Faculty of Foreign Studies観光交流文化学科

外国語学部の大学案内パンフレット、願書のご請求はこちらから。

観光交流文化学科では「外国語×ホスピタリティマインド×専門知識・技術」で、観光と文化交流の分野で活躍できる人材を育成します。専門教育スタッフには、ホテルやエアライン、旅行会社等の現場経験者を有し、教室での学びに合わせて、学外での豊富な視察や実習、インターンシッププログラムを経験することで「ホスピタリティ」を体感し、実践的に応用できる力を身につけます。

科目ごとの目標等

講義科目の概要・目標・授業計画等については、シラバスに記載しています。

学びのかたち

“学び”とはただ単に知識をつめ込むことではありません。観光交流文化学科では、教室での学びだけでなく、五感で確認してみることも大切だと考えています。ゼミナール等の少人数演習科目を中心に、実際の現場へ足を運ぶ視察や実習、また、将来の進路を念頭においた職場での就業体験(インターンシップ)等、卒業後のキャリアを見据えた実践的なプログラムを数多く取り入れています。

観光交流文化学科卒業後の進路

キャビンアテンダントやホテルスタッフ、パッケージツアープランナーやツアーコンダクター、海外ボランティアなど、観光交流文化学科で身につけた実践力を生かして、観光やサービス業界など、さまざまなフィールドで活躍しています。