1. 杏林大学トップ
  2. 学部・大学院
  3. 保健学部 理学療法学科の3つのポリシー

保健学部 理学療法学科の3つのポリシー


卒業認定・学位授与の方針 (ディプロマ・ポリシー)

教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)

入学生受入れの方針 (アドミッション・ポリシー) 2018年度入学者

卒業認定・学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)

保健学部
理学療法学科
保健学部理学療法学科では、教育目標を達成するため、卒業時点までに獲得すべき能力を以下のように定め、卒業の要件を満たし、これらをすべて修得したと認められる学生に、学士(理学療法学)の学位を授与している。

(1)高い倫理観
人間性が豊かで、高い倫理観を持ち、科学的手法を運用できる。
(2)高度な知識と専門技術
高度で先進的医療技術を理解すると共に、理学療法技術を身につけて実施できる。
(3)コミュニケーション能力
チーム医療の担い手として、多職種との円滑なコミュニケーションができる。
(4)問題解決能力
知識と技術を融合させ、問題を解決できる。
(5)国際的視野を持って地域で活動する力
地域社会のみならず、グローバル社会へ貢献できる。

教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)

保健学部
理学療法学科
保健学部理学療法学科では、卒業認定・学位授与の方針に掲げる能力などの修得のために、基礎分野(人間科学系・自然科学系・語学系)、専門基礎分野(医学系・保健学/衛生学分野)、専門分野(基礎理学療法学系・理学療法評価学系・理学療法治療学系・理学療法地域学・臨床実習系・総合領域)の領域を学年ごとに基礎的な科目から応用的科目へ発展するよう編成して、講義・演習・実習を適切に組み合わせた授業を実施する。系統的カリキュラムの可視化に関しては、順次性をわかりやすく示すため、科目ナンバリングや履修系統図を作成する。さらに、単位制度の実質化を図るため、履修可能上限単位を適切に設定する(CAP制)。
教育内容・教育方法・成果の測定については以下のように定める。

(1)教育内容
(1-1)高校から大学へのスムーズな移行を図るために
初年時教育として、高い倫理観と幅広い教養を養うため「哲学」「倫理学」「社会学」「法学」等を配置する。また、高校から専門科目を理解するために必要な「数学」「物理学」「化学」「生物学」等の自然科学を配置する。リハビリテーションの歴史や理念を理解するため「リハビリテーション概論」を配置する。
(1-2)医学的知識と理学療法の専門知識・技術を修得するために
専門的科目としては、「内科学」「外科学」「整形外科学」などの医学系科目を2年次に配置して、3年次より理学療法専門科目の「理学療法評価学概論」「運動系・内部系・神経系・小児系運動療法学」「義肢装具学」や「理学療法評価学実習」「義肢装具学実習」「ADL(日常生活動作学実習)」を配置する。
(1-3)コミュニケーション能力を修得するために
コミュニケーション能力(記述・表現力・議論・語学力)を養うため、初年時教育に「英語(英会話を含む)」、「日本語表現法」「医学英語」を配置して、2年次に「理学療法用語論(英語)」で専門的用語・英語表現ができるように配置する。
(1-4)問題解決能力を修得するために
「基礎ゼミ」で少人数によるグループワークを行い、学生自らが議論しながら問題解決能力を身につける科目を配置する。
(1-5)国際的視野を持って地域で活動する力を修得するために
地域社会における役割について「地域理学療法学」を配置する。また、グローバル社会への対応として、身近な視点からグローバルな視点で、リハビリテーションの使命を考える事が出来るように「地域と大学」「理学療法国際事情」を配置する。キャリア教育としては、病院・福祉施設などの見学実習や臨床実習を1年次から4年次まで計画的に配置する。
(2)教育方法
(2-1)問題解決能力を高めるため
他者と議論をする機会が多い少人数制によるゼミナール形式の授業を積極的に導入する。
(2-2)自己学習能力を高めるために
能動的学修を促す事前事後の学修課題を管理するため、インターネットを活用したeラーニングシステムを導入する。
(2-3)確かな技術力の向上のために
高度な専門技術の修得に、学外の病院や施設における臨床実習を導入する。地域とグローバル社会に関しては、ボランティアへの参加、海外留学などの機会を積極的に導入する。
(2-4)研究能力を高めるため
卒業研究に関しては、ゼミ形式で学生が主体的に学びを進められるようにし、更には研究成果の発表と論文を作成する。
(3)成果の測定
(3-1)各学期終了時に国際的な成績評価指標であるGPA(Grade Point Average)で評価する。
(3-2)理学療法学科専用ホームページより、専門科目の基礎と応用をeラーニングで、学生自身が学内・学外を問わず、到達度を確認できるシステムを構築する。
(3-3)3年次より専門課程に関して、定期試験とは別に外部委託の全国模擬試験を実施して、全国水準の測定を行う。
(3-4)客観的に臨床能力を測定するために少人数によるOSCE(Objective Structured Clinical Examination)を実施する。
(3-5)卒業研究に関しては、ゼミ形式で学生が主体的に学びを進められるようにし、更には研究成果の発表を行う。発表を複数の教員で査定し、4年間の学習の成果を把握する。
(3-6)大学IRコンソーシアム「学生共通調査」を実施し、学士課程の成果を把握する。



