Graduate School of Health Sciences研究科長挨拶

保健学研究科長
岡島 康友

 保健学研究科は建学の精神である「眞・善・美の探究」を理念とし、研究者の養成、高度専門職業人の養成、関連する専門領域の教員養成を主な目的として掲げております。大学院修了後に専門職に就くことに重点をおく博士前期課程、修了後に教育あるいは研究職に就くことを意図する博士後期課程とに区分されます。博士前期課程では発展する社会の様々な分野で活躍し、指導的立場で活躍できる人材を養成するために、学問的知識を基盤として、実務でそれらを応用する能力が身につくようプログラムを組んでおります。博士後期課程では研究テーマに沿って研究を進めて行きますが、専門的な研究領域に進むだけではなく、関連領域をも幅広く学び、しかも高度な知識が身につくように組んでおります。また、研究者として基本的研究手法を身に付けるため、論文作成を通して研究者に求められる批判力、論理性、表現力の会得を目指しております。

 保健学は幅の広い学問領域であり、本研究科におきましても、健康、保健福祉、医療、看護、生命科学、細胞分子、基礎医学、臨床医学、臨床心理学、など多岐にわたる専門領域を網羅しています。教員は各々の領域の専門家でもありますが、また医学部付属病院、あるいは近隣の保健、医療、福祉施設などの現場とも連携・精通した教員も擁しております。また、今まで在籍する学生も様々な経験・背景をもっており、学際的かつ多様性のある幅広い研究領域で研究を行っています。本研究科では大学卒業直後の入学だけでなく、社会での経験を積んでからの入学、つまり社会人入学なども積極的に行い、多様な学生を受け入れてきた実績があります。保健学研究への希望と可能性に燃える方々のチャレンジを歓迎いたします。

保健学研究科の理念と目的

保健学研究科は、“眞・善・美の探究”という本学建学の精神に則り、「保健、医療、看護及び福祉の専門分野において、広い視野と豊かな学識を有し、専門性の高い業務を遂行する人材、並びに研究能力を有する人材を養成することを目的とする。

1.保健学専攻 博士前期課程では、学部教育や職業経験により培った知識・技術をさらに高め、専門職としての卓越した判断力と実践力、および指導力とマネジメント能力を持った高度専門職業人を養成する。 博士後期課程では、前期課程で培われた専門能力と識見、科学的な思考力をさらに深化させて、学問的基盤を確立するとともに、学際的・国際的な視野に立って諸課題を探究できる研究・教育者を養成する。

2.看護学専攻 博士前期課程では、学部教育や職業経験により培った知識・技術をさらに深め、卓越した看護実践力、および指導力とマネジメント能力を持った看護師・保健師・助産師を養成する。また、「がん看護」「精神看護」に関する専門看護師、感染管理や医療安全管理の指導者も養成する。 博士後期課程では、現代社会における看護・保健領域の複雑かつ多様な看護ニーズに応えるために、博士前期課程で培かわれた看護学の専門能力と識見、看護感性をさらに深化させて、学問的基盤を確立するとともに、学際的・国際的な視野に立って諸課題を探求できる研究・教育者を養成する。