大学ホーム外国語学部ゼミナールについて詳しく知ろう! 外国語学部 ゼミナール紹介

英語学科 齋藤ゼミナール

学んでいる内容(研究テーマなど)

私は哲学科の出身で、もともとは近代以降のドイツ哲学を研究していましたが、やがて教育思想にまで研究の幅を広げ、現在に至っています。

19世紀のドイツは「哲学の荒れ狂った時代」(哲学史家ザフランスキーの言葉)であり、さまざまな哲学者がそれぞれに独創的な哲学体系を打ち立てて対峙し、知的にスリリングな空間を形成していました。どの哲学者も、われこそは世界と人間の秘密を解き明かしてみせるという意気込みで仕事をしています。したがって、人間による認識の可能性とその限界、道徳、政治、美と芸術、言語、宗教など、人間的営みのあらゆる領域が探究の対象となっています。この時代の哲学を研究していると、人間の知的創造性の限りなさに尽きない興味を覚えます。そこで闘わされている議論はみな容易に答えの出るものではありませんが、だからこそ研究する価値があると私は考えています。容易には答えが出ない問い、それどころかそもそも答えを出すことなどできないかもしれない問いに、それでも臆せず挑むことが哲学なのだ、と私は19世紀の哲学者たちから教えられました。

そしてこの時代は、さまざまな教育思想が花開いた時期でもありました。子どもたちをいかに教育すべきかという問題は、子どもとは何か、ひいては人間とはどのような存在なのかという問いと当然ながら結びついています。そしてそれは、すぐれて哲学的な問いでもあります。ですからこの時代の教育思想は、同時代の哲学と共闘したり対立したりしながら展開してゆきました。私の研究領域が教育思想にまで及んだのは、いま考えれば当然の成り行きだったのかもしれません。

ゼミの特徴

私のゼミナールでは、教育を哲学的・思想的に研究しています。たとえば、「教育とは子どもをよりよくする営みである」と言われれば、それを否定する人はまずいないでしょう。ですが、「よりよくする」とはどういうことでしょうか。もっと端的に言えば、「よい」とはどういうことでしょうか。こうしたことを解明しないまま「子どもをよりよくする」と言っても、実はその内容は曖昧なままに留まります。そうであるならば、まずは「よい」とはどういうことかを解明しようとするのが、教育を哲学的に捉える態度です。一見あたりまえで、ふつうは探求の対象とならないような教育についての考えに対して、「本当はそれは何を意味しているのか」、「本当にそれは正しいのか」といった問いを携えながら探求の眼差しを向ける営みが私の考える教育哲学です。私のゼミは、こうした問いが問うに値するものであると思える学生たちの共同体でありたいと考えています。

受験生の皆さんへ向けたメッセージ

英語学科
教授 齋藤 智志

私はゼミナール以外では主に教職課程の授業を担当していますので、特に教師志望の皆さんに向けてメッセージを語りたいと思います。

本学科では英語教師を養成しています。いま英語教師に大きな期待が寄せられていることは、高校生の皆さんもご存じでしょう。日本はグローバル化にいっそう舵を切ろうとしており、それを推進する人材を育成するために、学校での英語教育の改革が急ピッチで進もうとしています。そしてそのために、その改革を担うすぐれた英語教師が求められています。したがって、教師としての力量があれば、活躍の場は日本中にあるはずです。実際、本学科卒業生は日本各所で教師として活躍しています。ですから教師志望の皆さんには、ぜひとも大学時代に教師としての力量を高めてほしいと思います。本学科、そして井の頭キャンパスには、そのためのカリキュラムと環境が用意されています。本気で教師になりたいと考えている皆さんに、私たちはサポートを惜しみません。教師になるという同じ志を持った仲間たちと本学井の頭キャンパスでともに学ぶ4年間を過ごしてみませんか。

英語学科教授 齋藤 智志
  • ゼミの雰囲気はどうですか?

    齋藤ゼミナールでは、先生の専門が哲学だということもあり、教育思想・教育哲学に関する文献を読みます。一つのテーブルを先生とゼミ生で囲み、文献を読んでその内容について説明したり、討論したりします。ゼミ生の数が少ないということも手伝って、一人ひとりの発言量は他のゼミと比べて多いです。自分の考えを自分の言葉で表現する力だけでなく、ゼミ生同士で意見を聞き合い、「そんな考えもあったんだ」と受け入れる力も求められます。私は発言するときも、発言を聞くときも自分自身を高める時間だと思っています。そのため、ゼミ中はどの瞬間を切り取っても自分にとって「学び」があると自信をもって言えます。

  • 就職を目指している業界や、取得を目指している資格はありますか?

    私は、現在教職課程を履修しており、英語科の教員を目指しています。杏林大学に入学して、それまで「こんな先生になりたい」という生徒側の目線だったものが「先生はどんな意図があってこんな質問をしたんだろう」と教員側の目線で捉えられるようになりました。もちろん、教職課程を履修し、必要な単位を取得すれば、教員免許は取得できます。しかし、本気で教員になりたいからこそ、「学ぶこと」に限界を設けてはならないと思います。どんな分野であれ、すべてが未来の生徒に還元するための「学び」なのです。杏林大学での学びは私に「より魅力的な先生になるんだ」という強い決心を固めるきっかけを与えてくれました。

  • このゼミナールを選んだ理由は?

    私が齋藤ゼミナールを選んだのは、ふだんは疑問を抱かないほど当たり前となってしまっている教育的な事柄に、教員を目指す者としてあえて向き合いたいと思ったからです。

    大学1年の時の教職課程の授業で齋藤先生が学生たちに「教育は善い行いであるのか」という問いを投げました。この言葉は私にとって衝撃以外の何ものでもありませんでした。しかし、この問いは私に「自分は教育の現場で当たり前だと思われていることしか知らない」と気づかせたのです。そして、自分が教育のプロである教員になるのであれば、教育の抱える問題についても向き合うべきだという考えにいたりました。例えば生徒から「どうして校則を守らなければいけないのか」と問われたらどう答えますか。もし齋藤先生によるあの問いがなければ私は「それが学校でのルールだから」という答えに留まっていたと思います。そもそも校則は何のためのものなのか、誰のためのものなのかと疑う思考を持ったいま、生徒も自分も納得できる答えを追及し続けていく決意です。

  • 受験生の皆さんへ向けたメッセージ

    英語学科の先生方は、学生に「英語が好き、英語を勉強したい」という気持ちさえあれば、授業時間以外でも、学生の目標達成のために手厚くサポートしてくれます。

    また、英語をたくさん話したいという学生のためには英語サロン(いわば大学内英会話教室)が開講されたり、質の高い英語の文章を書きたいという学生にはライティングセンターで英文添削の機会が与えられたりと、様々なサポートを受けることができます。

    しかし、学ぶことに受け身では杏林大学の良さを活かすことができません。学ぶことに貪欲でいることが学生生活4年間を充実させる第一歩であると私は思います。杏林大学の留学制度などを活用して高みを目指しつづけたいという人を一学生として心待ちにしています。

このページのトップへ