入学者受入れの方針(アドミッション・ポリシー)2018年度入学者

保健学部
理学療法学科
保健学部理学療法学科は、本学科の理念・目的を理解し、その達成に真摯に取り組む意欲のある人材を求めている。具体的には、次のような資質を持つ学生を求めている。

(1)求める学生像、資質
(1-1)モラルと倫理観を持ち、自分の行動規範を持っている人
(1-2)障害者・児に対する関心と理解がある人
(1-3)自分の周囲の問題だけでなく、社会的な観点から問題に関して、解決しようと努力する人
(1-4)グローバルに保健・医療・看護・福祉に関する積極的な学習意欲がある人

(2)求める学習成果
「卒業認定・学位授与の方針」(ディプロマ・ポリシー)及び「教育課程編成・実施の方針」(カリキュラム・ポリシー)に定める教育を受けるために必要な、次に掲げる知識・技能や能力を備えた人を求める。
(2-1)入学後の修学に必要な基礎学力としての知識や実技能力を有している。(知識・理解・実技能力)
・高等学校で履修する数学・生物学・物理学・化学などについて、内容を理解し、高等学校卒業相当の知識を有している。
(2-2)自ら見つけた問題に対し、積極的・意欲的に関わり、客観的に分析し、自分の持つ知識と技能を用いて、解決しようとした経験を有している。(意欲、問題解決能力)
(2-3)他者の立場や意見を尊重・理解した上で、自分の考えを的確に表現しながら、他者とコミュニケーションを取り、共同して学ぶ態度を有している。(思考力、判断力、表現力、コミュニケーション能力)
(2-4)保健・医療・福祉のみならず、教育、文化などに関わる社会の諸問題に関心があり、自らが積極的に関わっていこうとする意欲がある。(関心・意欲)
(2-5)グローバルな視野を持ち、国際社会の中で自分にできることを探そうとする意欲がある。(主体性・国際性)
(3)入学者選抜の基本方針
理学療法学科の教育理念・目的に合致した学生を選抜するために、以下のとおり入学者選抜を実施する。
(3-1)推薦入試
適性検査(国語・英語・数学・化学・物理・生物)、調査書、面接で総合評価する。
(3-2)一般入試
一般入試(英語必須、国語・数学・化学・物理・生物から2科目選択)の成績を中心に、調査書の内容を総合して評価する。
(3-3)大学入試センター試験利用入試
大学入試センター試験入試(英語必須、国語・数学・化学・物理・生物から2科目選択)の成績を中心に、調査書の内容を総合して評価する。
(3-4)帰国子女入試
適性試験、調査書、面接で総合的に評価する。
(3-5)外国人留学生入試
適性試験、調査書、面接で総合的に評価する。

杏林大学について

入試ガイド

就職・キャリア

留学・国際交流

キャンパスライフ・施設

キャンパス案内

各センター・施設

研究・社会活動

PAGE TOP