大学ホーム医学部教室紹介医学教育学教室

医学教育学教室

教室専任教員

教授 冨田 泰彦 矢島 知治
講師 江頭 説子
助教 関口 進一郎

教室概要

平成15年1月に赤木美智男(現特任教授)を初代教授として開設された医学教育学教室は、第2病棟D棟の3階にあり、付属病院の一部門である「総合研修センター」(後述)のオフィスも兼ねています。主たる仕事は、医学部のカリキュラムの改善・卒後の初期臨床研修・教育スタッフの能力向上(Faculty Development: FD)などについての調査研究・計画立案・実施です。

教育の特色

医学教育学教室は、行動科学(M1、M2)、早期体験学習(M1、M2、M3)、臨床医学総論(M3)、臨床診断学(M4)、チュートリアル(M4)を担当しています。また、臨床実習のM4後期からM5にかけてのBSL(Bed Side Learning)とM5後期からM6のクリニカルクラークシップ(診療参加型臨床実習)の統轄も担当しています。学外施設における臨床実習や国際交流も推進しており、英国University of Leicesterで行われる医学英語セミナー(M1~M4希望者対象)、M6でのクリニカルクラークシップの海外プログラムを提供しています。卒前教育では、医師に求められる基礎的な態度、知識、技能を身につけることを目標とした実践的な学びを提供します。

また、医学教育の質保証に取り組み、医学部の各関係者との調整を図りながらカリキュラムを立案しています。その成果として、杏林大学医学部は平成30年度に「医学教育分野別評価」を受審し、令和2年4月に世界医学教育連盟(WFME)の国際基準に適合していると認定されました。

さらに、卒後教育を中心に病院職員の教育・研修を担う「総合研修センター」と連携し、臨床研修プログラムおよび研修体制の整備、専門医制度に対応する院内体制の整備等を実施しています。本教室は、卒前教育、卒後教育両方を把握することにより、卒前・卒後の円滑な移行とともに、教員(指導医)だけでなく、専攻医・研修医も後輩の医師や学生を指導する屋根瓦式教育を推進しています。

総合研修センターの詳細は 総合研修センターのサイト を御参照下さい。

本教室が関与したFD

  • 臨床研修指導医講習会(ワークショップ)(平成17年~令和元年、第1回~第30回 年2回開催、令和2年度は新型コロナウイルス感染症の影響で中止)
  • トランスジェンダーと医療の現在と未来(2021年3月11日開催)
  • その他、チュートリアル、統合カリキュラム、客観試験問題作成、医学教育分野別評価に係わるもの 等

研究テーマ

教育手法に関する研究とそれに伴うツールの開発、運用、評価等を中心に研究活動を行っています。

  • シミュレーショントレーニング(アナフィラキシーショック研修・CVC研修・鏡視下手術研修等)の現状と課題(※各委員会関連教室共同・協力のもと)
  • IT、VR、シミュレータ等を利用した新しい医学教育法の開発
  • 末梢静脈路確保困難における近赤外線静脈可視化法と超音波ガイド法の比較
  • 行動科学の視点を取り入れた体験型学習プログラムの開発

近年の主な業績(5件)

  1. 冨田泰彦:特集「杏林大学医学部の医学教育の変遷」企画のねらい,卒後教育.杏林医学会雑誌.52. 11, 39-44. 2021.
  2. 赤木美智男:医学教育と国際認証. 杏林医学会雑誌.52. 13-17. 2021.
  3. 江頭説子:早期体験学習と行動科学.杏林医学会雑誌.52. 25-28. 2021.
  4. 関口進一郎:共用試験CBT,OSCE.杏林医学会雑誌.52. 29-34. 2021.
  5. 矢島知治:臨床実習. 杏林医学会雑誌.52. 35-38. 2021.
倫理委員会・利益相反
このページのトップへ

PAGE TOP