search

Menu

大学ホーム外国語学部一般の方出張講義

出張講義

出張講義のご案内

杏林大学外国語学部では、大学での教育・研究や知的資産を広く社会に活用していくための一環として、出張講義を行っています。これは、主として高等学校や予備校、地域学習センターなどからご要望をいただいた上で、本学部の専任教員が出張して講義を行うものです。謝礼・交通費は不要です。 多くの皆様からのご依頼を心よりお待ち申し上げております。

開講テーマ

ピックアップ

ジャンル別

語学・言語学

テーマ 講師 可能日
英語の5文型−本当に必要? 稲垣大輔 月・水
身体で学ぶ英語、その実践編 高木眞佐子
ことばと意味の関係を考える:「黒板消し」では黒板を消せないし、「たい焼き」には鯛が入っていないのはなぜだろう? 倉林秀男 水・金
言語景観入門:世界中の看板から見える文化と国民性 倉林秀男 水・金
日本語今昔−ことばの移り変わりを知る− 玉村禎郎 火・水・(金)
日本語への旅−語彙・意味の世界− 玉村禎郎 火・水・(金)
不思議な日本語 金田一秀穂 月・火・(水)
日本人の英語、アメリカ人の日本語−日本語の発音と英語の発音を比べてみよう 嵐洋子 応相談
英語学習「脱丸暗記」計画
―認知言語学が教えてくれる英文法・英熟語へのアプローチ
八木橋宏勇 応相談
中国語で何と言う? 千野万里子 応相談
「歩く」は“走“―はじめよう中国語― 藤田由香利
やさしい中国語で「お・も・て・な・し」 宮首弘子 応相談
一番学びやすい外国語―中国語 宮首弘子 応相談
中国語のある未来、中国語を学ぶ未来 池田尚広  

言語・文化・社会

テーマ 講師 可能日
地球市民のわたしたちができること 赤嶺恵理
毎日が異文化体験! 荒川みどり 応相談
英語と日本語の違いを考える―「する」型言語と「ある」型言語 稲垣大輔 月・水
あなたは “I love you” や “I don’t like him because he is rich” をどう訳しますか? −英語におけるイントネーションの重要性− 岩本和良
ディズニー・アニメから考えるポカホンタス神話 黒田有子
鎖国時代の日本人と外国語〜『ターヘル・アナトミア』をめぐる良沢と玄白〜 黒田有子
道徳と学校の不思議な関係 齋藤智志

【春学期】
月曜日と木曜日の終日

【秋学期】
月曜日の終日
ゲーテ『若きウェルテルの悩み』と書籍業者 長谷川弘子
阿倍仲麻呂の見た月 ・ 満江
シンデレラの物語にはなぜ魔法が出てくるのか? 高木眞佐子
映画『マイ・フェア・レディ』と音声学への招待 高木眞佐子
ジブリ映画字幕翻訳から学ぶ異文化間コミュニケーション 八木橋宏勇 応相談
外国人は日本をどう理解したか 楠家重敏 火・土
珈琲にまつわるエトセトラ 楠家重敏 火・土
新語・流行語を通してみる日韓社会 鄭英淑 応相談
グローバリゼーションは、ぼくらの生活をどのように変えたのか? 遠山菊夫 月・土
皆さんは「英語」のことをどれだけ知っていますか? 北村一真 応相談
オリジナルも吹き替えも、主人公は同じ気持ち? 小林輝美 応相談

国際観光

テーマ 講師 可能日
観光と環境はどのような関係? 井手 拓郎 応相談
観光資源としての食文化 宇佐美貴浩 応相談
ホスピタリティとサービス 神保真一 応相談
楽しみを創り出す−観光学ことはじめ− 古本泰之 月・火
一人ひとりが親善大使 −観光と異文化理解− 古本泰之 月・火
あの店の感動のサービス、あの夢の国のホスピタリティを科学する 野口洋平  
ホスピタリティのこころとマナー 志村良浩 応相談
世界から見た日本:外国人旅行者が感じる日本の魅力 安江枝里子  
“サービス”って何だろう? 柳田義男 応相談

外国語学部での学び

テーマ 講師 可能日
外国語学部で学べること 遠山菊夫  
杏林大学外国語学部の魅力 赤井孝雄  

出張講義の依頼方法

このページ最下部の出張講義題目一覧よりお選びください。題目一覧にない講義内容をご希望の場合は「出張講義依頼」のメールにご希望をお書き下さい。原則として1講座50〜90分を予定しておりますが、それ以外をご希望の場合はメールにお書き添え下さい。

依頼先 杏林大学入学センター
メールアドレス nyushi@ks.kyorin-u.ac.jp
電話番号 0422(47)0077(直通)

出張講義依頼メールには以下の事項をご記入いただければ幸いです。

  1. お名前(学校・機関名,ご担当の方)
  2. 出張場所の住所・連絡先・連絡方法
  3. 出張希望講義題目
  4. 出張希望日時(講義時間のご希望もお書き添えください。)
  5. 受講対象と概数
  6. その他(ご要望など)
このページのトップへ

PAGE TOP