Faculty of Foreign Studies教員紹介

項目名 内容
教員名 高木 眞佐子
教員名フリガナ タカギ マサコ
職位 教授
役職・委員(大学) 男女共同参画推進室運営委員、外国語学部FD委員
所属 外国語学部 英語学科
研究テーマ・分野 英文学(中世)、外国語教育(英語)、表象文化
専門分野(大学院) 中世英文学(15世紀)、日本文化交流史
担当科目(学部) 英米文学、児童文学、英語文学、英語の世界、テーマで学ぶ現代社会、英語科目(観光英語、実用英語演習)、キャリアデザイン
担当科目(大学院) 日英比較言語社会学特論,応用言語学
略歴 1984-1985 Youth for Understanding(YFU)で一年間の高校留学。カリフォルニア州モデスト市で過ごす。
1991 3月  慶應義塾大学文学部、フランス文学専攻卒業。 
1991-1995 百貨店に勤務。酒類販売を通じワインと日本酒が持つ文化と伝統に目を啓かれる。
1995 4月  母校に学士入学、英米文学専攻。歴史と神話の交差点としてのアーサー王伝説に興味を持ち大学院に進学。中世英文学の世界に親しむ。
1999 3月 慶應義塾大学大学院文学研究科前期博士課程修了。
2002 3月 慶應義塾大学大学院文学研究科後期博士課程単位取得退学。

2002-2006 杏林大学 専任講師。
2006-2013 同  助教授(2007-准教授)。
2013-     同  教授。
2018年9月〜2019年9月 英国オックスフォードにて在外研究。
所有する学位 文学学士、修士(文学)
論文・著書等を含む
主要研究業績
○(論文)「ジョン・ハーディングの諸相」.2020年度 極東証券寄附講座 文献学の世界『書物に描き出された時/時の中の書物』安形麻理編,慶應義塾大学文学部,2021年,pp. 43-57.

○(論文)「アニメ『円卓の騎士物語燃えろアーサー』と『燃えろアーサー白馬の王子』 : その成立過程と評価」.『杏林大学外国語学部紀要』第33号 (2021年),pp. 83-104.

○(論文)「キャクストンとブルージュ」.『杏林大学外国語学部紀要』第31号 (2019年),pp. 11-24.

○(論文)“Malory in Japan,”_A New Companion to Malory_, Megan Leitch and Cory James Rushton, eds. Arthurian Studies LXXX, Oxford: Boydell and Brewer, 2019, pp. 271-95.

○(書評)“Daniel Wakelin, _Scribal Correction and Literary Craft: English Manuscripts 1375-1510._ Cambridge: Cambridge UP, 2014.” _Studies in Medieval English Language and Literature_ 33 (2018): 85-90.

○(論文)“Retrograde Text: Manifestation of Authenticity?” _Studies in Medieval English Language and Literature_ 30 (2015):59-69.

○(論文)“Caxton's Exemplar and a Copy from Caxton's Edition of the _Chronicles of England_: MS HM136 and BL Additional 10099.” _Arthuriana_ 22.4 (2012): 120-39.

○(論文)“Caxton’s Revision of _Le Morte Darthur_: The Tudor Propaganda and Self-Filling Political Prophecy.” _Poetica_ 77 (2012): 61-77.

○(論文)「武勲詩の伝統から『カスピアン王子のつのぶえ』へ―シンボリカル・ナラティヴと年代記」,『中世主義を超えて―イギリス中世の発明と受容』松田隆美・原田範行・高橋勇編 東京:慶應義塾出版会,2009年.323-58ページ.

○(教科書編集改訂)『実践英語教育プログラムPractical English Program 2』杏林大学外国語学部編 東京:DTP出版,2009年.

○(翻訳)「ジョン・リドゲイト」「トマス・ホックリーヴとシャルル・ドルレアン」「ロバート・ヘンリソンとウィリアム・ダンバー」,『中世イギリス文学入門―研究と文献案内』煖{利行,松田隆美編 東京:雄松堂出版,2008年.215‐31ページ.

○(翻訳)第25回雄松堂フォーラム2007 「古書談義:日米のビブリオフィルが語る《世界を変えた書物》マイケル・ライアン氏講演記録」(講演会配布資料)

○(デジタルアーカイヴ)慶應義塾図書館デジタル・ギャラリー インキュナブラコレクション,Caxton’s Chronicles of England, St. Alban’s Chronicle
2006年文部科学省オープン・リサーチ・センター助成研究組織デジタルアーカイヴ・リサーチセンター(CARC) 研究プロジェクト “Digital Gallery of Rare Books and Special Collections, Digital Gallery of Keio University Library.” 2007 (date unknown).

