大学ホーム医学部教室紹介肉眼解剖学教室

肉眼解剖学教室

教室専任教員

教授 長瀬 美樹
講師 上野 仁之 大石 篤郎

教室概要

1970年に佐藤泰司を初代教授として解剖学第一講座が開設され、1993年には松村讓兒が、2017年には長瀬美樹が教授として赴任、開設から50年目を迎えます。2004年より解剖学(肉眼解剖学部門)、2019年より肉眼解剖学に名称が変更されました。

教育の特色

当教室は、基礎医学科目の肉眼解剖学Ⅰ(1年次:肉眼解剖学・発生学の講義、骨学実習)と肉眼解剖学Ⅱ(2年次:人体解剖実習、脳解剖実習と講義)を担当しています。肉眼解剖学は、これから医学の勉強を始めようという学生が医学の根幹となる人体の構造と仕組みを修得するための教科で、良医になるための重要な第一歩です。人体の正常構造を機能と関連づけて学び、病気の成り立ちの理解や医療画像の読影スキルなど、臨床医学に役立つ知識の修得を目指します。実習では、ご遺体が発する情報を五感を駆使して収集し、肉眼所見とCT・MRI画像を対応させながら解剖を行い、人体の3次元構造をイメージとして体得することを目標とします。「良き医師になるために自分の身体を使って勉強して下さい」という献体者の崇高な志に触れることで、医療者としての倫理観の育成にもつながります。自由参加プログラムとしては、基礎研究や解剖体研究体験、学会発表の機会を提供し、また「臨床手技体験セミナー(臨床の教室と共催、不定期)」を開催しています。

社会的活動

献体について

献体とは「医学・歯学の大学における人体解剖学の教育・研究・手術手技修練に役立たせるために自らの遺体を無条件・無報酬で提供すること」です。「死後に自分の遺体を医学・歯学の教育と研究に役立てたい」と志された方が、生前から献体したい大学または献体の会に登録しておき、亡くなられた時にそのご遺志にしたがってご遺体を大学に提供することで献体が実行されます。献体の実行にはご本人の遺志だけでなく、ご家族や近親者のご理解と同意が必要です。このように、献体は大学とご本人そしてご家族の間に「信頼」があってはじめて成り立つものであり、杏林大学はこのことを肝に銘じて献体と真摯に向き合っております。

杏林大学白菊会

肉眼解剖学教室は献体実務を担当しており、本学に献体登録されている篤志家の方々の会「杏林大学白菊会」の事務局が設置されています。杏林大学は東京の多摩地区で唯一の医学部ですので、献体登録も原則として多摩地区の皆様にお願いしています。

  • 杏林大学白菊会(杏林大学医学部 肉眼解剖学教室内)
  • 〒181-8611 東京都三鷹市新川6丁目20番2号
  • TEL: 0422-47-5511(代表)(「白菊会」あるいは「献体」とお伝えください)
  • FAX: 0422-41-5452

杏林大学で現在進行中の「献体を用いた研究」につきましては 医学部倫理委員会 承認済み研究一覧PDFファイル をご覧ください。

研究テーマ

各教員が人体に対する広い視野をもった研究活動を行うことが、当教室の基本方針です。学内外との共同研究で幅広い研究領域を探っております。

1) 基礎研究:実験動物、培養細胞、臨床サンプルを用いて、分子細胞生物学や各種イメージング技法を駆使し、生体の恒常性維持機構やその破綻による疾病発症機序、診断・治療法開発など、臨床現場に還元しうる研究を目指しています。

2) 臨床解剖学研究:昨今、解剖体を用いた臨床医の手術手技修練が普及しつつありますが、通常のホルマリン固定は組織硬化のため不向きで、新たな固定法の開発が必要とされています。杏林大学は大分大学と共同で、ホルマリンフリーで硬くならないピロリドン固定法を開発しました。現在、本法を手術修練や学生教育に応用すべく、臨床の教室と共同で研究を進めています。

3) 肉眼解剖学研究:解剖体を用いて、肉眼解剖学的手法にイメージングを併用し、従来十分精査されなかった人体構造の解析を行っています。

近年の主な業績(5件)

  1. Nagase M, Kimoto Y, Sunami E, Matsumura G. A new human cadaver model for laparoscopic training using N-vinyl-2-pyrrolidone: a feasibility study. Anat Sci Int. 95:156-164, 2020
  2. Maruyama K, Yokoi H, Nagase M, Yoshida H, Noguchi A, Matsumura G, Saito K, Shiokawa Y. Usefulness of N-vinyl-2-pyrrolidone Embalming for Endoscopic Transnasal Skull Base Approach in Cadaver Dissection. Neurol Med Chir. 59:379-383, 2019
  3. Haizuka Y, Nagase M, Takashino S, Kobayashi Y, Fujikura Y, Matsumura G. A new substitute for formalin: Application to embalming cadavers. Clin Anat. 31:90-98, 2018
  4. 長瀬美樹(分担執筆):カラー図解 人体の細胞生物学.坂井建雄、石崎泰樹(編集).東京,日本医事新報社,2018
  5. 長瀬美樹、尾崎紀之、竹田扇訳(分担執筆):ムーア臨床解剖学第3版.坂井建雄監訳.東京, MEDSi.2016
倫理委員会・利益相反
このページのトップへ

PAGE TOP