International Programs留学中の安全管理

海外では、日本と異なる危機管理と健康管理が必要です。
健康で安全な留学生活を送ることができるよう事前に渡航先の関連情報等を十分に調べておきましょう。

安全対策の心構え

日本の治安の良さは世界でもトップクラスです。治安の良い日本にいると、危険に対する意識が薄くなりがちですが、同じ感覚を海外へ持ち込むと、思いもかけない事件・事故・犯罪に遭うことになります。海外では「危険は常に身の回りにある」ことを自覚し、「自分の身は自分で守る」という意識を常に持って行動することが大切です。

情報収集

犯罪や暴動などから身を守り、健康で安全な生活を送るために、現地事情に関する情報を収集しておくことが重要です。

*各国の安全情報
外務省海外安全ホームページ http://www.anzen.mofa.go.jp/

*外務省海外安全ホームページ 安全対策情報に関するムービー
海外安全劇場 http://www.anzen.mofa.go.jp/video/

*海外で流行している感染症の状況や風土病、必要な予防接種の情報など
厚生労働省(海外で健康に過ごすために) http://www.forth.go.jp

健康管理

体調不良のときは注意力が散漫になり思わぬ事故や事件に巻き込まれることになりかねません。
健康と安全は表裏一体です。日ごろから体調管理には十分気を付け、発熱などの体調が悪い時は無理せず、休養と栄養をしっかりとりましょう。

メンタルケア

生活環境や文化・言語の違い、学習面での困難などからストレスを感じ、それが高じると不適応を起こすことがあります。精神的につらくなったら我慢せずに周囲の人に相談しましょう。留学先では留学生をサポートするカウンセラーがいる学校が多くあります。遠慮なく相談してみてください。

在留届・たびレジへの登録

海外に渡航・滞在する場合には、外務省が実施している渡航登録サービス「在留届(3か月以上の留学)、たびレジ(3か月未満の渡航)」への登録をしましょう。留学先の在外公館の連絡先や、留学先国の海外安全情報などが見られ、在外公館が出す緊急一斉通報や最新海外安全情報メールの提供を受けられます。

*外務省海外旅行登録 たびレジ(3か月未満の渡航を予定している場合)
https://www.ezairyu.mofa.go.jp/tabieg/

*在留届電子届出システム(3か月以上の滞在を予定している場合)
https://www.ezairyu.mofa.go.jp/RRnet/

J-TAS

日本を離れ、なれない土地での生活では、いつもであれば簡単に解決できるトラブルも普段とは違ってきます。J-TASは留学生活中の様々な問題の解決をサポートしてくれます。病気、ケガの際の病院紹介、パスポート、クレジットカードの紛失など生活面のサポートと、突然の発熱、人間関係からくる不安など健康面でのサポートを受けることができます。
研修、留学に参加する学生は全員加入します。