Campus life / Facilities感染症対策

本学の新型コロナウイルス対応について

1.感染症の流行を防ぐために

大学内での感染拡大を防ぐため、出席停止となる場合があります。
学校保健安全法に基づき、以下の指定感染症に罹患した場合は速やかに大学までご連絡ください。

たとえば、インフルエンザ、ノロウィルス等感染性胃腸炎、百日咳など。確認してください。

  

2.予防接種・抗体価について(保健学部生対象)

<4種感染症(水痘、風疹、麻疹、ムンプス、麻疹)について>

・4種感染症の抗体価検査(血液検査)を入学後1年生の時に行います。
・4月の血液検査の結果を受けとった後、各自抗体価・ワクチン接種の見方と照らし合わせ、必要なワクチン接種を確認してください。
・検査結果を確認後、抗体価が不足している場合、外部医療機関にて自費で接種してください。(学内では接種できません。)
・4種ワクチン接種を受ける際は、受診する医療機関の説明を十分に受けその指示に従ってください。



<HB(B型肝炎)ワクチンについて>

・HBs抗原・HBs抗体価検査(血液検査)を入学後1年生の時に行います。
・4月の血液検査の結果を受けとった後、各自、抗体価・ワクチン接種の見方と照らし合わせてください。
 抗体陰性の場合、1年生の時にHBワクチン接種を学内で受けることができます。(申し込みが必要です)
・HBワクチン接種は、1回目と2回目の間は1か月間隔、3回目は1回目から6か月後に実施し、計3回接種します。
 その後、抗体が獲得できているか確認のための抗体価検査(血液検査)を行います。



■HB(B型肝炎)ワクチン接種前に予診票を各自ダウンロード・印刷をしてください。
太枠の中を記入し、接種当日持参してください。