大学ホーム医学部教室紹介生物学教室

生物学教室

教室専任教員

教授 粟崎 健
講師 佐藤 玄 平井 和之 加藤 健太郎

教室概要

医学部生物学教室は、昭和45年4月に発足以来、植村利夫、大川真澄、劉逸民、森元、松田宗男の歴代教授によって引き続きつがれてきました。平成26年3月に松田宗男教授が定年を迎え、同年4月より粟崎健が教授となり、現在は、佐藤玄講師、平井和之講師、加藤健太郎講師、博士研究員の小野(織原)美奈子、松田宗男名誉教授により生物学教室を運営しています。生物学教室は、医学部初年度学生(M1)に対する教育として「入門生物学」、「生物学」、「生物学実習」、「分子生物学」の担当、ならびに「プレチュートリアル教育」の運営とチューターを担当しています。また、附属看護学校の「生物学」も担当しています。各教員は、遺伝学、分子生物学、発生学、神経科学の分野での研究を行い、学内だけでなく学外の研究者と連携し、様々な共同研究を展開しています。

教室の社会的活動

松平成14年度より「ナショナルバイオリソースプロジェクト(NBRP)、ショウジョウバエ」のサブ機関として活動して来ました。平成29年度より新たに5年間、第4期NBRP・ショウジョウバエ(AMEDバイオバンク事業)のサブ機関として「 ショウジョウバエ近縁種野生系統と突然変異系統の収集・維持管理・提供 」事業を継続し、系統管理及び内外への系統提供を行っています。NBRPについては、研究補助員(前田、 戸村、森實、水谷)と、実験助手(佐藤)の協力のもと、事業を推進しています。
詳細はKYORINflyのサイトへ。

研究グループ及び研究課題

粟崎、加藤、小野(織原)は、ショウジョウバエ脳中枢組織系をモデル実験系に用いた、神経系の発生・分化・進化と神経-グリア相互作用に着目した研究を展開しています。ショウジョウバエをモデルとした系から、グリア組織の基本的な機能の解明を目指し、2012年度よりはじまった新学術領域研究「グリアアセンブリによる脳機能発現の制御と病態」に参加しています。佐藤は、ショウジョウバエの精子形成と雄組換えについての研究を、平井は、アナナスショウジョウバエにおける単為生殖につていての研究を、松田名誉教授と共同で展開しています。

学外との共同研究
粟崎はHoward Hughes Medical Institute, Janelia Research Campus (Tzumin Lee博士)とショウジョウバエの遺伝学的解析ツールの作成とこれを利用した神経幹細胞の細胞系譜の解析についての共同研究を行っています。また、グリア機能の研究について、国立遺伝学研究所、東京大学、と共同研究を展開しています。ショウジョウバエ近縁種を利用した研究については、京都工芸繊維大学、東京大学、名古屋大学、東北大学、筑波大学、と研究解析ツールの共同開発と共同研究を展開しています。平井は、単為生殖系統のゲノム解析を国立遺伝学研究所と、また中心体の超解像顕微鏡解析を京都工芸繊維大学と共同で行っています。


近年の主な業績

  1. Awasaki T and Ito K (2016). Regeneration switch is a gas. Nature 531,182-3 (NEWS and VIEWS)
  2. Kato K et al., (2015). A. Prox1 Inhibits Proliferation and Is Required for Differentiation of the Oligodendrocyte Cell Lineage in the Mouse. PLoS ONE e0145334.
  3. Awasaki T, et al (2014). Making Drosophila lineage-restricted drivers via patterned recombination in neuroblasts. Nature Neurosci 17, 631-7
  4. Awasaki T, et al (2011). Glial cell-derived TGF-b ligand, Myoglianin, regulates developmental remodeling of larval neural circuits in Drosophila. Nature Neurosci 14, 821-3
  5. Kato K, et al (2011). The glial regenerative response to central nervous system injury is enabled by pros-notch and pros-NFκB feedback. PLoS Biol e1001133

当教室の詳細は、生物学教室のホームページへ。

このページのトップへ

PAGE TOP