○(論文)「印刷家ウィリアム・キャクストンの政治意識―『イングランド年代記』刊行をめぐって」『続 剣と愛と―中世ロマニアの文学』研究叢書40 中央大学人文科学研究所編,東京:中央大学出版部,2006年,41-67ページ.

○(デジタルアーカイヴ)BL Add. 10099 in the Imagining History Project by Queen’s University, Belfast, directed by John Thompson, with Stephen Kelly and Jason O’Rourke,
19 June, 2006.

○(教科書共著)田中茂彦,遠山菊夫『使える・話せる実践英語習得プログラム A Practical English Program (PEP)』東京:成美堂,2006年.

○(記事)「聖杯の流行する時代」海外新潮『英語青年』2005年2月号

○(共同執筆)A.S.G. エドワーズ,松田隆美,ニール・マクリン,中野涼子,大沼由布,ジョン・スカヒル,ウィリアム・スネル,高宮利行,徳永聡子『Mostly British ―ローマ帝国からイギリス・ルネサンスへ―慶應義塾図書館所蔵稀覯書展』 松田隆美編,慶應義塾大学,2001年.

○(共著論文)With Toshiyuki Takamiya, “Caxton Edits the Roman War Episode: The _Chronicles of England_ and Caxton's Book v,” in _The Malory Debate: Essays on the Texts of Le Morte Darthur,_ edited by Bonnie Wheeler, Robert L. Kindrick, and Michael N. Salda. Cambridge: Brewer, 2000. pp. 169-90.
所属学会 日本英文学会、日本中世英語英文学会、国際アーサー王学会、日本認知言語学会、舞踊学会、他
学外活動 クラシックバレエ
ひとことメッセージ 「天の下の出来事にはすべて定められた時がある。」
≪コヘレト3.1≫

大学時代は、幼かった人格が完成し一人前になっていくかけがえのない日々です。一瞬一瞬を精一杯に生きることがそのまま血肉となり一生の財産となる贅沢な時間でもあります。全身を使って大いに学び、時には悩み苦しみ、でもたいていは楽しみながら、人生の旅路をより彩り豊かに育てていきましょう。

-------------------
○「ことばと芸術」
 ことばに関心を寄せている学生諸君は、ことばをどんな風に捉えていますか? たいていの場合、人々とのコミュニケーションの道具として、極めて実用的に捉えている場合が多いのではないでしょうか。
 けれども、感動するスポーツのプレーや、魂を振るわせるダンス、そして心を奪われるような歌声と同じように、「ことば」は人を感動させる要素を持っています。「ことば」を紡ぐ文学は芸術にもなりえるのですね。学生諸君には、学生時代に「ことば」が持つ付加価値、つまり人を勇気づけたり感動させたり、または真理に導いたり諭したりするチカラに気付いてもらいたいと思っています。

○「ことばとジャーナリズム」
 現在わたしは、中世後期のイギリス人の歴史認識と記述の問題に関心を寄せています。政治学などの周辺の学問分野も大きく関わっています。実は中世でも現代と同じように、権力者を意識して政治プロパガンダの片棒を担ぐ者がたくさんいました。そういう人々がどんな動機でどういう手法を使ったのか、またはどのような人々を巻き込んでいったのか(または失敗したのか)、などがわたしの関心の中心です。そこには、何百年も後の現代ジャーナリズムが抱える矛盾の萌芽が見て取れるように思います。

 この問題を考える上で、文献学の研究が役に立ちます。15世紀後半のヨーロッパが写本文化から印刷文化への移行期に差し掛かっていたという点は見逃せません。僧侶によって手で書かれていた本という媒体は、印刷機によって一度に大量のものが生産されるようになりました。これにより前の時代とは情報伝達の速度や範囲に大きな違いが生まれたのです。ちょうど我々が、ツイッターやフェイスブック、インスタグラムといった新しいツールの登場で、新聞・テレビ・ラジオだけの時代とは格段に違う情報の世界を体験していることと重なるかもしれません。

 激化する情報戦の中でフェイクニュースが投下されたり、特定の権力者が持ち上げられたりするのは、中世も現代と似ていました。中世後期の英国は、わたしたちと日頃おつきあいのある身近な世界と思いがけない部分でつながっているのです。

○「ことばとイギリスの文化」
 文学というと絵空事だったり、楽しげに蝶や花が飛んでいるお花畑のファンタジーばかりの世界だと思っていませんか? もちろんそういう部分もありますが、本来文学とは遙かに時間的にも空間的にも射程が長く複雑なもの。その文学の限界ぎりぎりに挑んでいくというのが、わたしは研究の醍醐味だと考えています。

 イギリスの中世や写本文化、それらを取り巻く人々の生々しい営みや、歴史のもたらす偶然と必然。こんなダイナミックな世界に興味がありましたら、ぜひ研究室にお立ち寄りください。
関連サイト 教員が語る研究することのおもしろさ