Faculties & Graduate Schools保健学部 臨床心理学科の3つのポリシー

卒業認定・学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)

保健学部
臨床心理学科
保健学部臨床心理学科では、教育目標を達成するため、卒業時点までに獲得すべき能力を以下のように定め、これらをすべて修得したと認められる学生に、学士(臨床心理学)の学位を授与する。

(1)確かな知識と技術の修得・研鑽
心の健康の保持増進に寄与する者として必要な基本的知識及び技術を修得し、これを実践の場で活用することができる。
(2)幅広いコミュニケーション能力
多角的な視野とライフステージに対応した適切な人間理解とコミュニケーションスキルを身につけ、良好な対人関係を築くことができる。
(3)チーム医療へ貢献する能力
他者の立場や意見を理解した上で、自らの意見を表現し、連携・協働することができる。
(4)主体的な問題解決能力
人の心と身体に関心を持ち、自ら問題を発見し、解決に必要な情報を、根拠に基づいて統合し、解決できる。
(5)高い倫理観
他者を尊重し、自己を律し、心理的支援を要する者や地域社会のために貢献することができる。
(6)国際的視野を持って地域で活動する能力
多様な価値観や異文化理解に立脚した心理的支援を行うことができる。また、グローバル社会に向けて自らが果たす役割を考え、活動することができる。


教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)

保健学部
臨床心理学科
保健学部臨床心理学科では、卒業認定・学位授与の方針に掲げる能力などの修得のために、人文・社会学系、自然科学系、語学系からなる「基礎分野」、および基礎医学系、看護学・精神科リハビリテーション学系からなる「専門基礎分野」、心理学基礎科目系、心理学発展科目系、心理実習領域などからなる「専門分野」の3つの科目区分に授業科目を体系的かつ順次的に編成し、講義、演習、実習を適切に組み合わせた授業を実施する。カリキュラムの体系を示すために、科目間の関連や科目内容の順次性を番号で表現する「科目ナンバリング」を行い、カリキュラムマップを作成することで、カリキュラムの構造をわかりやすく明示する。さらに、単位制度の実質化を図るため、履修可能上限単位を適切に設定する(CAP制)。 教育内容、教育方法、評価については以下のように定める。

(1)教育内容
(1-1)高校から大学への円滑な移行を図るために
初年次教育として、高い倫理観と幅広い教養を養うため、「哲学」「生命倫理学」「社会学」「法学」などを配置する。また,基礎医学系科目を理解するために必要な「基礎生物」「基礎化学」「基礎数学」などを配置し、学生ごとに不足知識が補完できる機会を設定する。
(1-2)基礎医学教育の充実のために
基礎医学的知識を修得するため、「医学概論」「人体の構造と機能及び疾病」「精神疾患とその治療」などの基礎医学系科目を配置する。
(1-3)基礎心理学・臨床心理学の専門的知識を修得するために
心理学系基礎科目の充実を図るため、「心理学概論」「知覚・認知心理学」「学習・言語心理学」「神経・生理心理学」などを配置する。心理学の基礎理論を基盤に臨床心理学を学ぶ科目として、「臨床心理学概論」「健康・医療心理学」「心理学的支援法」「心理的アセスメント」「障害者(児)心理学」などの臨床心理学系科目を配置する。
(1-4)国際的視野でのコミュニケーション能力を開発するために
グローバル社会において必要なコミュニケーション能力の修得のために、1年次から4年次までの4年間を通して実用的な語学系科目である「英語T〜W」「英会話」「医学英語」を配置し、国際的視野でのコミュニケーション能力の開発を図る。
(1-5)問題解決能力を修得するために
基礎心理学・臨床心理学における解決すべき問題に自ら気付き、客観的な分析と高い意欲を持って問題を解決する経験を得るため、「基礎ゼミ」「卒業研究」を配置する。また、臨床場面における問題解決能力を修得するため、1年次に「心理基礎実習T」、2年次に「心理基礎実習U」、3年次に「心理実習」、4年次に「総合実習」を配置する。
(2)教育方法
(2-1)主体的な問題解決能力を修得するために
チーム医療へ貢献する人材としてのコミュニケーション能力や自己表現力、主体的な問題解決能力を修得するために、能動的学修(アクティブラーニング)を積極的に多くの授業に導入する。
(2-2)確かな専門知識を修得するために
専門分野の各授業の中で基礎知識を伝えるとともに、各教員の臨床経験から得た応用知識も積極的に伝える。また、その知識と実務が結びつくような実習・演習科目の内容とする。
(2-3)幅広いコミュニケーション能力とチーム医療へ貢献する能力を身につけるために
専門分野の各授業、および医療機関などでの見学・実習において、少人数のグループワーク、集団討論、学生による発表などの方法を積極的に導入する。
(2-4)問題解決能力を身につけるために
「基礎ゼミ」「卒業研究」や臨床実習において、自ら気づき、考えた問題を具体的に検討し、解決する機会を積極的に導入する。
(3)成果の測定
(3-1)各学期において、各科目の成績評価を国際的な成績評価指標であるGPA(Grade Point Average)で評価する。
(3-2)所定の臨床実習の評価を用いて、倫理観、実務能力、コミュニケーション能力などを評価する。
(3-3)卒業研究に関しては、ゼミ形式で学生が主体的に学びを進められるようにし、更には研究成果の発表を行う。発表を複数の教員で査定し、4年間の学習の成果を把握する。
(3-4)大学IRコンソーシアム「学生共通調査」を実施し、学士課程の成果を把握する。



