大学ホーム医学部教室紹介救急医学教室

救急医学教室

教室専任教員

教授 山口 芳裕 松田 剛明 樽井 武彦
助教 海田 賢彦 堀川 弘吏 持田 勇希
  荻野 聡之 宮国 泰彦 守永 広征
  稲田 成作 大田原 正幸 落合 剛二
  坂本 学映 鈴木 準 功刀 主税
  笹沢 俊吉 吉川 慧 福士 圭

教室概要

救急医学教室とは
救急医学・医療は世界的に大きな転換期を迎えています。米国では、「外傷外科の黄金時代」を支えていた都市部の銃創や刺創等の外傷が減少し、社会的ニーズが縮小し、一方、わが国でも新臨床研修制度での救急必修化にともない、OSCEなどの成人教育の専門家が台頭し、従来の救急医はidentity crisisを起こしています。
これまでわが国の救急医学・医療を常に牽引していく役割を果たしてきたと自負しております杏林大学高度救命救急センターは、このように変貌する環境の中、次の目標を掲げて新たな挑戦に挑んでいます

診療

  1. 高度化と普遍化
    従来の初期、二次、三次という枠組みに戦略的再編を施し、「どこにもまねできない超高度先進救急医療」と、「どこもがまねしたがるER型救急医療」との二極化を図ります。
  2. 地政戦略
    救急医療の社会医学的側面の認識を強め、地域の消防や医療機関、医師会、保健所との連携を強化し、ネットワーク化とポジショニングを図ります。
  3. クオリティー・コントロール
    診療指針、クリニカルパスの導入とともに権限と責任の範囲、委譲関係を明確にし、診療の質に関する内部統制を確立します。

教育
新臨床研修制度のなかで、ERで初期救急診療の基本的なトレーニングを施すのは、救急医学に課せられた責務ですが、指導者たる資質を兼ね備えたERの専門家はわが国には少ない。豊富な症例数を背景に、学生・研修医教育のみならず、ERにおける臨床教育の担い手(指導者)を養成し、全国に輩出したいと考えています。


研究グループ及び研究課題

救急医学が診療科としてのみならず、学問的にも認知され、地位を確立することが私たちの世代に課せられた課題です。高度救命救急センターの存在意義は、すでに確立された理論やガイドラインの忠実な遵守によりpreventable trauma deathを回避することにあらず。それを少しでも先に進めて、これまで救命し得なかった命を救うために果敢に挑戦することにあると心得ます。


近年の主な業績

  1. Yamada K,Tarui T,Matsuda T,Matsuda T,Yamaguchi Y:Two adult cases of sepsis-associated purpura fulminans.杏林医学会誌 46:145-148,2015.
  2. Horibuchi S,Yasuda T1,Sakaguchi N1,Yamaguchi Y,Akashi M2(1Research Center for Radiation Emergency Medicine,2National Institute of Radiological Sciences):Cell-permeable intrinsic cellular inhibitors of apoptosis protect and rescue intestinal epithelial cells from radiation-induced cell death.Journal of Radiation Research 56:100-113,2015.
  3. Tarui T,Yoshikawa K,Miyakuni Y,Kaita Y,Tamada N,Matsuda T,Miyauchi H,Yamada K,Matsuda T,Yamaguchi Y:Independent risk factors for a complicated hospital course in intensive care unit overdose patients.Acute Medicine & Surgery 2:98-104,2015.
  4. 加藤聡一郎,海田賢彦,山口芳裕:新たな重症熱傷患者広域連携システムの構築:Burn Injury Transportation Team System.熱傷 41:221-230,2015.
  5. 山田賢治,山口芳裕:むち打ち症(むち打ち損傷).Medical Practice.東京,文光堂,2015. 1351-1353.

当教室の詳細は、 救急医学教室ホームページまで。

このページのトップへ

PAGE TOP