Admissions guide東京都地域枠選抜(申請予定)
(2022年度入試)

医学部医学科

募集要項・提出書類等

※昨年度参考。2022年度入試版は準備中です。

2022年度入試概要

東京都地域枠選抜は申請予定のため内容等変更が生じる場合があります。
最終的な内容は、別途公開予定の2022年度杏林大学医学部学生募集要項(東京都地域枠選抜用)をご確認ください。


制度の概要

将来、医師として東京都の小児医療、周産期医療、救急医療、へき地医療に貢献したいと考えている東京都在住または東京都内の高等学校等の卒業(見込)者を対象とし、熱意と素質を持った入学者を選抜することを目的とします。これら入学者には、東京都が東京都地域医療医師奨学金を貸与します。



1.貸与金額
(1)学生納付金 3,700万円
(2)生活費 月額10万円
  
2.貸与期間
2022年4月から本学を卒業する月までの計6年間。
ただし、休学・停学の期間、あるいは留年により同一学年を再度履修している年度は、貸与を休止します。

3.奨学金の返還免除要件
次の(1)から(3)までの要件をすべて満たしたときに、奨学金の返還を免除します。
(1)大学卒業後、2年以内に医師国家試験に合格すること。
(2)医師国家試験合格後、速やかに医師免許を取得し、卒業した大学の付属病院(ただし、都内に所在する
  病院に限る。)で初期臨床研修を開始すること。
(3)初期臨床研修修了後、引き続き、小児医療、周産期医療、救急医療、へき地医療のいずれかの領域で、
  医師として、東京都が指定する医療機関に奨学金貸与期間の1.5倍の期間、従事すること。(初期臨床研修
  2年間は従事期間に含む。)
  ※将来、従事する領域(小児医療、周産期医療、救急医療、へき地医療)は、奨学金の貸与を受けた学生
  (医師)が選択します。

4.奨学金の返還について
3.の返還免除要件を満たさない場合、貸与が終了又は中止された日の翌日から起算して1ヶ月以内に、貸与を受けた奨学金と所定の利子の合計額を返還することになります。
募集人員 10名 (申請予定)
出願資格
出願要件

【出願資格】

出願時に以下のいずれかの要件を満たす者。
1.東京都内に住所を有し、かつ高等学校等を卒業した者、あるいは2022年3月卒業見込みの者。
 ※「住所を有し」とは、都内に居住実態があることを指し、住民票が都内でも、実際には都内に居住して
 いない場合は対象外です。
2.東京都内の高等学校等を卒業した者、あるいは2022年3月 卒業見込みの者。

【出願要件】

1.2022年度本学医学部一般選抜に出願する者。
2.東京都地域枠選抜として合格した場合に、本学医学部への入学を確約できる者。
3.医師国家試験合格後、直ちに大学在学期間(休学や留年等により奨学金の貸与を受けていない期間は除く)
 の1.5倍の期間(※)、小児医療、周産期医療、救急医療、へき地医療のいずれかの領域で、医師として、
 東京都が指定する医療機関に従事しようとする意志がある者。
 ※通常は9年間。9年間には初期臨床研修(杏林大学医学部付属病院で実施)の2年間を含む。
選考方法

【1次試験】
一般選抜1次試験を受験して頂きます。
合格者は「東京都地域枠選抜合格者」として発表します。

【2次試験(1次試験合格者が対象)】
一般選抜2次試験(小論文試験、面接試験)に加え、東京都による面接を受験して頂きます。
*東京都地域枠選抜に合格しなかった者も、一般選抜の選抜対象となります。

試験日程
一般選抜と同じ
試験会場 一般選抜と同じ
備考 (※)その他詳細については東京都のHPでご確認ください。
https://www.fukushihoken.metro.tokyo.lg.jp/iryo/sonota/tiikiiryoushiensenta/isishougakukin/tokubetushougakukin/

問い合わせ先

医学部事務課入試係

TEL:0422-44-1865
受付時間:平日9時〜17時、土曜日9時〜13時