search

Menu

大学ホーム保健学研究科教員一覧・オフィスアワー

教員詳細

項 目 内 容
教員名 照屋 浩司
フリガナ テルヤ コウジ
NAME KOJI TERUYA
職 位 教授
役職・委員(大学) 井の頭キャンパス 産業医
研究テーマ・分野 地域・職域における健康管理・健康増進、健康スポーツ医学、産業精神保健
担当科目(学部) 疫学(看護学科)、保健統計(看護学科)、公衆衛生学(看護学科)、看護研究(看護学科)、疫学、公衆衛生学(分担)、公衆衛生学I(分担)、公衆衛生学II(分担)、健康福祉学(分担)、健康福祉学実習、社会調査概論(分担)、社会福祉調査の基礎(分担)
担当科目(大学院) 臨床疫学、生物統計学演習、疫学、統計学I、統計学II、疫学セミナー
兼務・兼担 医学部
略 歴 学歴
慶應義塾大学医学部卒
慶應義塾大学大学院医学研究科修了、医学博士

職歴
慶應義塾大学医学部 助手
杏林大学医学部 助手、学内講師、講師、助教授を経て 平成16年より現職
所有する学位等 医学博士(慶應義塾大学)
所有する資格 医師、日本医師会認定産業医、日本医師会認定健康スポーツ医、健康運動指導士、社会医学系専門医制度指導医
主要研究業績 著書、執筆;
-照屋浩司(編著):最新臨床検査学講座 公衆衛生学 2022年版、東京、医歯薬出版、2022.
-照屋浩司(分担、翻訳):女性と健康の百科事典.女性と健康の百科事典翻訳刊行編集委員会編、東京、丸善、2022.
-照屋浩司(分担):エッセンシャル社会・環境と健康 第2版第12刷、東京、医歯薬出版、2022.
-照屋浩司(分担):復職ガイダンス活用ハンドブック 日本産業衛生学会関東地方会「産業保健における復職ガイダンス策定委員会」編、東京、篠原出版新社、2018.
-照屋浩司:コーヒーの効用(12648430)、産業医学ジャーナル 35(5)、71-73、2012-09、産業医学振興財団、2012.
-照屋浩司(分担、翻訳):ストレス百科事典.ストレス百科事典翻訳刊行委員会編、東京、丸善、2009. 
-照屋浩司(分担):疫学の理論と実践.東京、杏林書院、2007.
-照屋浩司(分担):健康寿命を延ばそう 高齢期をいきいき過ごすための運動・食事と医学知識.東京、第一出版、2007.

