志望する企業についてだけではなく金融業界全体の構造も学ぶことができました

総合政策学部企業経営学科
3年 鈴木 捺美
(2018年取材)

東京都立福生高等学校出身

東京都立福生高等学校出身

先生と学生が同じ目線で議論する

私が所属する長谷部ゼミナールでは、学生それぞれが興味のある企業を一つ選び、その企業について徹底的に調べる活動を行っています。先生が毎回課題を課すので、ゼミナール生は次の回までにそれを準備し、報告を行います。報告後は、先生と学生が同じ目線に立って、忌憚なく意見を出し合い、どうしたらこの報告がもっと良くなるかを真剣に議論し合います。

志望する企業だけでなく幅広く学べる

私は金融に興味があったので、首都圏に拠点をもつY銀行を選びました。長谷部ゼミナールでの活動を通じて、志望する企業について詳しくなっただけでなく、業界全体の構造や法制度等についても学ぶことができました。次年度も金融に関連する別の企業について調べてみたいと考えています。

※記事および各人の所属等は取材当時のものです

ピックアップ

TATAMI を世界に広めたい!

総合政策学部企業経営学科 経営コース
2022 年3 月卒業
反頭 陸(たんどう りく)
(2022年2月取材)

消防士から、硬式野球部監督へ

杏林大学硬式野球部監督
井の頭事務部八王子分室 主任
(2021年9月取材)

ビジネスコンテストで磨いた力を武器に

総合政策学部企業経営学科
3年 林 蒼也
(2021年9月取材)

アイデアと行動力で思いを実現

総合政策学部総合政策学科
4年 荒井 優希
(2021年9月取材)