さらなる高みに向かう意欲が湧き上がる、刺激に満ちた大学です

医学部医学科
3年 内田 元
(2018年取材)

茨城県/私立茗溪学園高等学校出身

茨城県/私立茗溪学園高等学校出身

経験と独自の視点や工夫が散りばめられた「肉眼解剖学」

「肉眼解剖学」は、人体の仕組みを知るというだけではない、担当する松村先生の経験と独自の視点や工夫が散りばめられた講義でした。この「肉眼解剖学」で、医学に欠かせない、知識を繋ぎ合わせたり、イメージを膨らませたりすることを学びました。それは、単に解剖学への興味を喚起したばかりでなく、これまでに学んできた「生物学」「生理学」「生化学」といった基礎科学の理解を深め、さらにこの先の学習へのモチベーションを高めてくれました。

教員と学生、学生同士の距離が近く、多様な刺激を受ける機会に恵まれた環境

私は高校時代にラグビーで大ケガを負い、大学で本格的にラグビーに取り組むという、大学進学の目的を見失いました。そんな私が医学部進学を目標にしたのは高校卒業後のこと。決して順調なステップではなかったけれど、杏林大学医学部への進学は正解でした。ここは、教員と学生、学年を超えた学生同士の距離がとても近く、多様な刺激を受ける機会に恵まれ、さらなる高みをめざす意欲を湧き立たせてくれる大学だからです。

※記事および各人の所属等は取材当時のものです

ピックアップ

医師への道を歩み始めて

医学部医学科
1年 寺山 礼子
(2021年9月取材)

英語をツールに医療へ貢献

医学部医学科
6年 日髙 玲
(2021年9月取材)

学会発表に挑戦

医学部医学科
4年 中村怜(代表発表者)
6年 古田めぐみ
2年 青山稔
2年 大石崇裕
2年 大谷桃香
(2020年8月取材)

外科手技体験実習に関する調査

医学部医学科
6年 古田めぐみ(代表者)
4年 中村怜
2年 青山稔
2年 大谷桃香
2年 大石崇裕
(2020年8月取材)