大学ホーム医学部教室紹介腎臓・リウマチ膠原病内科学教室

腎臓・リウマチ膠原病内科学教室

教室専任教員

教授 要 伸也 駒形 嘉紀
准教授 岸本 暢將
講師 福岡 利仁 川上 貴久
助教 池谷 紀子 川嶋 聡子

教室概要

当教室は、腎臓内科学、リウマチ膠原病内科学の2つの専門分野に関する臨床・教育・研究を幅広く行っています。患者さんに対して最良の診療を提供するとともに、さまざまな症例を通して自ら学び、教育や臨床研究・基礎研究に繋げる姿勢を重視しています。

腎臓内科が扱う疾患には、慢性腎臓病(CKD)、原発性糸球体疾患、急性腎障害(AKI)、腎不全(血液透析・腹膜透析)、水・電解質代謝異常、尿細管間質性疾患、高血圧、糖尿病や膠原病・血管炎などに伴う二次性腎疾患、さまざまな血液浄化療法、などがあります。リウマチ膠原病内科では、関節リウマチを始めとする関節疾患、全身性血管炎、さまざまな膠原病や自己免疫疾患を扱っています。

CKDに関しては多職種連携により重症化予防と予後・QOL改善、適切な療法選択に取り組んでいます。リウマチ膠原病の多くは難病に属するため、専門知識を駆使して最新の治療を提供できるようにしています。

保存期CKDと透析、各種腎炎、ANCA 関連血管炎とSLE・ループス腎炎、関節リウマチ・乾癬性関節炎に関してはとくに症例が豊富で、さまざまな研究成果につながっています。

教育の特色

CKD・AKIというcommon disease、自己免疫疾患を中心とするrare diseaseを同時に扱っているため、幅広い専門知識とノウハウが必要となり、日常診療を通じてこれらを体系的に学ぶことができます。

腎臓は他臓器の影響を受けやすい臓器で、しばしば全身疾患の標的となりますが、逆に、腎臓は全身の諸臓器と連関するため、CKDでは全身にさまざまな症状があらわれます。一方、リウマチ膠原病は全身疾患であり、腎臓をはじめ多彩な臓器病変を呈します。その意味では腎臓病とリウマチ膠原病は対極にありながら密接に関連しており、双方を平行して学ぶことは、極めて効果的と考えています。

研究テーマ

大きく腎臓グループとリウマチ膠原病グループに分かれていますが、テーマによっては共同で研究を実施しています。臨床の現場から得られたさまざまなresearch questionに応えるべく、さまざまな臨床研究、基礎研究を行っています。詳しくは当科の大学院ホームページおよび教室ホームページをご覧下さい。

腎臓領域

  • 進行性腎障害のメカニズム解明と新しい治療法の開発
  • 慢性腎臓病の重症化予防における多職種連携の効果に関する臨床研究
  • 自然免疫・炎症を標的とした慢性腎臓病・急性腎障害の病態解明と新規治療の開発
  • CKDにおける水電解質・酸塩基代謝異常に関する臨床研究
  • 補体関連HUS、C3腎症の臨床病態的研究
など

リウマチ膠原病領域

  • ANCA関連血管炎に関する臨床研究、コホート研究
  • 好中球細胞外トラップ(NETs)のANCA関連血管炎の病勢・病因との関係
  • ANCA関連腎炎の病態形成におけるMPOの役割と新規細胞集団の解明
  • 脊椎関節炎の臨床疫学国際共同研究、JSASおよびAPLAR (アジア環太平洋リウマチ学会) SpAレジストリ-の構築
など

近年の主な業績(5件)

  1. 要 伸也、他: 厚生労働科学研究費補助金難治性疾患等克服研究事業(難治性疾患克服研究事業)「難治性腎疾患に関する調査研究」: 急速進行性腎炎症候群診療ガイドライン2020, 東京医学社, 2020.
  2. McInnes IB, Anderson JK, Magrey M, Merola JF, Liu Y, Kishimoto M, Jeka S, Pacheco-Tena C, Wang X, Chen L, Zueger P, Liu J, Pangan AL, Behrens F. Trial of Upadacitinib and Adalimumab for Psoriatic Arthritis. N Engl J Med. 2021 Apr 1;384(13):1227-1239.
  3. Endo A, Komagata Y, Yamagishi K, Kawashima S, Arimura Y, Kaname S. Two distinct subsets of LDGs (low density granulocytes) in ANCA-associated vasculitis. Mod Rheumatol. 2021 Apr 25:1-25. doi: 10.1080/14397595.2021.1918883.
  4. Shibata Y, Fukuoka, K, Yokota R, Lee H, Sayo H, Ikegaya N, Mori K, Yamamoto J, Isomura A, Nagahama K, Shimoyamada H, Kawakami T, Komagata Y, Kaname S. Nephrotic syndrome due to minimal change disease superimposed to anti-glomerular basement membrane antibody positive glomerulonephritis: a case report. BMC Nephrol. 2020 Jul 17;21(1):283. doi: 10.1186/s12882-020-01947-x.
  5. Fukuoka K, Sato Y, Sakurai H, Kawashima S, Kaname S, Arimura Y: A dialysis patient with hyperphosphatemia, hyperkalemia, and azotemia without an excessive intake. Kidney Int Rep 2017;2:770-773.

当教室の詳細は、腎臓・リウマチ膠原病内科の ホームページを御覧下さい。

倫理委員会・利益相反
このページのトップへ

PAGE TOP