1. 杏林大学トップ
  2. 学部・大学院
  3. 保健学部 作業療法学科の3つのポリシー

保健学部 作業療法学科の3つのポリシー


卒業認定・学位授与の方針 (ディプロマ・ポリシー)

教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)

入学生受入れの方針 (アドミッション・ポリシー) 2018年度入学者

卒業認定・学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)

保健学部 
作業療法学科
保健学部作業療法学科では、教育目標を達成するために、卒業時点までに獲得すべき能力を以下のように定め、卒業の要件を満たし、これらをすべて修得したと認められる学生に、学士(作業療法学)の学位を授与する。

(1)高い倫理観
他者を尊重し、自己を律し、作業療法対象者や地域社会のために寄与することができる。
(2)豊かな創造性
柔軟な発想を基にした新たな知識・技術・システムを作り上げることができる。
(3)確かな専門知識と実務能力
作業療法学に関する豊富な専門知識を持ち、それを対象者に活用することができる。
(4)幅広いコミュニケーション能力を生かし、チーム医療へ貢献する能力
他者(他職種、作業療法対象者など)の立場や意見を理解した上で、自らの考えを表現することができる。
(5)問題解決能力
自ら問題に気付き、客観的な分析と高い意欲を持って問題を解決することができる。
(6)国際的視野を持って活動できる資質
多様な価値観や異文化を理解し、国際社会における日本の作業療法士の役割を考え活動できる

教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)

保健学部 
作業療法学科
保健学部作業療法学科では、卒業認定・学位授与の方針に掲げる能力などの修得のために、基礎分野科目、専門基礎分野科目、専門分野科目の3つの科目区分からなる授業科目を体系的かつ順次的に編成し、講義・演習・実習・臨床実習を適切に組み合わせた授業を実施する。特に専門分野科目は、基礎作業療法学系科目・作業療法評価学系科目・作業療法治療学系科目・地域作業療法学系科目・臨床実習系科目・総合領域科目の6つの科目領域に区分し、作業療法学における専門科目が体系的に修得できるよう授業を実施する。また、カリキュラムの体系を示すために、科目間の関連や科目内容の順次性を表現する番号をふる科目ナンバリングを行い、またカリキュラムマップや履修モデルを作成することで、カリキュラムの構造をわかりやすく明示する。さらに、単位制度の実質化を図るため、履修可能上限単位を適切に設定する(CAP制)。
教育内容、教育方法、評価については以下のように定める。

(1)教育内容
(1-1)高校から大学への円滑な移行を図るために
学士課程へのスムースな移行を図り、1年次の早い時期に作業療法士の役割・やりがい・面白さへの理解を促し、学業への意欲を高めるために、1年次に「作業療法学概論」「基礎作業学実習T・U」を配置する。また、1年次の夏の時期に、「見学実習」を配置することで、授業と作業療法臨床の結びつきを学生に理解してもらい、円滑な大学授業への移行を促す。
(1-2)高い倫理観を修得するために
基礎分野の科目履修を通して幅広い教養を身につけることを促す。「作業療法学概論」や各専門分野の科目の中で、作業療法士は職業人としてどのように行動すべきかについて、理解を促す。地域における保健・医療・福祉職や作業療法士に期待される役割の理解を促すため、「地域と大学」を配置する。臨床実習系科目のオリエンテーションや報告会の中で、作業療法士の行動規範の理解を促すため、「見学実習」「評価実習T」「評価実習U」「総合臨床実習」を配置する。
(1-3)豊かな創造性を身につけるために
自ら柔軟に意欲的に考え、行動する能力を修得するために、「基礎作業学実習T・U」「作業分析学T・U」「基礎ゼミ」「卒業研究」などを配置する。
(1-4)確かな専門知識と実務能力を修得するために
作業療法における4つの専門領域(身体障害・老年期障害・発達障害・精神障害)に応じた科目を配置する。座学で学んだ知識と実践技術を結びつけて理解することを促すために、「作業療法評価学実習T・U・V」「身体障害作業療法学演習」「発達障害作業療法学演習」「精神障害作業療法学演習」などの実習・演習科目を配置する。
(1-5)幅広いコミュニケーション能力を生かし、チーム医療へ貢献する能力を修得するために
学生同士のコミュニケーションが必要なグループワークを行う「基礎作業学実習T・U」「作業分析学T・U」「発達障害作業療法学演習」「精神障害作業療法学演習」「基礎ゼミ」「卒業研究」などを配置する。また臨床におけるコミュニケーション能力を修得するために、「見学実習」「評価実習T」「評価実習U」「総合臨床実習」を配置する。チーム医療の理解促進やキャリア教育のために「職業適性論」を配置する。
(1-6)問題解決能力を修得するために
リハビリテーションや作業療法における解決すべき問題に自ら気付き、客観的な分析と高い意欲を持って問題を解決する経験をするために「基礎ゼミ」「卒業研究」を配置する。また、臨床における問題解決能力を修得するために、「見学実習」「評価実習T」「評価実習U」「総合臨床実習」を配置する。
(1-7)国際的視野を持って活動できる資質を身につけるために
グローバルな視野を持って国際社会における日本の作業療法士の役割を考え活動できる資質を身につけるために「作業療法国際事情」を配置する。また、海外の大学との提携により短期留学の機会を設定する。
(2)教育方法
(2-1)高い倫理観を修得するために
作業療法士の行動規範の理解を促すために、臨床実習の場を活用する。「地域作業療法学系科目」においても、地域の高齢者や障害者と接する時間を設定し、作業療法士はどのような職業倫理を持つべきかについて学生に考えてもらう機会とする。
(2-2)確かな専門知識と実務能力を修得するために
専門分野の各授業の中で、基礎知識を伝えるともに、各教員の臨床経験から得た応用的知識も積極的に伝える。また、その知識と実務が結びつくような実習・演習科目の内容とする。
(2-3)コミュニケーション能力を修得するために
専門分野の各授業の中で、小人数のグループワーク、集団討論、学生による発表などの方法を積極的に導入する。臨床実習や「地域作業療法学系科目」において地域の高齢者や障害者と接することで、コミュニケーション能力向上を図る。
(2-4)豊かな創造性と問題解決能力を修得するために
「基礎ゼミ」「卒業研究」や臨床実習において、自ら考えた問題を創造的に、柔軟に解決する機会を積極的に導入する。
(3)成果の測定
(3-1)各学期終了時に国際的な成績評価指標であるGPA(Grade Point Average)で評価する。
(3-2)各年次における臨床実習の評価を用いて、倫理観、実務能力、コミュニケーション能力などを評価する。
(3-3)2年次以降は、科目横断的なテストを定期的に行い、専門知識を評価する。
(3-4)4年次より専門課程に関して、全国模擬試験を実施して、全国水準の測定を行う。
(3-5)卒業研究において、所属するゼミでの評価や、研究発表を基準に沿って評価することで、研究的態度や専門職者として研鑽し続ける姿勢に関する成果を測定する。
(3-6)大学IRコンソーシアム「学生共通調査」を実施し、学士課程の成果を把握する。



