1. 杏林大学トップ
  2. 学生のみなさんへ 大学の対応について 学長

学生のみなさんへ 大学の対応について 学長

学生のみなさんへ

新型コロナウイルス感染拡大における大学の対応について


学長 大瀧純一


前期授業について
 新型コロナウイルス感染症の拡大により、我が国においては4月7日に緊急事態宣言が出され、本学においても立ち入り制限がなされました。5月25日に解除されましたが、引き続き、感染防止と学生の健康に充分な注意を払うことが求められております。大学は多くの学生が集まることから、いわゆる「3密状態」になりやすく、クラスターが発生しやすい場所と言われています。

 本来ならば4月第1週からオリエンテーションが始まり、その後、7月中旬まで授業が行われる予定でしたが、新型コロナウイルス感染症の拡大により学生の皆さんだけでなく教職員も想定外のことに見舞われました。新型コロナウイルス感染症に関する文部科学省の方針を基に、シラバスに示してある授業内容を教授することを念頭に、授業の進め方を検討した結果、本学では感染防止と学生の健康に配慮し、前期※1(春学期※2)の授業は、
 ①資料や課題提示による授業
 ②収録動画配信による授業
 ③リアルタイム配信による授業
 の3種類の形式で実施することに致しました。学部の特殊性で、遠隔授業ではどうしても対応できない実験・実習等については、大学での開講を段階的に実施していく予定です。基本的には通常の教室で実施している内容を、在宅学習でできるよう遠隔授業を実施することとしていますが、どうしても不足する分野については、7月と8月に各科目で到達目標に達していない部分に対して、大学にて「3密状態」を徹底的に避けた状態で授業を受けられる補講期間を設け、前期・春学期終了時には通常授業と全く遜色ない状態にすることにしております。
 
学納金について
 現在の授業形態における学納金に関する質問が寄せられております。前述のとおり、前期・春学期授業が在宅学習にて実施されることにより、三鷹・井の頭キャンパスでの施設設備を利用できないことや、遠隔授業に変更されたことなどを理由として、授業料や施設・設備費の一部について返還を検討して欲しい等の意見が保護者の方や学生からも寄せられています。これらの意見に対し、大学として真摯に対応しなければならないと考えており、学納金の考え方についてご説明いたします。


 まず、授業料についてです。授業に関係する費用は、卒業に必要な総単位数である124単位(医学部、保健学部の一部を除く)を基に、原則4年間として設定しています。半期あたり、授業期間(15週間)と試験期間(2週間)をあわせて17週間で組んでおり、前期と後期(春学期と秋学期)の2学期制としています。授業料は、124単位分の総額を4年間に分け、それぞれ半期ごとに分納して頂いております。登録単位数の違いにかかわらず、各学期、各学年とも同額です。ただし、教職課程など実技や実習、免許や資格の取得にかかる費用については、別途納入いただく場合もあります。

 シラバスで示されている学修内容や学修レベルに到達したと判断されれば、評価とともに単位が認定されます。認定された単位は、どのような授業方法、例えば教室で受講する授業、課題や資料による授業やインターネットを利用した授業であっても、価値が変わることはありません。したがって、正式な単位が授与される限りにおいては、授業形態による授業料の変更はないと言えます。

 もう少し詳細に説明いたしますと、授業科目における単位の授与の可否については、授業科目ごとにシラバスで示している内容等に基づき、厳格な成績評価とともに決定されます。もし成績評価がDやEで不合格となった場合は単位は認定されず授与もされません。授業が実施され、授業を受講した後の結果であれば、単位が認定されないからと言っても授業料の返還は発生しません。今回のように大学へ授業を受けにくることができない場合においても、文部科学省が認めている形式の授業であれば、質と量を維持した上で単位を認定・授与することが可能です。本学でも国の方針にしたがい、皆さん方の健康に留意して、最大限の努力をしておりますので、現在の様式で単位習得は可能な状態です。

 次に施設・設備費についてです。杏林大学の学納金に定められている項目で施設・設備費についてのお問い合わせがありました。具体的には図書館や各施設設備を使用できないのだから施設・設備費を免除・減額を検討してほしいと言うご意見です。

 施設・設備費とは、本学の施設や設備の設置、更新、維持や管理の費用で学生に関係する部分に対して設定していますが、それも学生に関係する費用の全額ではなく、一部をお願いしております。施設・設備費には、校舎における教室の光熱費、エレベーターの維持管理費、インターネットでの情報提供料、ユニバーサルパスポートシステムの情報ネットワーク費、ソフトウェアの利用料、就職に関する電話回線等が含まれていますが、施設・設備費ですべてをまかなうわけには到底いきませんので、一部のご負担をお願いしております。したがって、施設・設備費は単なる施設設備の利用料ではなく、学生生活を送る上で、必要不可欠な費用の一部負担であります。遠隔授業によって使用しない期間があっても、費用としては教室の光熱費のごく一部にすぎませんので、本学の年間の施設・設備に要する費用はあまり変わらないものと思われます。したがって、施設・設備費の返還あるいは減額は検討しておりませんが、今回、遠隔授業に関する経費等も考慮して、些少ではございますが、クオカードをお送りさせていただくことに致しましたので、お納め頂きたいと思います。

学生生活支援や経済的支援について
 本学では独自の奨学金制度として杏林大学奨学金などの給付型奨学金がありますが、その他にも学生支援機構の奨学金、各自治体の奨学金、様々な団体の奨学金を取り扱っておりますので、ご自分の状況にあった奨学金をご検討ください。また、学納金の延納につきましては、所定の手続きをしていただくと最大8月31日まで可能であります。延納方法がわからない方は、井の頭キャンパスは学生支援課へ、三鷹キャンパスであれば医学部は医学部学生係、保健学部看護学科は看護学科三鷹事務室にお問い合わせください。

最後に
 新型コロナウイルスの感染症の拡大状況については、まだまだ予断を許さない状況ですが、早期の終息を期待し、9月16日からの後期(秋学期)には皆さん方と会えることを楽しみにしております。
 また、新入生の皆さん方においては、4月に開催できなかった歓迎会をぜひ実施したいと思っています。

※1医学部、保健学部は前期・後期と表記
※2総合政策学部、外国語学部は春学期・秋学期と表記


杏林大学について

入試ガイド

就職・キャリア

留学・国際交流

キャンパスライフ・施設

キャンパス案内

各センター・施設

研究・社会活動

PAGE TOP