Faculty of Foreign Studies異人歓待からシェアリングエコノミーの時代へ―宿泊産業はどのように発展してきたか―

キーワード 宿泊産業・グローバルホテル・シェアリングエコノミー
講師 西山 桂子

宿泊の歴史は、無償で旅人を歓待していた巡礼に遡ることができます。その後、ヒルトンやマリオットに代表されるグローバルホテルチェーンの登場により、産業として発展していきます。現在は、空間を共有する民泊やゲストハウスの利用が盛んになる一方、様々な専門分野の人々がユニークな宿泊施設を考案・実現し、国内外でダイナミックな変化が進んでいます。宿泊の歴史の背後にある人々の考え方の変化や時代の要請について考えると同時に、現在進行中の宿泊施設の多様化についてお話しいたします。