教授
高木 眞佐子
(TAKAGI, Masako)

経歴
1999 3月 慶應義塾大学大学院文学研究科前期博士課程修了。
2002 3月 慶應義塾大学大学院文学研究科後期博士課程単位取得退学。
2002-2006 杏林大学 専任講師。
2006-2013 同  助教授(2007-准教授)。
2013- 同  教授。

先生の専門は何ですか?

15世紀のイギリスにおける出版印刷文化史を専門としています。活版印刷術はグーテンベルグ以来30年ほどでドイツから伝わりましたが、伝承者はウィリアム・キャクストンという元商人でした。画期的な技術を彼が導入する際に、どういう機械を使ったのか、どういうマニュアルや職人を使ったのか、活字はどうやって鋳造したのか、すべてが関心事ですが、中でも得意としているのが現存する印刷本とその元となった写本との比較です。テクストの行間から驚くほど多様かつ意外な、当時の活版印刷術の様相が浮かび上がります。

なぜ、その専門に興味を持ったのですか?

もともと『ナルニア国物語』や『指輪物語』などの、イギリスのファンタジーが大好きでした。そうした架空世界に中世のアーサー王伝説に依拠している部分が多くあることを知り、アーサー王について知りたくなったことが研究をはじめたきっかけです。中世の伝説・伝承が複雑に絡み合いながらもやもやとテクストが成立する過程を観察しているうちに、中世的なコンテクストがいかに近代へと橋渡しをされていったのかという歴史的な問題に興味が移っていきました。さらに、中世の終わりとルネサンスのはじまりの分水嶺として、活版印刷術が重要な技術革新だったと確信するにつれ、この問題について深く調べられたら素晴らしいと思いました。

先生の専門分野の「こんなところが面白い」を教えてください。

アーサー王伝説も活版印刷史も講座がありませんので、教えていません。担当している英語の中で活用できる専門知識はそれほど多くありませんが、現代英語を教える際にも、昔からの英語の発展や歴史を知っていると便利なことはあります。例えば中世はラテン語が公用語でしたから、今でもラテン語から取り入れた言葉がたくさん残っています。英語においては分野の専門性が高まるにつれてラテン語起源やギリシャ語起源の語彙が増えてくるというのは常識ですし、むしろ日常的な言葉の方が不規則活用が強くて覚えづらい、という経験は誰でもしたことがあるのではないでしょうか。単語レベルでもex-やin-のような接頭辞、-tionや-erのような接尾辞も、古典語からの借用が変化したものですし、assistantやattendantの-antように、分詞が名詞化したものもあります。流暢にしゃべるための助けになる知識ではありませんが、英語圏にもギリシャ・ローマの古典が深く根ざしている、という文化的な側面を実感してもらうのには便利です。

大学で専門的に学ぶことでどんな未来が?

一定以上の教養と語学力を身に着けた外国語学部の学生は、ぜひ社会に出てグローバルに活躍をしてもらいたいと思います。日本ではまだまだ、国際的な視野と言語能力を使って外国人に対応する人材が足りていません。日本を本当の意味で世界に開かれた国にするために、外国語学部の卒業生が活躍できるフィールドは多岐にわたっています。ぜひ、英語と中国語の素養をそれに付随する文化的教養を自分のものにして、大きく羽ばたいてください。

一覧へ戻る