search

Menu

大学ホーム外国語学部ゼミナールについて詳しく知ろう! 外国語学部 ゼミナール紹介

中国語学科 准教授 千野 万里子

学んでいる内容(研究テーマなど)

千野ゼミナールでは,以下の活動をゼミ生の希望に合わせて行っています。一つ目は中国語検定試験の対策です。ゼミ生の中国語力に合わせて3〜2級の対策を行っています。二つ目はプレゼンテーションの練習です。各自,自分の興味のある本を一冊選んで,数回に分けてほかのゼミ生に紹介します。発表の後は簡単な意見交換を行います。三つ目は中国語で書かれた文章をあらかじめ読んできてもらい,誰かに内容を要約してもらった後に感想を述べたり意見交換をしたりします。四つ目は日本語の作品とそれを中国語に訳したものを読み比べて,中国語と日本語にはどのような違いがあるのか,言語だけではなくその背景にある文化の違いについても考えます。

ゼミの特徴

ゼミの活動は学生が主体となって行っていて,教員は時々助言を与える程度です。ですから,ゼミ生には常に積極的に参加する姿勢が求められます。現在はゼミ生の人数が少ないため,プレゼンテーションや中国語の文章を要約してくる順番がすぐに回ってきてしまい, 少し大変そうではありますが,その分得るものも大きいようです。また,人数が少ないので,意見交換の際も遠慮する必要がなく,それぞれが自由に自分の意見を言い合っています。一人ひとり違った考えを持っているので,お互いがいい刺激を与え合っているではないかと思います。私も彼らの意見を聞いて,はっとさせられることもしばしばです。
ゼミ合宿は行っていませんが,不定期に懇親会を行っています。

受験生の皆さんへ向けたメッセージ

中国語学科
准教授 千野 万里子

外国語を新たに勉強し始めるのはとても大変なことですが,中国語については少し事情が違います。中国語は日本語と同じように漢字を使って表記しますし,中国語の基本語順は「SVO」であり英語と同じです。つまり,中国語は日常的に漢字を使い,中学高校で英語を学んできた日本人にとっては非常に学びやすい外国語といえます。また,中国が日本の最大貿易国であることや,日本を訪れる外国人旅行者の半数以上が中国・香港・台湾といった中国語圏の人々が占めていることから,多方面で中国語を使える人材が求められています。中国語の勉強を始めましょう。中国語学習は皆さんの知的好奇心を満足させるとともに,大学卒業後の選択肢を確実に増やしてくれるでしょう。

中国語学科 准教授 千野 万里子

中国語学科 野村一貴さん

  • このゼミナールを選んだ理由は?

    私が千野ゼミナールを選んだ理由は2つあります。まず1つ目は中国語の文章を日本語に訳しながら,中国語と日本語の違いについて考えるところです。同じ漢字を使っていても,中国語は日本語と全く発想が異なる表現方法も多く,訳すのに苦労します。訳しにくいところはゼミのみんなと相談しながら訳したりしますが,うまく訳せたときは達成感を味わうことができます。2つ目はプレゼンテーションの練習ができるところです。私は元からプレゼンテーション形式はあまり得意ではないのですが、将来、社会に出たときには会議などの場でプレゼンテーションを行う機会は今よりも格段に多いと思うので、プレゼンテーション技術を磨きたいと思いました。

  • ゼミの雰囲気はどうですか?

    少人数のゼミではありますが、みんな積極的にゼミの活動に参加していてゼミ生同士の意見交換も活発で、ゼミ生一人一人と先生との距離が近いので、わからないところや相談など先生に聞きやすい雰囲気が常に保たれています。また、ゼミ長、副ゼミ長だけではなくみんなが主体的に活動しているので、一人ひとりの個性が混ざり合い、うまくバランスの取れたゼミであると思います。

  • 就職を目指している業界や、取得を目指している資格はありますか?

    私は鉄道業界や航空業界などの運輸分野の仕事に就くことを目指しています。私は物心がついたときからずっと乗り物が好きで、今夏はバス業界のインターンシップに参加するなど様々な運輸業に興味を持っています。私は2020年の春に卒業しますが、その年の夏には丁度、オリンピックが開催される予定であり、航空、鉄道業界を利用する外国人も多くなると予測できるので、日本に来た外国人が不便にならないように少しでも貢献出来たらいいなと考えています。

  • 受験生の皆さんへ向けたメッセージ

    「正直、中国語って覚えるの大変そう」と最初はそう感じる方が多いかもしれません。しかし、実際に中国語を学んでみると、意外と日本語に似ている言葉を発見できたり、発音がほぼ日本語と同じ単語があったり面白い発見がたくさんあります。「英語が苦手だけど、何か一つは外国語をかっこよく喋れるようになりたい!」と考えている人は、ちょっとした興味でもいいので、是非、中国語を勉強してみましょう。これからが1番大変な時期だと思いますが、これを乗り越えたら研修や留学で中国や台湾に行けたりする、楽しく素敵なキャンパスライフが杏林大学で待っているので、皆さん、受験頑張ってください。応援しています。

このページのトップへ

PAGE TOP