大学ホーム医学部教室紹介病理学教室

病理学教室

教室専任教員

教授 柴原 純二 菅間 博
准教授 藤原 正親
講師 下山田 博明 長濱 清隆 千葉 知宏
助教 大森 嘉彦 磯村 杏耶 大窪 泰弘
  船田 さやか

教室概要

病理学教室は教育、研究活動および病理診断業務(病理組織診断、細胞診断と病理解剖)を教室の仕事としています。
教室と病院病理部は一体として運営されています。スタッフ全員が病院病理部を兼任し、病理診断業務および研究に従事しています。
病理学は基礎医学に類別されていますが、実際には基礎医学と臨床医学の2つの領域にまたがる幅広い分野をカバーしています。病理学は、病気の原因を究明し、身体に生じる様々な変化を研究する学問分野です。対象が人体の病気であり、その本態を形態的な方法ばかりでなくいろいろな方法を用いて明らかにし、それらを体系づけることを目指しています。
病院病理部では、患者さんの病気に関する病理診断を行っています。すなわち顕微鏡を用いて「形態」の変化に基づいて、病気の確定診断をくだし、患者さんの診断・治療に関わる重要な情報を受持医に提供します。

研究グループ及び研究課題

脳腫瘍領域

柴原純二、千葉知宏、菅間博
脳腫瘍の臨床病理学的研究

内分泌腫瘍領域領域

菅間博、千葉知宏、下山田博明
内分泌腫瘍(甲状腺腫瘍、副甲状腺腫瘍、神経内分泌腫瘍)の分化増殖制御機構についての分子病理学的解析、ならびに臨床病理学的研究

血液・リンパ腫領域

大森嘉彦
リンパ腫の病理学的研究

呼吸器科領域

藤原正親、菅間博、下山田博明
肺癌を中心とする呼吸器疾患の分子病理学的解析

乳腺領域

菅間博、千葉知宏
乳腺腫瘍の分子病理学的解析

循環器・腎臓領域

下山田博明、長濱清隆、磯村杏耶、菅間博
動脈硬化発症メカニズムの実験病理学的解析、血管新生メカニズムの分子病理学的解析、糸球体腎炎の質量分析

骨・軟部領域

菅間 博
軟部悪性腫瘍におけるキメラ遺伝子の機能解析
骨腫瘍の臨床病理学的解析

実験病理学領域

菅間博、藤原正親、千葉知宏
種々の疾患の分子生物学ならびに遺伝子工学的手法を用いた病理学的解析

近年の主な業績

  1. Ishii J, Yazawa T, Chiba T, Shishido-Hara Y, Arimasu Y, Sato H, Kamma H. PROX1 promotes secretory granule formation in medullary thyroid cancer cells. Endocrinology. 2016 Jan 13:en20151973.
  2. Koji H, Yazawa T, Nakabayashi K, Fujioka Y, Kamma H, Yamada A:CD8-positive T-cell lymphoproliferative disorder associated with Epstein-Barr virus-infected B-cells in a rheumatoid arthritis patient under methotrexate treatment.Mod Rheumatol.2016;26(2):271-275.
  3. Higaki M, Wada H, Mikura S, Yasutake T, Nakamura M, Niikura M, Kobayashi F, Kamma H, Kamiya S, Ito K, Barnes PJ, Goto H, Takizawa H.Interleukin-10 modulates pulmonary neutrophilic inflammation induced by cigarette smoke exposure.Exp Lung Res. 2015 Dec;41(10):525-34..
  4. Nakamura M, Wada H, Honda K, Nakamoto K, Inui T, Sada M, Watanabe M, Takata S, Yokoyama T, Saraya T, Kurai D, Ishii H, Goto H, Kamma H, Takizawa H.:Clarithromycin ameliorates pulmonary inflammation induced by short term cigarette smoke exposure in mice.Pulm Pharmacol Ther. 2015 Dec;35:60-6.
  5. Matsumoto Y, Yokoi H, Ikeda T, Fujiwara M, Kamma H, Kohno N.:Intra-Adenoid Cyst: A Case Report with an Immunohistochemical Study and Review of Literature.Clin Med Insights Case Rep. 2015 May 21;8:41-5.
このページのトップへ

PAGE TOP