入学者受入れの方針(アドミッション・ポリシー)2018年度入学者

保健学部 
作業療法学科
保健学部作業療法学科は、本学科の理念・目的を理解し、その達成に真摯に取り組む意欲のある人材を求めている。具体的には、次のような資質を持つ学生を求めている。

(1)求める学生像、資質
(1-1)保健・医療・福祉に貢献したいという意欲を持ち、さらにその意欲を向上させたいという熱意を持つ人
(1-2)保健・医療・福祉に寄与するために基本となる豊かな人間性(他者への関心を持っていること、他者の気持ちをわかろうとする心があること、他者とコミュニケーションを取りたいという心があること、幅の広い関心や興味・視野があることなど)を持つ人
(1-3)高い倫理観と職業意識を持ち、さらにそれを向上させたいという熱意を持つ人
(1-4)自然科学や人文・社会科学を問わず、幅広く学問に興味があり、また、学びたいという意欲を持ち、さらにその意欲を向上させたいという熱意を持つ人
(1-5)作業療法に関する幅広い専門知識と技術を学ぶ意欲を持ち、さらにその意欲を向上させたいという熱意を持つ人
(1-6)創造性に優れ、新たな作業療法に関する知識や技術・システムを自らの手で創りたいという意欲を持ち、さらにその意欲を向上させたいという熱意を持つ人
(2)求める学習成果
「卒業認定・学位授与の方針」(ディプロマ・ポリシー)及び「教育課程編成・実施の方針」(カリキュラム・ポリシー)に定める教育を受けるために必要な、次に掲げる知識・技能や能力を備えた人を求める。
(2-1)入学後の修学に必要な基礎学力としての知識や実技能力を有している(知識・理解・実技能力)。
・高等学校で履修する国語、地理歴史、公民、数学、理科、外国語などについて、内容を理解し、高等学校卒業相当の知識を有している。
(2-2)自ら見つけた問題に対し、積極的・意欲的に関わり、客観的な分析をし、自分の持つ知識と技能を用いて、解決しようとした経験を有している。(意欲、問題解決能力)
(2-3)他者の立場や意見を尊重・理解した上で、自分の考えを的確に表現しながら、他者とコミュニケーションを取った経験を有している。(思考力、判断力、表現力、コミュニケーション能力)
(2-4)保健・医療・福祉のみならず、教育、文化などに関わる社会の諸問題に関心があり、自らが積極的に関わっていこうとする意欲がある。(関心・意欲)
(2-5)グローバルな視野を持ち、国際社会の中で自分にできることを探そうとする意欲がある。(主体性・国際性)
(3)入学者選抜の基本方針
本学科の教育理念・目標に合致した学生を選抜するために、以下のとおり入学者選抜を実施する。
(3-1)推薦入試
適性検査、調査書および面接の内容を総合して評価する。
(3-2)一般入試
一般入試試験(英語および選択科目)の成績を中心に、調査書の内容を総合して評価する。
(3-3)センター試験利用入試
大学入試センター試験(英語および選択科目)の成績を中心に、調査書の内容を総合して評価する。
(3-4)帰国子女入試
適性試験および面接から学習成果を総合的に評価する。
(3-5)外国人留学生入試
適性試験および面接から学習成果を総合的に評価する。

杏林大学について

入試ガイド

就職・キャリア

留学・国際交流

キャンパスライフ・施設

キャンパス案内

各センター・施設

研究・社会活動

PAGE TOP