Faculty of Foreign Studies観光交流文化学科

2021年度以降の1年次入学者用

人の移動と滞在、それを支えるホスピタリティを探究
地域活性化や国際交流の分野で活躍する人材を養成

人々の移動と楽しみを多角的に捉え、ホスピタリティ産業、地域活性化、国際交流に必要な専門知識と技術を習得します。さらにインターンシップやフィールドワークなどによって現場を経験し、理論と実践の両面から観光のプロフェッショナルをめざします。

学生数 371名(男女比 男性:15%/女性:85%)
教員数 10名

学びのポイント

1. 社会をより豊かにするウェルネスツーリズムの学び

心身の癒しや健康に関わるウェルネスツーリズム科目を学び、世界的に高まる保養や美容を目的にした観光への関心に応える知識と技能を養います。

2. 実践的な外国語運用力を高め、人をもてなす言葉の使い手に

英語+1外国語をもとに、各国・各地域の歴史や文化を学び、観光の現場で役立つ知識と教養を身につけます。

3. きめ細かなキャリア教育とインターンシッププログラム

観光関連企業や組織でのインターンシップや地域プロジェクトへの参加を通じて、現場で求められる課題発見・解決力を習得します。

1年次

観光と社会の強いつながりを知る

実践的な英語力を養うとともに、観光とホスピタリティの専門科目を通じて現代社会における観光事業の広がりを学び、2年次以降の基礎となる知識と技術を身につけます。

2年次

専門分野を見定め、実践を積みあげる

ウェルネスツーリズム論、航空サービス論、観光まちづくり論などの選択科目で専門知識を習得すると同時に、フィールドワークやインターンシップを通じて実践を積みます。

3年次

専門分野の視点からキャリアをデザインする

旅行産業論、宿泊産業論、コンテンツ・ツーリズム論など、より専門性の高い科目とゼミナールによって自分のキャリアを具体的にかためていきます。

4年次

4年間の集大成に取り組む

卒業論文・プロジェクトに取り組み、習得した知識を確認するとともに、自ら設定した課題を探究。論理的思考力を高め、リサーチ力や文章の表現力を向上させます。

目指せる将来像

客室乗務員 空港業務スタッフ 国際機関職員 コンシェルジュ ホテルマネージャー ツアーコンダクター テーマパークスタッフ ブライダルコーディネーター リゾート開発 鉄道・バス職員 公務員 地域の観光振興団体スタッフなど

代表的な就職先

リゾートトラスト株式会社、明治安田生命保険相互会社、株式会社星野リゾート、株式会社JALスカイ、株式会社三菱UFJ銀行、パルファン・クリスチャン・ディオール・ジャポン株式会社、大和ハウス工業株式会社、日本年金機構、ANAエアポートサービス株式会社、日本航空株式会社、ブルガリ・ジャパン株式会社、スターバックスコーヒージャパン株式会社、株式会社東邦銀行

外国語学部の大学案内パンフレット、願書のご請求はこちらから。