Faculty of Foreign Studies学部長挨拶

グローバルに、ローカルに活躍を

学部長
坂本 ロビン
(Robin Sakamoto)

 グローバル化が進む国際社会にあって、今もそしてこれからも、外国人や外国とまったくかかわりのない仕事や生活はありません。海外で活躍できる人材が求められているとともに、国内でも国際感覚をもって外国人と仕事ができる人材が求められています。グローバルとローカルを大切にする杏林大学外国語学部のキーワードは「日中英トライリンガル」と「ホスピタリティ」です。なぜなら今やアジアの時代であり、国際観光の時代だからです。

 このため、外国語学部では英語学科、中国語学科、観光交流文化学科の学生全員に、世界共通言語の英語に加えて、アジアでもっとも使用人口が多い中国語を必修とするとともに、世界に通じるおもてなしの心を養成するための実習を課しています。これは他大学にはない本学外国語学部の強みだと思います。

 学部の教育では学生がうわべだけでなく、中身のある人材になれるよう、語学教育をはじめとした基本の教育に力を入れ、さらに各教員の専門領域を活かした教育を行っていきます。批判的思考(クリティカル・シンキング)を養い、物事に対する多面的な見方を知った上で、自分の考えをはっきり主張できるようコミュニケーション能力を高めることがグローバルに、ローカルに活躍できる学生を育てることになり、その学生たちの活躍こそが杏林のブランドとして社会に定着するものになると思っています。

 外国語学部で学ぶ学生たちが、失敗を恐れずに勇気とチャレンジ精神を持って潜在能力を開花させることを私たち教員は願い、その目標を達成するために支援を惜しみません。これからも学部一丸となり、それぞれの教員の経験を活かしながら学生の教育に情熱を注いでまいります。