履修カルテ」を作成し、社会福祉士および養護教諭等のコアコンピテンシーを明示し、PDCA表による学修のチェックを実施し、学生の自己評価と課題達成度を把握する。
(3-3)3年次より専門課程に関して、定期試験とは別に社会福祉士国家試験および都道府県教員採用試験の外部委託等の模擬試験を実施して、全国水準の測定を行う。
(3-4)フィールドスタディに関しては、ゼミ形式で学生が主体的に学びを進められるようにし、更には研究成果の発表を行う。発表を複数の教員で査定し、4年間の学習の成果を把握する。
(3-5)大学IRコンソーシアム「学生共通調査」を実施し、学士課程の成果を把握する。


入学者受入れの方針(アドミッション・ポリシー)2018年度入学者

保健学部 
健康福祉学科
保健学部健康福祉学科では、本学科の理念・目的を理解し、その達成に真摯に取り組む意欲のある人材を求めている。具体的には、次のような資質を持つ学生を求めている。

(1)求める学生像、資質
(1-1)健康な社会生活を科学的に探求し、健康と福祉の向上に貢献しようとする人
(1-2)発育発達やライフステージ、地域社会の多様性に興味・関心を持ち課題を発見しようとする意欲を持つ人
(1-3)幼児から高齢者まであらゆる世代の人々と積極的にコミュニケーションを図ろうとする態度を持つ人
(1-4)健康と福祉、医療について主体的に学習しようとする意欲のある人
(2)求める学習成果
「卒業認定・学位授与の方針」(ディプロマ・ポリシー)および「教育課程編成・実施の方針」(カリキュラム・ポリシー)に定める教育を受けるために必要な、次に掲げる知識・技術や能力を備えた人を求める。
(2-1)入学後の就学に必要な基礎学力としての知識や実技能力を有している。(知識・理解・実技能力)
・ 高等学校で履修する国語・社会・数学・理科(特に生物・化学・物理)・外国語などについて内容を理解し、高等学校卒業相当の知識を有している。
(2-2)知識・技能を活用して、自ら課題を発見し、その解決に向けて物事を多面的かつ論理的に考察することができる。(思考力・判断力)
(2-3)自分の考えを的確に表現し、伝えることができる。(技能・表現力)
(2-4)教育・人間・自然・文化などに関わる諸問題に深い関心を持ち、社会に積極的に貢献する意欲がある。(関心・意欲)
(2-5)積極的に他者と関わり多様な人々との対話を通じて相互理解に努めようとする態度を有している。(態度・主体性・多様性・協働性)
(3)入学者選抜の基本方針
本学科の教育理念・目標に合致した学生を選抜するために、以下のとおり入学者選抜を実施する。
(3-1)推薦入試
面接、適性試験(英語・国語・数学・物理・化学・生物より選択)および調査書の内容から学習成果を総合して評価する。
(3-2)AO入試 
面接、適性検査および調査書の内容から学習成果を総合して評価する。
(3-3)一般入試 
一般入学試験(英語(必須)・国語・数学・物理・化学・生物から2科目選択)の成績を中心に調査書の内容を総合して評価する。
(3-4)センター試験利用入試 
大学入学センター入学試験(英語(必須)・国語・数学・物理・化学・生物から2科目選択)の成績を中心に調査書の内容を総合して評価する。
(3-5)帰国子女入試
面接、適性試験(英語・国語・数学・物理・化学・生物より選択)および調査書の内容から学習成果を総合して評価する。
(3-6)外国人留学生入試
面接、適性試験(英語・国語・数学・物理・化学・生物より選択)および調査書の内容から学習成果を総合して評価する。


杏林大学について

入試ガイド

就職・キャリア

留学・国際交流

キャンパスライフ・施設

キャンパス案内

各センター・施設

研究・社会活動

PAGE TOP