大学ホーム医学部教室紹介腎臓・リウマチ膠原病内科学教室

腎臓・リウマチ膠原病内科学教室

教室専任教員

教授 要 伸也 駒形 嘉紀
准教授 岸本 暢將
講師 軽部 美穂 福岡 利仁 川上 貴久
助教 池谷 紀子 川嶋 聡子

教室概要

当教室は腎臓病学とリウマチ膠原病学を2つの柱にしています。
腎臓病学は原発性糸球体疾患、膠原病・血管炎や糖尿病に伴う二次性腎疾患 の発症機序、診断法、治療法に関する研究・臨床を行っています。特にANCA 関連腎炎とループス腎炎に関しては伝統があり、症例が蓄積されています。
末期腎不全に対する血液浄化療法に関しても、腎性骨異栄養症の研究、透析 中の体液分布の変動に関する研究を行っています。
リウマチ膠原病学では関節リウマチを始めとして、膠原病、全身性血管炎の 早期診断法、治療法を研究しています。臓器病変では特に腎合併症の病理・ 病態に関して研究しています。
腎臓は他臓器の影響を受けやすい臓器で、全身疾患においても症状を現すことが多いのですが、一方、リウマチ膠原病は全身疾患であり、腎を始め多彩な臓器病変を呈します。その意味では腎臓病とリウマチ膠原病は対極にありながら密接に関連しており、双方を平行して学ぶことは、極めて効果的であります。

研究グループ及び研究課題

好中球細胞外トラップ(NETs)のANCA関連血管炎の病勢・病因との関係

好中球は周囲の細菌の除去のため、自らの核DNAと細胞質内蛋白質を細胞外へ放出することが知られており、これを好中球細胞外トラップ(NETs)と呼びます。NETsは全身性エリテマトーデスなど種々の膠原病で病気の原因に関与することがわかってきており、ANCA関連血管炎においても同様に病因に深くかかわっていることが知られています。我々は、これらがどのように実際の患者さんの腎障害を引き起こしているのか、どのようにNETsの過剰な産生を抑えることにより血管炎そのものの制御をすることができるのかを、患者さんの好中球を使って解析を進めています。またNETsのコントロールにより病気の治療に結び付けられないかも研究しています。

進行性腎障害のメカニズム解明と新しい治療法の開発

腎臓病の進展には共通のメカニズムと疾患特有のメカニズムの両者が関与します。ループス腎炎や虚血再灌流(AKI)などさまざまな腎疾患モデルを用い、標的分子と治療法の解明を目指した研究を行っています(J Am Soc Nephrol 2010)。ターゲットとしては、TGF-βおよびシグナル関連因子(MAPKなど)、AKIにおける免疫担当細胞やシグナル因子などが挙げられます。

ANCA関連腎炎の病態形成におけるMPOの役割と新規因子の解明

我々はANCA関連腎炎の糸球体病変形成におけるMPO陽性細胞と細胞外MPOの役割を検討して来ました(Clin Nephrol 2013)。現在、腎生検組織のプロテオミクス解析を通じて、腎炎の初期および完成期に関与する病態関連因子の発見を試みています。

補体関連HUSの臨床病態的研究

最近、補体制御因子の異常による非典型HUS(aHUS)が注目されています。我々は、とくに血栓性微小血管障害(TMA)を生じる各種疾患や膠原病に伴うHUSの臨床像、およびその病態についての検討を行っています。

近年の主な業績

  1. 佐藤綾,有村義宏,清水英樹,窪田沙也花,磯村杏耶,小西文晴,川嶋聡子,池谷紀子,吉原堅,駒形嘉紀,要伸也,石井誠之,佐藤衛,山田明:長期維持透析中に再燃した抗好球性多発血管炎性肉芽腫症(Churg-Strauss症候群)の1例.透析会誌 47(7):453-457,2014.
  2. 有村義宏,池谷紀子:血管炎症候群.Ⅳ.関節リウマチ以外の膠原病,最近の話題.日本内科学会雑誌 103(10):2492-2500,2014.
  3. 有村義宏(共著):RPGN診療ガイドライン作成分科会.エビデンスに基づく急速進行性腎炎症候群(RPGN)診療ガイドライン2014.日本腎臓学会誌57(1)139-232,2014.
  4. 有村義宏, 池谷紀子 : 【リウマチ学:診断と治療の進歩】 トピックス 関節リウマチ以外の膠原病,最近の話題 血管炎症候群. 日本内科学会雑誌 103:2492-2500,2014.
  5. Sada KE, Yamamura M, Harigai M, Fujii T, Dobashi H, Takasaki Y, Ito S, Yamada H, Wada T, Hirahashi J, Arimura Y, Makino H, Research Committee on Intractable Vasculitides, the Ministry of Health, Labour and Welfare of Japan: Classification and characteristics of Japanese patients with antineutrophil cytoplasmicantibody-associated vasculitis in a nationwide, prospective, inception cohort study.<http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/24758294> Arthritis Res Ther. 16(2):R101,2014.

当教室の詳細は、腎臓・リウマチ膠原病内科の ホームページを御覧下さい。

このページのトップへ

PAGE TOP