search

Menu

大学ホーム外国語学部一般の方出張講義中国語のある未来、中国語を学ぶ未来

出張講義

中国語のある未来、中国語を学ぶ未来

キーワード 中国語、日中関係
可能曜日  
講師 池田尚広

領土問題や歴史認識の相違に、端を発し、悪化する日中の政治関係。PM2・5に象徴される環境問題。マイナスなイメージに伴って深まる両国国民の溝。それにもかかわらず、近年、数多くの中国人観光客が来日し、日本文化を学んでいきます。「爆買い」「インバウンド」といった言葉もいまやすっかり耳に馴染んでいます。果たして中国人は日本人のことが嫌いなのでしょうか。そして日本人は中国人のことが嫌いなのでしょうか。「一衣帯水」と言われる隣国、日本と中国の人々が互いにどのような印象をもち、どのような影響を与えあっているのでしょうか。

いったん街に出れば中国語が聞こえ、レストランに入れば中国語のメニューが用意されている。そういう時代にあって、いま私たちが向き合うべきはなんなのか、踏み込んで考えてみてもいい時代のように思えます。遣隋使、遣唐使の時代から数えて一千年以上も続く友好の歴史を振り返りながら、中国語を学ぶことで待ち受けている未来に思いをめぐらしたいと思います。

このページのトップへ

PAGE TOP