Faculty of Foreign Studies観光交流文化学科

実践的な語学力を磨き、 観光や国際貢献の分野で活躍する人材を養成します

外国語学部観光交流文化学科は「外国語」×「ホスピタリティマインド」×「専門知識・技術」の3つの角度から、観光や国際貢献の分野で活躍できる専門的な人材を育成します。そのための実践的カリキュラムを組み、学外での豊富な視察や実習、インターンシッププログラムも用意しています。

学生数 373名(男女比 男性:15%/女性:85%)
教員数 10名
学べる分野 観光学、外国語学、経営学、地理学、心理学、社会学、文化人類学、国際関係学など

観光交流文化学科ではこんな人を待っています

  • 観光産業や文化交流、国際貢献の分野で活躍したい人
  • 実践的な外国語運用能力を身につけ、課題を自発的に探究したいと考えている人

学びのポイント

1.将来像に合わせて選べる「3つの履修モデル」

実務経験豊富な教員と、学術研究に取り組んできた教員がタッグを組み、将来の希望や興味・関心に合わせた3つの履修モデル(右図)を用意しました。少人数制の丁寧な指導で、実践的で論理的な思考を養います。

2.「観光の現場で活きる語学」を習得します

必修科目である英語と中国語の習得には特に力を入れ、 観光産業や国際貢献の分野で活躍できる力を身につけることを目指します。また韓国語やドイツ語、フランス語、スペイン語など、目指す進路によって学ぶ言語を追加することもできます。

3.きめ細かなキャリア教育とインターンシッププログラム

航空、ホテル、旅行会社、観光協会などの現場を想定した教育に力を入れています。現場体験を通じて感じたことや疑問を探究し、観光に関わる職業に携わることの意義を、早い段階から見いだすことを目標としています。

目指せる将来像

客室乗務員、空港業務スタッフ、国際機関職員、コンシェルジュ、ホテルマネージャー、ツアープランナー、ツアーコンダクター、地域の観光振興団体スタッフなど

代表的な就職先

日本航空、ANAエアポートサービス、JALスカイエアポート沖縄、スターバックス コーヒージャパン、リゾートトラスト、JTB、ジェイアール東海ツアーズ、パレスホテル、星野リゾート、竹中工務店、森トラスト・ホテルズ&リゾーツ、東京地下鉄、羽村市

外国語学部の大学案内パンフレット、願書のご請求はこちらから。