受験生サイト サークル紹介 学生支援ポータル 学納金サイト  [在学生・保護者専用]

恩師の教えを心に、目の前の患者さんを救う

2006年 医学部医学科卒業
嶋崎 鉄兵さん
(2022年取材)

杏林大学医学部付属病院 感染症科 医局長

杏林大学医学部付属病院 感染症科 医局長

感染症医の役割と奮い立たせる気持ち

 「日本の医療従事者は、いまなお新型コロナウイルス感染症に立ち向かっています。感染症医としての私の役割は、外来や病棟での診療だけでなく、新しい感染症に対峙する医療従事者に正しい理解と行動を促していくことだと考えています」と語るのは、感染症専門医として医学部付属病院に勤務する嶋崎さん。嶋崎さんを奮い立たせるのは、「目の前の患者さんを救いたい」という気持ち。

新しい課題への対処で大切だったこと

 「新型コロナウイルスが初めて私たちの前に現れた2020年、医療現場は大変混乱しました。しかし、杏林大学医学部での6年間で学んだ知識や、卒業後、国内・米国での研修を経て獲得した判断枠組みは、この新しい課題に対しても十分応用可能であると考えています」

恩師の教えと、病院実習での取り組み

 『患者をよく観察し、話を聞く』という恩師の教えを大切にしているという嶋崎さん。
 「病院実習では、学生に行動をともにしてもらい、臨床現場を見てもらっています。医療従事者としての責任は重大ですが、達成感も多い職場です。医療職を希望するみなさんといつかともに働ける日が来るのを楽しみにしています。」

※記事および各人の所属等は取材当時のものです

ピックアップ

生涯にわたり学び成長できる仕事

1998年 医学部医学科卒業
大木亜津子さん
(2023年11月取材)

一生を捧げる価値ある職業

2004年 医学部医学科卒業
中澤春政さん
(2023年11月取材)

医学生らしいこと何でも
挑戦したい

医学部 医学科
3年 廣瀨元美さん
(2023年10月取材)

喜界島での6日間は一生忘れられない宝物

医学部医学科 1 年
服部 虎太郎さん
(2023年8月取材)