入学者受入れの方針(アドミッション・ポリシー)2022年度入学者

保健学部
臨床心理学科
保健学部臨床心理学科では、本学科の理念・目的を理解し、その達成に真摯に取り組む意欲のある人材を求めている。具体的には、次のような資質を持つ学生を求めている。

(1)求める学生像、資質
(1-1)健康に関心をもち、保健、医療、福祉に貢献する意思をもつ人
(1-2)人に対する思いやりの心をもつ人
(1-3)幅広い多角的な視野をもつ人
(1-4)保健、医療、看護および福祉に関する学習意欲を備えている人
(2)求める学習成果
「卒業認定・学位授与の方針」(ディプロマ・ポリシー)および「教育課程編成・実施の方針」(カリキュラム・ポリシー)に定める教育を受けるために必要な、次に掲げる知識・技術や能力を備えた人を求める。
(2-1)入学後の就学に必要な基礎学力としての知識や実技能力を有している。(知識・理解・実技能力)
・ 高等学校で履修する国語・社会・数学・理科(特に生物・化学・物理)・外国語などについて内容を理解し、高等学校卒業相当の知識を有している。
(2-2)知識、実験、見学、実習を活用して、自ら課題を発見し、その解決に向けて物事を多面的かつ論理的に考察することができる。(思考力・判断力)
(2-3)自分の考えを的確に表現し、伝えることができる。(技能・表現力)
(2-4)人間・自然・文化などに関わる諸問題に深い関心を持ち、社会に積極的に貢献する意欲がある。(関心・意欲)
(2-5)積極的に他者と関わり多様な人々との対話を通じて相互理解に努めようとする態度を有している。(態度・主体性・多様性・協働性)
(3)入学者選抜の基本方針
本学科の教育理念・目標に合致した学生を選抜するために、以下のとおり入学者選抜を実施する。
(3-1)学校推薦型選抜
適性検査、面接および調査書の内容から、学習成果を総合して評価する。
(3-2)総合型選抜(AO入試)
面接、適性検査および調査書等の内容から学習成果を総合して評価する。
(3-3)一般選抜
一般入学選抜試験(英語および選択科目)の成績を中心に、調査書の内容を総合して評価する。
(3-4)大学入学共通テスト利用選抜
大学入学共通テスト(英語および選択科目)の成績を中心に、調査書の内容を総合して評価する。
(3-5)帰国子女選抜
適性検査、面接および成績評価証明書等の内容から、学習成果を総合して評価する。
(3-6)外国人留学生選抜
適性検査、面接および成績評価証明書等の内容から、学習成果を総合して評価する。