論文;
-Matsuda, K., Teruya, K., & Uemura, O. (2022). Urodynamic effect of vibegron on neurogenic lower urinary tract dysfunction in individuals with spinal cord injury: A retrospective study. Spinal Cord, 1-6.
-Jinno, M., Nagai, R., Takeuchi, M., Watanabe, A., Teruya, K., Sugawa, H., Hatakeyama, N. & Jinno, Y. (2021). Trapa bispinosa Roxb. extract lowers advanced glycation end-products and increases live births in older patients with assisted reproductive technology: a randomized controlled trial. Reproductive Biology and Endocrinology, 19(1), 1-14.
-Ito, Y., Teruya, K., & Nakajima, E. (2021). Evaluation of pain severity in critically ill patients on mechanical ventilation. Intensive and Critical Care Nursing, 103118.
Kojima, K., Goto, M., Nagashima, Y., Saito, Y., Kawai, M., Takebe, S.,Egawa, A., Tanba, M., Ishikawa, K., Matsuoka, H., Masaki, T., Sunami, E., Ohura, N., Teruya, K., Eto, K., Nozawa, K., Sakamoto, K. & Funahashi, K. (2021). Effectiveness of negative pressure wound therapy for the wound of ileostomy closure: a multicenter, phase II randomized controlled trial. BMC surgery, 21(1), 1-10.
-Okayama, K., Sasagawa, T., Teruya, K., Oda, M., Fujii, M., Kimura, H., & Okodo, M. (2021). Profiles of Human Papillomavirus Detection of the Multinucleated Cells in Cervical Smears. Microorganisms, 9(8), 1575.
-Shimoyama, H., Sugiyama, M., Suzuki, Y., Teruya, K., Ohki, A., Kishiki, T., ... & Abe, N. (2021). Bilateral flank compression maneuver for reducing pain on coughing after abdominal surgery: A prospective study. Journal of the American College of Surgeons.
-Okodo, M., Okayama, K., Teruya, K., Kimura, H., Noji, N., Ishii, Y., ... & Sasagawa, T. (2020). Koilocytic changes are not elicited by human papillomavirus genotypes with higher oncogenic potential. Journal of Medical Virology.
-Kojimahara, N., Muto, G., Teruya, K., Nogawa, K., & Doki, S. (2020). Return-to-work in Japanese Occupational Health Settings: A Systematic Review and Recommendations. Tokyo Women's Medical University Journal, 2019007.
-Iijima, J., Okayama, K., Teruya, K., Hata, H., Shiina, N., Yabusaki, H., & Okodo, M. (2019). A study of the relationship between nuclear contour thickening, nuclear enlargement and human papillomavirus infection in squamous cells. Cytopathology, 30(6), 644-649.
-Hata, H., Okayama, K., Iijima, J., Teruya, K., Shiina, N., Caniz, T., ... & Okodo, M. (2019). A Comparison of Cytomorphological Features of ASC-H Cells Based on Histopathological Results Obtained from a Colposcopic Target Biopsy Immediately after Pap smear Sampling. Asian Pacific journal of cancer prevention: APJCP, 20(7), 2139.
-Suzuki, Y., Teruya, K., Mochizuki, H., Nagasawa, A., Kondo, T., & Shimoda, N. (2019). Evaluation of Activities of Daily Living/Instrumental Activities of Daily Living to Accurately Determine Severity of Moderate and Severe Alzheimer’s Disease: Comparison of Assessments by Receiver Operating Characteristic Curve and Discriminant Analyses. Dementia and geriatric cognitive disorders extra, 9(2), 227-235.
-Okodo, M., Okayama, K., Teruya, K., & Sasagawa, T. (2018). Uniplex E6/E7 PCR method detecting E6 or E7 genes in 39 human papillomavirus types. Journal of medical virology, 90(5), 981-988.
-三宅英司、八並光信、倉林 準、照屋浩司:バドミントンの障害に関する疫学的研究.日本臨床スポーツ医学会誌 25(2);223−231:2017
-Ito, Y., Teruya, K., Kubota, H., Yorozu, T., & Nakajima, E. (2017). Factors affecting pain assessment scores in patients on mechanical ventilation. Intensive and Critical Care Nursing, 42, 75-79.


学会発表;
-照屋浩司、楠田美奈、岡本博照、戸井田千鶴、太田ひろみ:児童の超音波骨評価値におよぼす生活習慣の影響.第78回日本公衆衛生学会総会、高知、令和1年10月.
-照屋浩司:子供の健康〜医療からのアドバイス〜「骨を育てる子供の生活習慣」.第41回杏林医学会総会市民公開講演会、三鷹、平成24年11月17日.
-照屋浩司、岡本博照、岩見文博、大嶺智子、深澤進次、福田潤、松井知子、土田幸介、渡会理映子、上村隆元、角田透:運動相談事業に参加した中高年住民の循環器機能について.第70回日本公衆衛生学会総会、秋田、平成23年10月.
-照屋浩司、岩見文博、片桐朝美、太田ひろみ、石野晶子、大嶺智子、加藤英世:幼児における音響的骨評価値の経年的変化と成長との関連について.第69回日本公衆衛生学会総会、東京、平成22年10月.
所属学会 日本産業衛生学会(代議員、産業衛生指導医) 日本健康科学学会(常任理事) 日本ストレス学会(理事) 杏林医学会(評議員、編集幹事) 日本産業精神保健学会(評議員、産業精神保健専門職) 日本健康学会(評議員) 日本衛生学会(代議員) 日本公衆衛生学会 日本体力医学会 日本臨床スポーツ医学会 ほか
公的な委員会等の役員・委員歴 労働衛生指導医(東京労働局)
作業環境測定士 試験員
居室・研究室 A棟5階 503号室(教授室)
メールアドレス prevmed.kyorin@gmail.com (実際は半角で)
オフィスアワー 月曜日10時〜11時30分:A棟5階503号室(照屋教授室)を覗いてみて下さい。
関連サイト なし

このページのトップへ

PAGE TOP