Research & Social Activity公開講演会・公開講座

杏林大学では本学の特色を活かして、医療系、人文社会科学系の公開講演会・公開講座を実施しています。
2021年度の講座をご案内します。


■開催形式:オンライン(Zoom)■参加方法:事前予約制 定員90名、先着順、参加費無料 ■共催・申込先:三鷹ネットワーク大学

(1)11月10日(水)「コロナに負けない体をつくろう!〜呼吸法も含めたプログラムの実践」

日程 講師 内容 申込先
11月10日(水)
14時〜14時45分
保健学部
理学療法学科
准教授
>> 一場友実
新型コロナウイルス感染症による活動自粛のため、日本人の平均歩数は世界に比べて2倍以上減少していると言われ、身体機能の低下がますます危惧されています。
これまでにメディアでも紹介してきた「自粛生活の今だからできるトレーニング」を中心に実践を行い、呼吸法も取り入れ更なる健康な身体を保つ方法を紹介します。
【こちら】

(2)11月18日(木)「新聞、ニュースの英語を読む」

日程 講師 内容 申込先
11月18日(木)
15時〜15時45分
外国語学部
英語学科
准教授
>>北村一真
インターネットを通じて、英字新聞の記事や英語のニュースなどに触れる機会が増えていますが、時事英語には一定の決まり事や固有の表現があり、その知識の有無で理解できる度合いも変わってきます。
本講座ではそういった時事英語の特徴を紹介し、ネット上の英語メディアをより楽しむためのきっかけを提供できればと思います。
【こちら】

(3)11月20日(土)「温暖化と北極圏の地政学」

日程 講師 内容 申込先
11月20日(土)
11時〜11時45分
総合政策学部
総合政策学科
教授
>>渡辺 剛
地球温暖化に伴い、北極圏の地政学的重要性が注目を集めています。氷が消えることで、東アジアと欧州や北米東海岸を短絡できる新たな航路の可能性が急浮上しました。また、氷に阻まれ採掘困難であった海底・地下資源も利用可能となりつつあります。それを巡る各国のつば迫り合いも加速し、北極圏に隣接しない国々も利権争いに参入している状況です。
本講座では、これらの現状について概説します。
【こちら】

(4)12月4日(土)「犯罪防止かプライバシーか〜 AI時代の到来」

日程 講師 内容 申込先
12月4日(土)
11時〜11時45分
総合政策学部
総合政策学科
講師
>>尾崎愛美
JR東日本で顔認証カメラを使い、刑務所からの出所者等を検知する防犯対策を講じていると、9月に報道され賛否の声が挙がりました。日本の捜査機関でも顔識別システムの運用が開始されているようです。
アメリカでは、反差別運動の高まりを受けて、顔識別システムを犯罪捜査に提供することを停止する企業が散見されたり、一部の都市や州では規制も設けられてきています。
日本では、どのような法的規制が求められるべきか、アメリカの法規制を参考にしつつ、講義します。
【こちら】

(5)12月11日(土)「写真で見るイギリス・オックスフォード〜 大学町の歴史と現在」

日程 講師 内容 申込先
12月11日(土)
11時〜11時45分
外国語学部
英語学科
教授
>>高木 眞佐子
丘と牧場に囲まれたイギリス最古の大学都市オックスフォードは世界最先端の研究の場ですが、他方では中世以来の風習をも大切に守っています。
5月1日のメイ・モーニング(春の到来を喜ぶ)、キリスト昇天日のビーティング・ザ・バウンズ(市壁の確認行事)、7月第三週に行われるスワン・アッピング(テムズ川の白鳥の数の確認)、11月11日のメモリアル・デー(第一次世界大戦の犠牲者を偲ぶ)などです。それらの一端を2018年からの在外研究中に撮影した写真とともに紹介します。
【こちら】

(6)12月17日(金)「英語の小説を楽しむ オスカー・ワイルドを読む」

日程 講師 内容 申込先
12月17日(金)
15時〜15時45分
外国語学部
英語学科
教授
>>倉林秀男
オスカー・ワイルドの短編小説「幸福な王子」を英語で味わうためのポイントをお話しします。英語で小説を読んで愉しむためにはどのような点に留意をすればよいのか、そしてワイルドの英語の表現の美しさを一端でも感じていただけるようなお話をします。 【こちら】

(7)2022年1月18日(火)「我慢していませんか?女性の排尿トラブルと骨盤臓器脱」

日程 講師 内容 申込先
1月18日(火)
15時〜15時45分
医学部
泌尿器科学
学内講師
>>金城 真実
 女性にとって排尿トラブル(トイレが近かったり尿もれなど)や骨盤臓器脱(膣から膀胱や子宮がでてきてしまう病気)はまれではありません。
 生活の質(QOL: Quality of Life)をとても低下させます。外出や趣味を控えていませんか?自分で出来る対策や最新の治療を知って快適な生活を取り戻しましょう。
しばらくお待ちください

(8)2022年1月22日(土)「バイデン政権のインド太平洋政策」

日程 講師 内容 申込先
1月22日(土)
11時〜11時45分
総合政策学部
総合政策学科
准教授
>>島村直幸
 バイデン政権は多国間主義を掲げ、同盟の重視を訴え、「アメリカは戻ってきた」と繰り返しアピールする一方で、「中間層のための外交」を展開すると繰り返し訴えてきました。
 「中間層のための外交」は、トランプ政権の「アメリカ第一主義」と何が違うのか―。保護主義に陥る危険はないのか―。アメリカ中心のリベラルな国際秩序ははたして維持されるのか―。これまでのバイデン政権の政治外交について、体系的に分析してみます。
しばらくお待ちください

講演会情報配信

聴講ご希望の方は下記の事項を記入の上お送りください。開催情報をご案内します。(予約ではありません)

皆様から頂きました個人情報については、講演会の案内の送付以外に使用する事はいたしません。
配信メールが受信できるよう、本学のアドレス koho@ks.kyorin-u.ac.jp の登録をお願いします。
1.氏名  2.E-mailアドレス